僕の小説《こと》、買ってくれる?

2017年10月06日 20:50

 先日小説に関するアンケートを三回にわたって実施した。
 名目は小説に関する意識調査なわけですが、実は裏のテーマがあったのです。
 すなわち、

「素人が小説を売って、読者が買ってくれる時代なのか」


 それではイッてみよう!



【質問】あなたは最近、小説を「買って」読んでますか?(プロが書いた一般小説の他に、ラノベ・同人などを含む)
日常的に小説を買って読んでいる 8票
小説そのものをほとんど読まない 6票
無料でなら読んでる(図書館・青空文庫・無料公開等) 3票
表紙画・挿絵が好みなら買って読んでいる 2票


 小説を買う人は全体の53%。無料も含めて読む人は69%。
 とは言え、「読まない」人が31%(二位)、という現実も。


 それでは、どんな小説を買って読むのか。


【質問】紙の本・電子書籍問わず、小説を時々~いつも購入している(18歳以上の)方にお訊きします。
あなたが「お金を出して買う」のはどんなジャンルの小説ですか?
※二~四番目の選択肢は同人小説も含みます。

ジャンルを問わず興味があれば何でも買う 15票
ラノベ・エンタメなど健全娯楽に特化した小説が中心 3票
人気プロ作家によるベストセラーor文学的小説が中心 2票
BL・18禁など自分の秘密趣味・嗜好に合った小説 2票


 一位は当然と言えば当然の結果。
 そこで気になるのは、それ以外の選択肢。
 一票差とは言え、ラノベが第二位。もはやブームではなくジャンルとして確立した印象ですね。
 ベストセラーはベストセラーなので、もちろん買う人はいるはず。しかし、素人には無理。
 BL・18禁など。これは、もっと居そうな気もするけど、投票してくれた方の中に腐女子さんが少なかったのか……?


 続けて、小説の買い方。
 当然、素人には一般書店に著作を(無償で定期的に)並べてもらうことは、ほぼ不可能なわけで――。


【質問】あなたが小説を買うとき、主にどのような方法で手に入れますか。(紙の本・電子書籍の違いも含めて)
一般書店に行って、紙の本を普通に買う 16票
ブックオフなど古本屋に直接行って買う 9票
アマゾン・楽天などから通販で紙の本を買う 7票
コミケなどで同人誌を(作者から)直接買う 3票
アニメイトなど専門店で買う 2票
同人ダウンロードショップから電子書籍を買う 2票
kindle・koboなどで電子書籍を買う 1票
ブックオフなどの中古本サイトから通販で買う 0票


 ブックオフ恐るべし……。
 僕の予想ではアマゾン・楽天などからの通販派・電子書籍派の人がもっと多いかと思ったけど、まだ実店舗・紙の本派が多数。
 続けて、同人イベント・専門店派。
 となると、内容はラノベ・エンタメ系でしょうか。
 同人DLショップ・kindle・koboなどで電子書籍、は下位。
 もっといると思っていたんだけど、予想以上に少なかった。


 で、ここで問題になるのが、「ブックオフ」などの古本屋で購入する人がかなり多いこと。
 言うまでもなく、いくら古本を買われても、作者には1円も入りません。
 それについては、アンケートの趣旨と違うので深くは触れないが、現実問題として、安さを第一に考える方も少なからずおられる、ということらしい。




 で、最初の裏テーマに戻る。

 僕のような素人が、小説を販売する方法は、主に

・同人DLショップ・kindle・koboストアなどで電子書籍を販売
・コミケなどの同人誌即売会で、直接販売


 の二つだが、紙の本作成の手間・上京の費用・売れ残りのリスクを考えれば、やはり電子書籍販売一択、となる。
 しかし、現在のところ、まだまだ電子書籍派の人はそれほど多くはないという結果。


 この限られた市場の中で、「売れたい」などと贅沢はとても言えない。
 せめてどうやって爪痕を残していくかが課題。




「小説はオワコンではない」という結論を何とか導き出したかったんだけど

 現実はなかなかに厳しいね。




 投票ありがとうございましたー!

 


【広告】


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hidaryu.blog107.fc2.com/tb.php/2037-ae6a7953
    この記事へのトラックバック


    最近の記事