※イケメンに限る

2017年07月29日 21:21

 アンケート終了。

【質問】会社に勤めているあなた。社内の冷房が故障して、30度近い室温に。 暑さにたまりかねた男性上司が、スラックスを太腿までたくし上げて、濃い毛脛を丸出しにしながら仕事をし始めました。この上司はあなたにとって生理的にまったくイケないタイプ。どうする?

不快だが一切触れずに黙々と仕事or陰口 7票
暑いから仕方ない・何とも思わない・むしろセクシー 14票
面と向かって何らかの注意をする 1票
別の上司に(匿名で)密告or別の人に言ってもらう 3票



 というわけで


 一位はまさかの


 暑いから仕方ない・何とも思わない・むしろセクシー


 でしたー。


「お仲間向け」ならわかるけど、今回は一般の方も対象にしているのにもかかわらず

 しかも

 わざわざ
「生理的にまったくイケないタイプ」
 と書いているにもかかわらず

 この結果。




 そうなんだ……。




 ツイッターでも書いてように、この質問の設定は実話に基づいています。
 あまり詳しくは言えないが、僕がよく通っている施設にこのような中年男性の御仁がいる。

 彼は受付係なので、その人にお願いしないと用件が済まない。
 しかし、夏になると、冷房が無いこともあり、スラックスを太腿までまくり上げるのだ……。
 したがってその人の毛脛を毎回見なければならないことになる。


 暑いのであれば、最初からハーパンを穿くか、百歩譲ってスラックスをまくるにしても、きちんと折り畳めばまだいいのだが、無理やりまくり上げてるので絶対にしわになる。
 イケメンだったらまだしも、こちら側でもあちら側でも、そうとは言い難い御面相で、さらに、目がうつろで何を考えているのか分からず(何も考えていないのかもしれない)、一言で言ってとても気味が悪い。


 安岡大吾や神戸琢蔵など
 体毛もじゃもじゃおじさんを生み出している僕が言うのだから、
 彼にどれだけ萌え要素がないのか分かって頂けると思う。


 思い余って、匿名で投書しようかとも思ったが、ここまで大っぴらにやるということは、職場公認なのかもしれないと思い直し、断念。




 確かに今回の結果を見ても、半数以上の人が気にしないと回答している。



 でもさー



 何度見ても



 萌えねぇんだよ……。






 話は変わるが、僕はどんなに暑い日でも、ハーパンを穿いて(つまり毛脛を出して)外に出かけることはない。
 毛脛を見るのは好きだが(※イケメンに限る)、自分では出さない。

 もちろん、僕が「イケメンではない」というのが理由だが、このアンケートでもほぼ半数の人が「不快」と答えているように、そう感じる方への配慮ということもある。

 それを周りに強制するつもりはないし、むしろどんどん見せてください、と個人的には思う。


 でも、それはプライベートの時の話であって、お仕事中は「……どうなの?」という気持ちもある。



 うーん……。



 モヤモヤしたものを抱えたまま、

 また来月も彼の毛脛を見ることになるのかぁ。



 萌えない……。




 投票ありがとうございましたー!




【広告】

    

    弟の夫 : 4 (アクションコミックス)

非実力派宣言

2017年07月25日 20:25

 なんかね
 今日でこのブログを始めて、10年になるそうですわよ。
 おめでとう俺。←定番のセルフおめコメ




 というわけで、当ブログを開始したのは、2007年7月25日
 この年に有料ゲイ向けサイト(※)でデビュー? した僕だが、当時(から現在に至るまで)雑誌掲載などの実績が何一つなく、今よりももっともっと無名だった。

※有料版と無料版があり、無料版では期間限定でゲイ向けマンガ・小説・グラビアなどが、有料版では掲載されているすべての作品が観られた。いずれも現在は閉鎖。

 誰も知らない「飛田流」を少しでも読者に知ってもらうために、軽い気持ちでスタートさせた

 それが

 このブログである。




 開設からはや十年。いろんなことがあった。
・投稿していたゲイ向けサイト閉鎖
・その後、BLゲームのシナリオを書かせていただく
・ゲーム発売後、褒められたり叩かれたりしているうちにメーカー公式サイト閉鎖
・同人に逆戻り。ツイッター・ブログ・ダウンロード販売が主な活動の場に



