スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢に最後まで付き合わない方法

2016年10月29日 22:35

 ツイッターアンケートの結果が出ましたー。

【質問】あなたは悪夢を見た時、「この展開(夢)は現実的にあり得ない。だから夢だ」と、寝ながらご自身で判断し、悪夢を途中で終わらせる(自分の意思で目覚める)ことができますか?
 できない。自然に目覚めるまで悪夢が続く 6票


 えっ……そうなの?

 一人くらい「途中で起きられる」って人がいると思ったんだけど。
 そうなんだ……。

 なんにしても、悪夢は見ているときも起きた時もストレスがかかって嫌ですよねー。
「これは夢だ」と最初からわかっていればまだいいんだけど、「夢世界」にどっぷり浸かっているため、身動きが取れない。わかります。

 で。
 僕は、悪夢の途中でも、自分の意思で起きられることがあります。
 子供のころからではなく、二、三年ほど前から。
 せっかくなので、その方法について書いておきますね。


 と、その前に、「悪夢」のざっくりとした分類。

・日常トラブル系
 嫌な役割を押し付けられる
 第三者に疑われる・捕まる
 約束に間に合わない・列車に乗り遅れるなど

・深刻トラブル系
 生死にかかわる事件に巻き込まれる
 事故に遭う・落下するなど

・モンスターに襲われるなどの非現実系


 まだまだあるでしょうが、とりあえず思いつくのはこんな感じ。

 このうち僕が比較的よく見るのが、「日常トラブル」系の悪夢。
 あくまでも「飛田流」(の中の人)としてのポジションでありつつ、理不尽な要求により追い詰められたりする、的な。
 夢の最初の部分では、僕も違和感なくその設定を受け入れています。ただ、「ストーリー」が進むにつれて、おかしな部分が出てきますが、やはり受け入れたまま。
 で、なんやかんやで、話が悪い方向に進み、ストレスが頂点に達したときに、
「これはおかしい」
「まぁいいや、これ夢だから」

 と、急に現実の視点に移り変わり、夢世界を否定した瞬間に目が覚めます。
 文字通り「気持ちが醒める」に近い感覚。

 これができるようになったきっかけは……

■小説を書く
 ずっと前からですが、「世界観」を考える訓練をしていると、「夢世界」も夢と見破れるようになるのかもしれません。夢は、前提からしておかしな設定であることも多いので。

■夢の内容を覚えておく
 ブログでも、「ゲイ小説書きはノンケ仕様の淫夢を見るか?」というシリーズ(?)を書いていたことがありますが、特徴的な夢は覚えておくようにしています。これによって自分が見る夢のパターンがわかる……かな?

■悪夢に最後まで付き合わない「意志の強さ」(あるいは冷たさ)を持つ
 夢の場合、「これは夢」という自覚がないまま進んでいくことがほとんどですが、良い夢ならともかく、悪い夢までわざわざ最後まで付き合う必要はありません。
 悪夢だと判明した時点で、「もう付き合ってられない!」と冷たく突き放せれば、ダメージは最小限に抑えられるかも。


 あくまでこれらは僕の場合なので、他の人もできるかどうかはわかりませんが、まあ、このような感じです。
 ご参考になれば幸いです。



 良くない夢を見た時は、さっさと終わらせましょう。
 それでは、なるべく良い夢を。


【広告】

   

   たそがれたかこ(8) (BE・LOVEコミックス)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hidaryu.blog107.fc2.com/tb.php/1984-78f3e4a4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。