2016/5のツイートまとめ

2016年06月30日 14:43


2016年05月01日(日)18

5月1日
卜ッ卜TV第一回。ネタバレ!
.
.
.
.
良い意味で「夜の朝ドラ」という印象。開始時刻も(PM)8:15だし。
映画の卜ッ卜チャンネルも観たので、面白いのはわかっていたのだが、やはり引き込まれてしまう。脚本は旧『果実』の中園先生。
正直ひかりさんの声は苦手だったのだが、
16:31:52

5月1日
この役にはぴったり。不思議。
30分ドラマのためかテンポが速い。全7回で1時間ドラマに換算すると4~5回。それで徹子さんの半生を描き切れる?
中園先生は「風変りヒロインドラマ」に冴えを見せるが、
公共放送の行儀の良さと
徹子さんの破天荒さが
マッチしていると思う。
16:34:22

5月1日
で、本来の朝ドラ卜卜姉ちゃんと比較すると……
テンポもそうだが、
(特に初回における)わくわく感というか高揚感、華やかさが
卜ッ卜にはあって卜卜には無いように思う。
この点についてはいずれ、あらためて考察してみたい。
と書いて忘れる。
16:35:15

5月1日
ミニシリーズではもったいないので、本当の朝ドラ化希望。
徹子さんが100歳になったときに放送するのもいいかもしれない。
ま、もうちょっと早く観たいけど。
16:35:34

5月1日
擁護派少ないことに「友達がいなかったってこと」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-0000547-sanspo-ent…
※要するに、「友達ではなく、別の意図があって彼女に近付いていた」ということだろうか。
友達ってなんだろう?
その人が「しくじった」時に擁護するのか、厳しく非難するのか。
どっちが正解?
20:14:32

5月1日
【質問】リアルでも会ったことのあるあなたの友人が、突然ツイッターで「アダルトビデオに出演しました」と報告したとします(カラミありのハードな内容)。特別な理由はなく「好奇心があり一度出てみたかった」との事。
あなたは今後、この友人と…
20:22:45

5月1日
アンケートの設定は、あくまで架空で、そのようなことが実際にあったというわけではありません。
僕にはこれと言った友人がいないので、このような場合(設定が極端だけど)みなさんならどうするのかちょっと気になった。
気が向いたらお気軽にご投票を。
締め切りは二日後。
20:26:43

5月1日
たぶん、今回も回答は少ないだろう……。
でも
たとえば
「あなたはご飯派? パン派?」
とか、そんなに興味無いしなぁ……。
いつもながら誰が何に投票したかはまったく分からないので、どれに投票しても大丈夫よ♪
20:30:03

5月1日
選択肢に「一緒に出る」も加えたほうが良かったかな……?(冗談)
参照:『ぶっかけ男優課外授業』http://hidaryu.h.fc2.com/bukkake.html
20:36:15

5月1日
おぅふ……さっそくの投票ありがとうございます。
なるほど……。
コメントはあさって、締め切り後ね。
21:05:57

5月1日
22:28:23

5月1日
https://www.p-supply.co.jp/pnews/fundraisng… (6月30日まで)
http://gooddo.jp/gd/search/?q=%4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%9C%B0%E9%9C%87%E3%80%80%E8%A2%AB%E7%81%BD%E5%9C%B0%E3%80%80%E6%95%91%E5%8A%A9%E3%80%80%22%E7%84%A1%E6%96%99%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AB%E3%81%94%E5%8D%94%E5%8A%9B%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84%22…
【各被災地のほしい物リスト】 http://amzn.to/21c95Ea
22:28:39

5月1日
アンケート https://twitter.com/hidaryu/status726733593976786945… 二票目ー。
ありがとうございますー。
……そうなんだー。
もっと別な感じになると思ってた。
この後も投票は受け付けていますが
日を超えて投票数が増えることは
めったにない。
23:18:12

5月1日
と、つぶやいている間に、また一票。
……おぉ……。
みんな●●●のね……。(投票に影響が出ないように伏字)
びっくり。
23:33:24

5月1日
【広告】田亀源五郎先生 弟の夫 2
本 http://amzn.to/1lb33EM
kindle http://amzn.to/1S01XI4
雑誌 http://amzn.to/1L4lWTg
小玉オサム先生Kindle http://amzn.to/1kb78Ce
23:36:10

5月1日
【今初めて知ったこと】マイクさんの目は青い。
きんどるだと表紙をじっと見るってそんなに無いから……。
23:39:00

5月1日
アンケートに投票ありがとうございます。
これは、ゲイ男性がゲイビデオに出演するのと、女性がAVに出るのと、その違いもあるかもしれませんね。
なんでAVを例に挙げたかというと、不適切関係ビデオが流出し、即AVに転身した元・某テレジェニックの、グラビアアイドルのニュースを見たから。
23:59:09