 そして、現在に至る。



 こうして振り返ってみると、ここら辺の僕の人生は、
 幸運とその「揺り戻し」
 が短い期間で繰り返されていたように思う。



 そもそも、である。



 特別文章が上手いというほどでもない。
 特別エロが突出しているわけでもない。
 特別作風が爽やかというわけでもない。
 特別知名度が高いというわけでもない。(むしろ無名)
 特別筆(キーボード)が速いというわけでもない。(むしろ超遅い)


 このような人間が、なぜ小説書きやシナリオ担当に起用されたのか
 本人にも謎である。



 そもそも、である。(二度目)



 なぜ、僕がゲイサイトに投稿したのか。
 これについては、過去にも書いているが、一言で言えば

 お金が必要だった。

 当時は、目についた官能小説系投稿企画に片っ端から応募していて、このゲイサイトもその中の一つであった。
 もし、このサイトに小説書きとして幸運にも採用されていなかったら、のちにBLゲームのシナリオを担当することもなかっただろうし、人生において本格的に小説を書くことはなかったかもしれない。

 なので、このゲイ向けサイトに起用されたことが、その後の僕の字書きとしての生き方に大きく影響したことは、ほぼ間違いない。


 とは言え


 
 小説販売は、前作の『クロイヌ』以降、一年以上お休みしている。

 どうもすみません。

 ……いや、反応が無いので待ってくださっている人がいるのかどうかすら不明なのだが。



 実のところ、小説はこの間もずっと書き続けているのだが、極端にキーボードが遅くなっている。


 それはね


 小説の基礎ができていないため、拙作にだんだん「あら」が見えてきて、

(これでいいのだろうか……)

 と、メビウスの輪をたどるように延々と悩み続けていたのである。



(読者はそこまでこだわりを求めちゃいないよ、とにかくオカズになるエロ、エロ!)

 という、ささやきも頭の隅のどこからか聞こえてくるが、それにホイホイと屈してしまうのもしゃくに障る。
 ザ・へそ曲がり☆





 そんな思考の迷宮に陥っていた時、以前ツイッターでも書いたが『レッツゴ一ヤングコンサート』なる番組を見た。
 いわゆる「懐かしのアイドル」が総出演する企画。
 全盛期から30年、もしくは40年以上経過した元アイドルたち。当然みなそれなりに年を重ねている。

 アイドルといえば昔も今も、若さ・可愛さ・可憐さが命。はっきり言って歌唱力は二の次三の次である。むしろ、歌の上手いアイドルを探すほうが難しいと言ってもいいだろう。
 浅田ミヨコさんなどに代表されるように、当時の(……今でも?)アイドルは美貌が突出していれば、多少の歌のヘタさや音痴は許されていた。

 このステージの出演者、大土易久美子さんもその一人。

「一億人の妹」という大層なキャッチフレーズでデビューした彼女は、若かりし頃、可愛らしい顔、意外にでかぷりんなバストなど、これぞアイドルと言える美貌を誇っていた。
 ただ歌はあまり上手くはなかった。
 いやはっきり言ってしまえば

 とてつもない音痴だった。

 それは本人ですら認めている
 もしかしたら、ミヨちゃんよりも下手だったかもしれない。

 とは言え、さっきも書いたようにあくまでも彼女は「アイドル」なので、それは大きな欠点になることは無い。
 ミヨちゃんの『アカい風船』のように、歌いやすい曲を可愛らしく歌っていれば、音痴も目立たなかった


 はずだった。


 ところがである。
 久美子さんの場合、レコードを出すに連れて、どういうわけか歌唱力をはるかに超えた難しい曲になっていったため、音痴ぶりがさらに悪目立ちしてしまう結果に。




 で、先日放送の『しッツヤンコンサート』。

 ドピンクでフリフリのアイドルドレスを着た、五十代半ばの久美子さんが満面の笑顔で舞台に登場。
 曲は『スプリソグ・サンバ』。


 サ ン バ で あ る 。


 ホイッスルを吹いて出てくる時点ですでに息切れ。
 曲のキーは下げまくっているものの、不安定な音程にさらに磨きが掛かっている。
 それをカバーするかのように、「アーイェ! オーイェ!」の掛け声は大ハリキリ。
 露出した二の腕にぽっちゃりと付いたお肉が、サンバ(風)の激しい振り付けのたびにプルプルと揺れる。
 さらには歌唱力の欠如を隠そうとして(?)、ビブラートっぽい何かを挟み込むものの、基礎ができていないため、かえってそれがより悲惨な状況を招いている。


