黒船総進撃

2016年08月03日 16:43

 電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」が月額980円で日本でもスタート

 掲載するかどうか迷ったのだが、すでに自作を宣伝している作家さんもいらしたので……。
 以前もご紹介したキンドル本読み放題サービスが本日より日本でも開始。といってもキンドル本すべてではなく、「キンドルセレクト(専売)」に登録していて、作者が了承している作品のみ……だと思う。
 したがって飛田の小説は読み放題から除外されている。(デジケなど他ショップでも販売しているため、セレクトに登録不可)

 読み放題の本をキンドルクラウドに一度に登録できるのは合計10冊まで。それ以上読みたい場合は、読み終わった(読み放題の)本を解除して、新しい本を登録する必要がある。
 作者にきちんとお金が入るのかが気になるところだが、ダウンロード後初めて読まれたページ数に応じて分配金的なものが入るらしい
 30日間無料体験あり。



 さてさて、いよいよ始まったキンドル(一部)読み放題。
 これまでは、著者の熱烈なファンかお金に余裕のある人以外は、その人の著作をすべて買うこと(いわゆる「大人買い」)は無かったと思われる。
 だが、このシステムだと試し読み感覚で読めて、しかも著者にも(読んだページ数に応じて)いくばくかのお金が入ることになる……のだろうか?
 ちなみに僕の小説は、さっきも書いたようにキンドルセレクトに登録していないので、申し訳ないが読み放題にはならない。

 書き手(売り手)としてはこのサービス、正直、怖い部分もある。
「分配金」の多寡も気になるけれど、テキトーに読み捨てられたりするかも……という。

「本を借りて読む」と言えば、図書館・および貸本屋がそれに当たる感じだけど、図書館には「薄い本」(エッチな本)は置いてないし、貸本屋は定額制じゃないから読み放題というわけでもない。
 あと、いちいち施設に出向いて貸し借りする手間があるから、実際にはそんなに多くの本は借りられないだろう。

 そこへ黒船あまぞん総進撃。
 メリケンさんはほんとドライよね……。

 ただ、前の記事でも書いたようにキンドルには、かなり世話になっている一面もある。
 もし
 ネットも
 デジ同人も
 キンドルも無かったら

 片田舎に住む
 素人の文章書きである僕は
 今頃どうなっていたかわからない。

 おそらく、「けっ、作家様がそんなに偉ぇのかよぉ」と悪態を周囲に垂れ流すだけしか能のない、
 単なる人糞製造機(c)美輪さん になっていただろう。

 それが、ネット&ダウンロードショップのおかげで、定期的に小説を販売し、何人かの方に読んでいただけている。

 まさにザ・カントリー(田舎)ドリーム


 というほど売れてはいないけどね。



 この先、出版文化がどうなるのかまったくわからないが、個人的な実感としては、ネットやスマホが初めて世に登場した時のような衝撃を感じている。
 このような販売方法は、作家・出版社側としては、複雑な気持ちではあるのかもしれない。
 しかし、今さら、ネット・スマホをやめましょう、と言っても無理な話だし、始まったウェーブにはもう乗るしかない。

 ぐたぐだ言ってても仕方がない。
 見る前に跳べ (c)大江先生
 悩むヒマありゃ、動きなさいよ! (c)桂子師匠

 こうなったら

 とことん

 1984イクわよっ!!!




 まずは読者として。




【注意!】Kindle Unlimitedに申し込んでも、キンドル本がすべて読み放題になるわけではありません!
 対象本には、Kindle Unlimitedのロゴが表示されているので、それを確認の上、「Kindle Unlimitedで読む」のボタンをクリックしてください。
 なお、読み終わった本の削除(というか「利用終了」)は、スマホ・タブレットからではなく、「コンテンツと端末の管理」から……だと思う……?(自信ない)



【広告】
Kindle Unlimited
いつでもどこでも読める、読み放題をお楽しみください。
※利用には会員登録が必要。30日間の無料体験後は月額980円かかります。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hidaryu.blog107.fc2.com/tb.php/1974-0b88918d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事