私、天才じゃないので

2017年10月15日 21:21

 先日、こんなアンケートを実施した。


【質問】プロ・アマ・同人問わず、小説を書いている人にお訊きします。あなたはどうやって「小説の書き方」を身に付けましたか?
「書き方は意識せず(本能のまま)書いている」方は、一番目の選択肢をお選びください。

意識・勉強をせず自然と身に付いていた 3票
「小説の書き方」本を読む・専門学校に通うなどして 0票
とにかく一冊でも多くの小説を読んで身に付けた 0票
実は今も書き方に自信が持てないまま書いている 1票



 というわけで、75%の方が「自然と身に付いていた」とのこと。
 ……嘘でしょ、みんな天才なの??


 かくいう僕も、小説っぽいものを書いて、販売までしているわけだが……。(;^_^A






 前々から書いているが、僕は特に文学少年だったわけでも、小説に親しんでいたわけでもない。
 遊びの延長では書いていたが、肝心な「小説を読む」作業がすっぽ抜けていた。



 で、ある時、非常にお金が必要になった。



 かといって普通に働いてお金を得ようとするような僕ではない。
 
 たまたまその時目に付いた官能小説の募集企画、ゲイ向けサイトの小説投稿企画に応募。
 ちゃんとした書き方も知らなかったのに……若い(?)って怖いね。



 小説の書き方があまりよくわかっていないにもかかわらず、時々は採用してもらいテレカや原稿料的なものも頂いた。
 ただ、書きつつも、これでいいのかしら……という思いはいつも抜けないでいた。




 当然のことながら、小説を書いてお金を頂くようになってからは、スタッフの方に未熟な点を色々と指摘されるようになった。
 しかし、どこが悪いのかよくわからない。
 だから、どこを直せばいいのかわからない。



 関係者の方々、あの時はどうもすみませんでした。(し<じり先生風)



 ちなみにシナリオのほうは、シナリオスクール及びサークルに加入していたこともあって全くの初心者ではない
 
 これは、声を大にして言っておきたい。






 自分の未熟さ(精神・文章力もろもろひっくるめて)に気付いた僕は、さっそく「小説の書き方」本、いわゆるハゥトゥ本を読み漁ることになる。
 
 とは言え、この手の本は、
 
・文法を一から教えるか
・作者(小説家)の経験に基づく「私はこうやって小説家になりました話」か
・有名作家の文章を抜粋して研究する「学習ドリル型」か
・マニュアル化されたストーリーの作り方


 など、小説の書き方を
 全然「わかってない人」と
 ある程度「わかってる人」の
 両極端向けが多く、
 
「どう書けばいいのかわからない人」(僕)向けが無い
 
 ような気がする。



 あ~ん、小説の書き方誰か教えてよぉ~。(クネクネ)



 
 だが、金は欲しい。
 
 
 
 
 というわけで、見様見真似で書き始めた。
 
 
 
 自信が無い箇所はごまかしつつ。
 

 
 自分の弱点を見ないふりして、なんとなく書いていたけど、
 
 それって良くないんじゃね?
 
 と思い直し、思考の迷宮に入り、どんどんどんどん筆が遅くなりにけり。




 いつまでもごまかしていてもいられないし、さらにハゥトゥ本を読み(結局他人様のマニュアルに頼る)、自分なりに
 
(ここはこんな感じで書けばいいのだろうか)
 
 と試行錯誤してみたりしている。



 それは、現在でも変わることがない。

 
 
 
 以前、フォロワーさんの質問ツイートで、「一度に複数の作品を執筆するって、みなさんやってらっしゃるのか」というのがあって、それにさまざまな回答があり、興味深かった。
 
 僕は、する派。
 すごく飽きっぽいんだよね。
 一つの小説でも、数分「あるシーン」を書いて飽きたら、別のシーンを書くぐらいに。
 逆に言うと、集中力と基礎力に欠けているために、執筆が持続できないという……。
 

 
 だが、金は欲しい。(二度目)
 
 
 なので、お金をいただける文章(それが売れるとは限らないが)が書けるように
 
 
 
 なればいいな。
 
 
 
 
 
 私、凡人なので。(ドヤ顔の決めゼリフ)
 
 
 
 
 試行錯誤継続中。



 
 
 凡人でも歳を取る。
 

    20171015_204946-l.jpg

    
 
 風船飛んだ。
 
 
 人生半分? それとも三分の二?




 直接的に祝ってくれたのは、キミと業者メールだけだったよ。



 そんな人生。




 とオチを付けようとしたら、フォロワーさんからおめコメをいただいて、

 どうすれば良いのかわからないなう。




 投票&おめコメ&いいねありがとうございましたー!




【広告】
「……え」
 右手の上方で、闇に包まれた住宅を照らし出すように禍々しく瞬《またた》く赤い光が目に入った。勇一のアパートがある方向だ。
 予想もしていなかった光景に、足がいったん止まる。
 それから弾かれたように勇一は駆け出し、角を曲がった。

『他言無用!』の続きより抜粋

※セリフは開発中のものです。

 これまでのあらすじはこちら

 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hidaryu.blog107.fc2.com/tb.php/2038-6ec06302
    この記事へのトラックバック


    最近の記事