「観てはいけないもの」一歩手前な
 歌声&パフォーマンスに、
 驚きのあまり、10回以上繰り返して観てしまった。



 もちろん、彼女のように歌唱力が「非実力派」の元アイドルは他にも出演している。
 たとえば、同じステージに出演したナソノ。
 彼女の場合は、歌いやすい曲だからこれといったあらも目立たないし、ご存知のように美貌も歌唱力も「そのまま」である。
 ただ、感想は、

「ナソノも相変わらず美人だなー」

 で終わり。



 全出演者の中で、一番印象に(良くも悪くも)残ってるのは、
 歌とか見栄えとかは別にして、
 ある意味吹っ切れた感のある
 久美子さんだった。

 それを見た時、かすかに光明が見えた。

 僕は、自分の文章力・構成力の無さに囚われすぎていて、小説を書くことを「楽しんで」いなかったのではないか――と。




 どこの世界でも「実力派」と呼ばれる人はいる。
 同人小説界でもそう。
 上手い人は最初から上手いし、努力している人は努力している。
 ただ、小説って、上手い人「だけ」が書く資格があるのだろうか。



 この、文学性のかけらもない文章をご覧になって、すでにお気づきだろうが、
 僕は、けっして「実力派」の字書きではない。
 まして、売れているポジションにいるわけでも、逆にニッチなフェチズムに特化した話を書いているわけでもない。
 さらには、ゲイ向け創作(ポルノ)によく見られる、主要キャラクターに「ゲイしかいない奇妙な世界」を描いているわけでもない。
 どちらかと言えば、「勇一・大吾シリーズ」の田上勇一のように、「普通」の世界に生きるゲイが主役の物語が多い。
「普通」の世界、とは、間近にLGBTへの理解者がいるわけでもなく、カミングアウトが難しい、今、僕たちが暮らしているこの世界のことである。

 本来このような小説は、もっと実力のある方が取り組むべきなのだろうが……。


 でも、そういった話が(少)ない以上、不肖飛田流が書くしかない


 のかもしれない。


 実力も無いのに、難しいテーマで書きたがる、そんな身の程知らずな字書きが、一人ぐらいいてもいいのではないだろうか。






 アーイェ! オーイェ!(※決めポーズ付き)







 というわけで、
 ブログ開始から10年目にして、

 私、飛田流は、勝手ながら

「非実力派宣言」をさせていただきます。



 こんな私ですが、よろしければこれからもよろしくお願いします。



 アーイェ! オーイェ!







 ああそうそう

 次回作は、『他言無用!』(前篇)の続きになる予定。

 こちらも、よろしければよろしくお願いします。



【追記】
 ちなみにこの記事のタイトルの元ネタは

   

   非実力派宣言

 過去に、似たようなタイトルの記事も書いているので、お暇な方はそちらもご参照いただければ。

 →「非主流派宣言」


 そして、本日より、これまで限定公開だった『むンむンぬれぬれ ~ハダカで潜入取材♡ の巻~』の続きを誰でも見られるように、完全公開します。
 まだご覧になっていない方がいらしたら、どうぞどなたでもご覧ください。




【広告】

    

    CD付き たそがれたかこ(10) 特装版 (講談社キャラクターズA)

三コマ人生

2017年07月18日 21:09

 今さら感もあるが、毎日少しずつ「プチ断捨離」をしている。

 とは言え、確実に要らない、と断言できるものは少なく


(あ、これいつか使うかも……)
(これはちょっと捨てきれない……)



