教えてエラい人

2017年02月03日 21:42

 先日、三つのアンケートを実施しました。

 まずは二つ。


【質問】あなたがゲイと自覚する前に、男性の裸を初めて性的に意識したのはいつ頃ですか。(明確に感じたエッチな気持ち未満の、モヤモヤした気持ちも含みます)

第二次性徴後~中/学/生 2票
 (←こう書かないとブログに登録を拒否される)


【質問】あなたが自分がゲイだと自覚したのはいつ頃ですか。
※ここでの「自覚」は、前問の「モヤモヤした気持ち」から一歩進んだ、
明確に同性が恋愛対象と意識した
あるいは同性の裸に(性的に)興味を持つようになった
時のことを指します。


中/学/生 12票 
高校生 2票
高校卒業後~二十代前半 3票



 得票数に大きな違いがあるけど、ゲイの目覚め、および、自覚は中/学/生が中心ということになりますね。



 これを踏まえて、三つ目の質問。


【質問】中/学/生のあなた。同じクラスの別の男子が、クラスの大半の生徒に「オカマっぽい」といじめられています。いじめの輪はどんどん広がり、ボスがあなたにも「こいつをいじめないとお前もオカマだ」と強要。(あなたがゲイである事はバレていない)
どうする?


やむを得ずいじめに加担 1票
拒否も加担もできない・転校する・不登校になるなど 1票



 うーん……。

 まずは、正直にお答えいただき、ありがとうございました。

 告知を繰り返したにもかかわらず、この得票数なので、「答えが無いのが答え」なのかなぁ。

 そもそも
「いやー実は俺男が好きでさー」
 なんてことを言ったら確実にいじめられる。
 確実にゲイ要素を持った子はいたはずなんだけどね。

 とはいえ、腕力なら誰にも負けないであろうゴリラみたいなゲイの殿方(※誉め言葉)も、同じゲイの人がいじめられていたとしてもスルーしていたのかな、とはちょっと気になった。








 なぜこの質問をしようかと思ったかと言いますと。

 ゲイであることによっていじめを受けた・自殺を考えた、という意見はたまにアンケートなどで目にすることがあるんだけど、「学生時代、いじめられているゲイを別のゲイがかばった」という話はほとんど見たことが無かったので、ちょっと訊いてみようと。

 うーん、確かに難しい問題……。



 自分ならどうするか、ですが。


 まず、僕が同性の裸を意識したのは、小学校のころかなぁ。銭湯に行った時、当然のことながら、全裸の男たちがわんさかいて、ドキッとした。
 その気持ちがなんだかわからないまま、テレビのクイズ番組に、羽織袴で出てきた大学応援団の学生に心を奪われる。

 中学時代。

 僕は
 昔からこう
 なので、他人から見下されやすいというか、馬鹿にされやすい。
 みんなと一緒に行動しないとか
 方言を使わないとか
 とんちんかんな発言をするとか
 で、なめられた末のいじめを受けることもあった。

 経験者ならわかっていただけると思うが、クラスのボスグループを敵に回すとしんどいっすよね。何かと。
 その時の「彼ら」の他人を見下した表情・言動は、今、小説でそのようなキャラを書くのに、大変役立たさせていただいている。

 ただ、当時自覚が無かったこともあり、ゲイとしてからかわれることは無かった。

 その自覚が芽生えたのは、高校を卒業して、書店でゲイ雑誌を立ち読みしたころだろうか。(誌名は忘れた)
 ただ、すぐに認めたわけではなく、徐々に徐々に、という感じだったと思う。



 話を戻して、もし僕が中学時代そういういじめを強要されたら……

 今なら、「誰かに相談」するだろうか。
 でも、なまじ教師に相談しても当てにならないどころか、チクリが漏れてクラス中を敵に回すこともありうる。

 当時なら……うーん……
「拒否も加担もできない」末に結局自分もいじめられる、かなぁ。
 コワイコワイ。




 昔シナリオを書かせていただいた『体育教師 極(きわめ)』の中で、篤永祐斗(とくながゆうと)というキャラが登場するのだが、外伝『僕の君』も含めて、ちょっとだけその問題に触れている。
(エロゲーなので、そんなに深く掘り下げているわけではないけど)

 つまり、

 ゲイ発覚(アウティング)→誰も助けない


 という“定番”の流れ。

 そう
 誰も助けない
 んですよね。

 祐斗の場合は、亘武が“助ける”んだけど……。

 いじめだけでも助けるのは難しいのに、そこにアウティングが絡むともう絶望的。

 というわけで

 「自分の身を守るのは自分しかいない」という当たり前の結論。


「LGBTいじめに対してはこうすれば良い」という「正解」を
 教えて誰かエラい人。




 投票ありがとうございましたー。



【広告】


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hidaryu.blog107.fc2.com/tb.php/1999-2b37ec3a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事