俺たちみんなが力になる

2011年03月18日 23:59

 こんばんは、飛田流です。

 えーと、今回の地震について、うちの子(キャラ)たち(一部よそ様と一緒に生み出した子も含まれていますが)から、被災者の方へのメッセージがあるそうですので、順不同でお伝えします。
 それでは、どぞ。


神戸琢蔵「今はガソリンがなかなか手に入らんで、仕事も移動もままならん状況だが、近々俺んとこの引越し屋と応援団の連中もみんなまとめて、被災地にボランティアに行くぜぇ。力仕事・汚れ仕事・マッサージ、なんでもやるから募集があるまでもう少し待ってろや。なあ洋平」

橘洋平「うっす! 俺こういうこと初めてっすけど、琢に……あっ、社長と一緒に頑張るんでよろしくお願いするっす!!」

安岡大吾「おうっ、みんな大丈夫だったか? 俺は地震の時、酒の配達で車を運転しててな。急ブレーキを掛けた時何本か酒瓶を割っちまったが、被害と言えばその程度だ。俺も神戸先輩と一緒に、ぜひボランティアに参加させてもらいたい。飛流大応援団部元団長の名に掛けて、少しでも被災者のためになれればと思う。今は元気を出せというのが土台無理な話かもしれんが、飛田ちゃんが言ったように『明けない夜はない』。俺たちみんなで頑張って、なんとかここを乗り切っていこう」

田上勇一「今、東北の実家に電話を何回か掛けているのですが、まだ連絡が取れていません。なるべく早いうちに現地に向かいたいと思っています。また、今回の震災で犠牲になられた方には、心からお悔やみを申し上げます。まだ復興までは時間がかかりそうですが、東北人同士、これからお互いに粘り強く頑張っていきましょう」

葦沢亘武「今回の地震で被災にあった方には、まず何よりもお見舞いを申し上げたい。今避難所で暮らしている人たちは、子供は先生や大人の言うことをよく聞いて行動し、大人は他の被災者とともに、できる範囲で互いに助け合ってほしい。んん……それで、オレは今、手持ちの金がほとんどなくて、大変申し訳ないが、それほど大きな額の寄付はできない。ただ、神戸さん・安岡さんと同様、災害ボランティアの募集があれば、オレもすぐにでも現地に駆け付けたい。金のない分、力で貢献させてもらうつもりだ。それまでどうか希望を持って、たくましく生き抜いてくれ」

並木浩輔「ま、俺は金ならそこそこ持ってるから、即コンビニから●●●万募金したけどな。……なんか文句あるか」

深町君「うわ……(汗)。えーと、僕たちはクラスのみんなから集めた義援金を、近日中に被災地に寄付する予定です。もうちょっと待ってて下さい」

竹ノ塚さん「……あたしも……募金した」

周藤君「ぼ、僕もぉ……A●Bの義援金プロジェクトから募金したよぉ……。み、みんな、今はつらくて大変だろうけど、早く元気になってねぇ……。僕のお腹でよかったら、いつでも好きなだけもふもふさせてあげるからねぇ」



 はい、以上です。

「あ、あの……」

 え?

「ぼ、僕も……」

 ああ、その色白の顔とむちぽちゃバディは蓮田馨君。お久しぶり。
 馨は今、どこにいるんだっけ。

蓮田馨「あ、はい。函館の実家に帰って、母がパートに行っている水産加工工場で、一緒に働かせてもらってます。地震の時、僕はその工場にいました」

 函館は確か、震度4だったね。大丈夫だった?

蓮田馨「ええ。工場も自宅もそんなに被害はありませんでした。それで、あの……うちの工場から缶詰を被災地に送らせていただきましたので、ここでご報告させていただきます」

 でも、まだ東北までの物流は完全には回復していないんだったね。

蓮田馨「はい、一日でも早く届いてほしいのですが……」


 というわけで、うちの子たちも全員、被災者の方を案じております。

 まだ復興までの道のりは遠いかもしれませんが、ここを乗り切れば、いつの日か必ず穏やかな日々を取り戻せるでしょう。その日まで……。

 せーの。

全員「みんなで一緒に頑張るべえ!」



【募金広告】

  東北地方太平洋沖地震 義援金


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hidaryu.blog107.fc2.com/tb.php/832-a9688bb3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事