 優柔不断な性格が災いして、モノ(家族によると“ガラクタ”)は溜まる一方。




 というわけで、まずは紙(書類・写真・雑誌)系のブツから、スキャンして断捨離っている。


 そんな中


 昔書いたノートが出てきた。



 唐突ですが、三コマ漫画です。(絵じゃないけど)
 ご覧ください。


    3koma1.jpg

    3koma2.jpg

    3koma3.jpg


 以上。


 なにこれ……。
「四コマ」にもなっていないし……。




 いつ書いたんだかねー、これ。

 記憶に無いぐらい昔、だと思う。




 このように、最初の数ページだけ、意気込んで記入しているノートが他にもいくつかうちには転がっている。
 見ての通りの、


・字だけでもうまく見せかけようとして、内容の理解に至っていない
・シナリオ教則本の丸写し
・実感・体験が伴わない(習作の経験が少ない)、頭でっかちの理論主義



 い、痛々しい……。


 きっと、「俺には特別な才能がある」と粋がっていた頃だろう。
 実際は、いつだって人生「三コマ」までしか進めないくせに。


 それから●十年。


 現在はこのようになっております。



 せめて四コマ目には進みたい。






 ちなみに
 スキャン後このノートは速攻で捨てました。




 しかし



 あの時抱いていた
 根拠なき野心は



 まだ捨てきれない……。



【広告】

2017/6のツイートまとめ

2017年07月15日 15:45

2017年06月01日(木)6
6月1日

#だからひとりが好き  のツイートを見ると、「学校が嫌いだった」という意見が目につく。僕もそう。
・「どうかしている」としか思えない教師
・「みんな仲良く」の建前の裏で陰湿いじめ
・学級内序列
・わけのわからない校則
……に強制的に組み込まれる謎システム。
格付け人生の始まり。
17:25:01
6月1日

「フォロー0」も変わり者扱いされかねないけど(もうされてる?)、楽は楽。
付き合い多い(=多数フォロー)と、色々と「付き合い」が大変でしょ…?
これ以上つぶやくと●●●が●●●になりそうなので止めましょうね。
昔はガンガン書いてて裏炎上。(自分の知らない所で)
あ、おそよう。
17:32:45
6月1日

【広告】「下腹がペッタンコに!」(※個人の感想です)
「木に釘が打てる程ビンビンに!」(※個人の感想です)
「90%以上の読者が効果を実感!」(※個人の略
飛田流作品集
デジケhttp://bit.ly/ZiPfgF
キンドルhttp://amzn.to/1D1X8VS
22:53:48
6月1日

ブログ更新しました。『意外に律儀??』 http://hidaryu.blog107.fc2.com/blog-entry-2019.html…(18禁)
22:56:04
6月1日

えー……くりびつ。>RT
まさかほぼ全話再放送なの? だとしたら、放送終了まで何年かかるの……?
おじさんなので、当然本放送をリアルタイムで観ていたわけだが、当時はかなりの人気だった。日本中の子供たちが観ていたと言っても過言ではない
と思う。
23:16:19
6月1日

なぜ、自分を含めた子供たちが人形劇に夢中になったのか、そして、大人の番組(ニュース)を押しのけてなぜ観られていたのかは不明。
ちなみに、脚本の石山先生は、ドラマ『時かけ』(タイム・トラベラー)も担当しており、現在でもファン。残念ながら故人。
ありがとうございます、石山先生。
23:17:19
[2017/6のツイートまとめ]の続きを読む

2017/5のツイートまとめ

2017年07月15日 15:43

2017年05月01日(月)6
5月1日

ひよっZに青森から上京した新キャラ娘。厳密に言えば、微妙に青森弁とは違う気もするが、かなり練習したと思われる。ニセ東北弁っぽくない。なんぼじょんずなんだべ(なんて上手なんだろう)と感心し調べてみたら、『ソ口もン』の主役の娘だった。神奈川県出身。
将来のヒロイン?
あ、こんばんは。
21:45:38
5月1日

……あっ、三男(ミツオ)の兄貴、どっかで見だこどあるなー、っで思っだら、
『カ一ネ一ション』の勘助だべ!(※ヒロインの幼なじみで、戦争に行って心を病み、二度目の出征で戦死)
印象が全然違うはんでわがんねがっだ……。
興奮のあまり、思わずなまってしまった。
どうやら朝ドラの常連。
21:55:56
5月1日

21:58:05
5月1日

【広告】「『飛田流の嫌いなところ・好きなところ』の発表です!
嫌いなところは…『特になし』!」
ありがとう、みんな、信じてた!
「好きなところも…『特になし』!」
えっ
キンドルhttp://amzn.to/1QDMsap
デジケhttp://bit.ly/ZiPfgF
22:24:05
5月1日

今日からクールビズ。毎年言ってるような気もするが、褌一丁で出勤する猛者はいないだろうか。あくまでも地球温暖化対策のためなので、セクハラではない。
仮に前みつの隙間から、何らかの毛がボーボーはみ出していたとしても、地球環境のため周りの人には我慢してもらおう。
私たちの将来のために。
23:18:27
[2017/5のツイートまとめ]の続きを読む

2017/4のツイートまとめ

2017年07月15日 15:39

2017年04月01日(土)13
4月1日

ブログ更新しました。『小説『むンむンぬれぬれ ~ハダカで潜入取材? の巻~』』 http://hidaryu.blog107.fc2.com/blog-entry-2012.html…(18禁)
00:21:11
4月1日

【広告】新作?? 小説『むンむンぬれぬれ ~ハダカで潜入取材? の巻~』無料公開中!!
http://hidaryu.blog107.fc2.com/blog-entry-2012.html…
PV動画 https://youtu.be/CocIOCTgdtY
割と早く書きあがったので(笑)、ブログで公開しました。
よろしければご覧くださいませ。
00:27:15
4月1日

ものすごく急いで書いたので、小説内に誤字・脱字・誤用・ストーリーの矛盾などあるかもしれませんが、そこらへんはどうか優しく見守っていただければ幸いです。
ちなみに
あなたは
あたしの
最愛なンです
※ブログの不具合でまさかの事態に。
事情は明日説明しまーす。
おやすみっ。
00:28:52
4月1日

というわけで、新作?? 小説 http://hidaryu.blog107.fc2.com/blog-entry-2012.html… 読んでいただけただろうか。
もともとは日付が変わると同時に投稿されるように予約していたのだが、いざ投稿されて、閲覧パスワードを拍手ボタンコメントから記入しようとしたら……。
画面真っ黒。
ザ・パニック。
10:00:40
4月1日

元記事(小説)を再度投稿しても駄目。仕方がないので、追記にパスワードを記入して掲載。(パスワードの意味が無い……)
そして今朝、タブレットの管理画面から拍手したら、無事ブログ拍手にコメントを記入できた。
もし、リアルタイムで閲覧していた方がいらしたら、お騒がせいたしました。(謝)
10:05:24
4月1日

さてさてこれが「再開」となるのか
それともまた「永い眠り」につくのかは
みなさまの反応次第……?
※今日は4月1日です。
あ、おはよう。
10:13:15
4月1日

早速の拍手、ありがとうございます
あたし、とってもうれしくて
ジュン……ってなっちゃったンです
http://hidaryu.blog107.fc2.com/blog-entry-2012.html…
11:35:52
4月1日

【広告】新作?? 小説『むンむンぬれぬれ ~ハダカで潜入取材? の巻~』無料公開中!!
http://hidaryu.blog107.fc2.com/blog-entry-2012.html…
PV動画 https://youtu.be/CocIOCTgdtY
前作『クロイヌ』から10か月の沈黙を破り堂々発表!
全米が泣いた!!
※今日は4.1
20:02:29
4月1日

「?」は機種依存文字なので、「メモ帳」などに一度コピーすると「?」になってしまう。
なので、もう一度宣伝。
こっち(?)が正しい。
黙っててもRTいただけるほど
知名度も
実績も
信頼も
無い。
自覚アリ。
「僕はここにいます」と粘り強く訴え続けることが必要
……か?
20:10:25
4月1日

>RT 漣さんに もっとも ときめいた。(眼鏡無し)
http://osomatsusan.com/
21:26:12
4月1日

ヴヴーッ ヴヴーッ
震えたよ……
二回、震えたよ……
いいねありがとうございます。
21:36:33
4月1日

22:28:25
4月1日

新作? を発表して1日が経とうとするが、まぁ反応的には「こんな感じ」である。
掲載は本日限定ではないので、ご都合のいい時にご覧ください。よろしければ、ね。
創作をする者にとって、感想なりの反応は「やる気スイッチ」なんだけど、それがない場合は自分で何とかするしかないですね。
23:54:13
[2017/4のツイートまとめ]の続きを読む

2017/3のツイートまとめ

2017年07月15日 15:33

2017年03月01日(水)9
3月1日

田舎のテレビ局の場合、トーキョーと比べて数か月遅れてドラマなどが放送されることが。推理ドラマの場合、放送前から犯人がわかっちゃってる。
で、突然「家を出た」彼女が出演したドラマ。二世の彼のようにまさか無かったことにされるのかと思ったらhttps://twitter.com/hidaryu/status/783292956027461633…
16:22:16
3月1日

ごくフツーに放送された。
ドラマの中の彼女は、礼儀正しくちょっと天然さんでチャーミングだが
まさか
新興宗教の信者で
●●未遂を繰り返し
不倫をしていた
と誰が思っただろう……。
でも、今冷静に思い返してみれば、「働かせすぎ」という印象は否めない。
あ、おそよう。
16:22:37
3月1日

今日から三月。
卒業式を終えた学生たちが、多数街を歩く姿を見かけました。
卒業式と言えば「涙」。
そこで……
【質問】卒業式で泣かないと、「●●」と言われそう?
締切は二日後。
#アンケート #質問 #昭和生まれ #冗談
21:06:20
3月1日

質問から二分で回答。
ありがとうございます。
こんな茶番に付き合ってくれて……。
21:10:24
3月1日

22:08:30
3月1日

22:08:44
3月1日

民放が踏み込めない芸能界の闇にク口現切り込む。
冒頭で芸能事務所を辞め(ようとし)たタレントのイラストが。五人組は例の五人組、長髪の彼女は1000眼さん、では、もう一人は誰……?
と、MCが「のん」さんと発言してやっとわかる。
イラストがゴツすぎて、どこの「友情と筋肉」かと。
22:25:53
3月1日

【広告】小玉オサム先生 デジケットコム[小玉オサム文庫] 『オレの彼氏はおまわりさん 小玉オサム作品集(3)』 http://bit.ly/2lqb6x5
※もう一回ぐらい「小玉オサム」と繰り返してもいいような気がした。
飛デジhttp://bit.ly/ZiPfgF
22:42:18
3月1日

アンケート? https://twitter.com/hidaryu/status/836910472431456256… は現在4票。
こんなふざけた質問にも答えてくれるのだからみんな良い人。
僕が涙を流しそう。
引き続き投票おまちしておりますー。
23:58:10
[2017/3のツイートまとめ]の続きを読む

丸出し? or つまみ出し?

2017年07月11日 21:44

 ああああアンケート。

【質問】男性の方にお訊きします。
貴男は今の時期(=薄着)に「自宅」のトイレで小用を足す場合、アレ(ムスコさん)に触って用を足しますか? また、終わったら手を洗いますか?
なお、家族は全員留守で、誰にも見られていないものとします

アレをつまんで引っ張り出す。手を洗う 4票
アレをつまんで引っ張り出すが、手は洗わない 2票
下着ごとずらすなどしてアレに触らない。手を洗う 2票
同様にずらしてアレに触らない。手は洗わない 2票


 まさかの一位以下すべて同率二位。
 チ●コ触って手を洗わない人も含めて。

 チ●コに対する考え方は人それぞれだろうが、僕の場合、できればそんなには触りたくない。
 なので、どちらかと言えば、ズボンと下着を一緒に下げる「丸出し」スタイルを取っている。この際ズボンは足首までストンと落とす。これは万が一小水がズボンを汚すのを防ぐため。あと――爽快感?
 筒を持っていなければ放水先が定まらないのはある意味当然だが、持っているときでもたまにあらぬ方向に飛んでしまうことがある。(アレって何でだろ)
 オプションで片乳を出しながら、というのもたまに。

 終わった後は、チ●コに触っていれば手を洗うし、触っていなければ洗わない……こともある。なので、四番目。基本、面倒くさがり。

 ただ、今の季節は当然ながら汗をかき、竿状のアレと玉状のナニがくっついてしまうこともあり、結局のところ指でつまんで剥がす場合も。
 余裕があれば腰を前後にブランブランと振って、触らずに剥がす。

 どことなく羞恥プレイのようだが。

「丸出し」行為はやや手間と時間がかかるので、ちゃっちゃと済ませたい時は1番目の選択肢のように、さっさとつまみ出して用を済ませてプルプルして手を洗う。
 
 
 以上のスタイルはあくまでも家のトイレでの話であって、もちろん、外で(人前で)愚息をフリフリなどというようなハレンチなことはしない。
 したがって、外でするときは、ほぼ100%1番目の選択肢のようにして、終わった後はつまんでいる指先を振って雫を落とすということになる。
 しかしながら、股上の浅いズボンで、かつ水濡れの目立ちやすい生地だった場合、失敗するといわゆる「追っかけ漏れ」っぽく見えてしまうので、可能であれば個室に入って、備え付けのペーパーで事後、筒先の雫を拭うことがある。
 それにしても用が終わって、念入りに雫を落とした後、ズボンの中にしまう瞬間にちょろっと漏れてしまうアレは何なのだろう。
 



 答え:老化
 
 


 うーわー……。
 
 
 投票ありがとうございましたー。
 


【広告】


最近の記事