5月1日
なんかあまりにもあっけらかんとしていて、ファンも戸惑って(という言葉では言い切れないけど)いた。
本人が良ければそれでいい、という意見もあるだろうけど、僕は頭が固いのか、
「え゛ー……」
と思ってしまったわけで。
このまま選択肢●番が独走するのか?
締め切りは二日後!
23:59:38
[2016/5のツイートまとめ]の続きを読む

2016/4のツイートまとめ

2016年06月30日 14:37


2016年04月01日(金)24

4月1日
おぅ、起きたか?
ビンビンか?
おめえのセガレがよぉ。
おさまらねぇんなら一発ぶっ放してもいいんだぜ……へへ。
そん時はスマホで自撮りして必ず俺に送れよ。
たっぷり「使わせて」もらうからよ。
え? こんな小汚ねえおっちゃんのせん●り見てぇってか。
じゃあ、今日もイッてこいや。
07:10:22

4月1日
あーくっせぇチ●ポしゃぶりてぇー。
07:20:13

4月1日
……何だぁ、「ヤリ目」ってのはよぉ。
「ヤリてぇぇっっっ!!!」でいいじゃねぇか。
ったく、近頃の若い奴は何でもかんでも略しやがって。
ところでおめぇ、おっちゃんとヤリてぇか?
08:53:19

4月1日
チ●ポ大好き
って言ってりゃあ
とりあえず世の中は平和よ。
09:10:34

4月1日
この歳でいまだに毎日せんずってるのはなかなかのモンだろ?
モノの大きさと量もハンパねぇぜ。
こんな俺と付き合いたい奴は、「いいね」を押してくれや。
ま、このキャラは今日までだけどな。
09:48:47

4月1日
あー、半日ヌイてねぇから腰が重くていけねぇやな。
久しぶりにテン場に行ってくるか……。
五本はくわえねぇとな。
10:31:15

4月1日
ウッス! 昼メシはもう終わったッスか? まだなら自分と一緒にどうスか。
先輩にちょっと訊いてほしいことあるんス。
自分、ガキの頃から柔道漬けだったじゃないスか。で、あのぉ、バレンタインもホワイトデーもまるで縁のない人生だったんスけど、最近、気になるヤツが……。
女? それが……。
12:48:20

4月1日
きっかけっスか?
最初自分、その人のこと怖かったんスよ。顔立ちもすげぇいかつくて、態度も厳しいし。
あ、女じゃないっスよ、自分昔から、女興味ないし。
………………あっ。
で、あのっ、自分、大学に入ったら、柔道やめようと思ってたんス。でも、柔道部の中に、そ、その人が……うっす。
14:18:01

4月1日
入学式の日、サークル勧誘で、ガン無視しようとした自分の首根っこ捕まえて、「貴様のような柔道体型がウチに入らんでどうするっ」て道場に無理やり連れてこられたじゃないスか。
超頭にきて、その人に飛びかかったんスけど、逆に投げ飛ばされて……。
自分、自分より強いヤツに初めて出会ったんス。
16:41:10

4月1日
結局、柔道部に入ったんスけど、ほんとは「いつかはそいつをぶっ倒してやる」っていう目的だったんス。だけど、その人と何度も乱取りしても、自分、いつも負けてばかりで、すげぇ悔しくて……。
自分、その人に勝つためだけに今まで練習してきたんス。
でも、今日でその人、卒業しちまう。だから……
19:40:00

4月1日
先輩、これから自分と最後の試合、お願いできないっスか?
そんで、もし自分が勝ったら……そのぉ……
か、勝ってから言うっス!
じゃ、じゃあ、いつもの練習場で待ってるっス!!
19:56:30

4月1日
【質問】もしあなたが先輩なら、このあと……
(本日22時ごろ投票締切)
19:57:53

4月1日
ふぃぃぃ……
食った食ったぁ。
腹がたぷんたぷんって言ってらぁな。
若い男のエキスはやっぱたまんねぇな……ぐひひ……。
20:05:13

4月1日
おっといけねぇ、思い出したらまたムラムラしてきちまったぜぇ。
ちょっくらヌイてくらぁ。
……動画載せろってか?
おっちゃんのせん●りは30秒じゃ終わんねえからなぁ。
20:13:35

4月1日
おっちゃんもなぁ……
そろそろ身ぃ固めようって思ってんだが……どうだ試しに一緒に住んでみっか?
現役ド力タとヤリ放題だぜ……へへ……。
ん? テン場通いはやめてくれるかって?
そうさな……
あと10年経ったら、な。
21:08:29

4月1日
おっちゃんが若いころは、Gメン、Sムソン、Sぶと、てめぇの趣味に合わせてゲイ雑誌を選べたモンだがなぁ……。
21:25:58

4月1日
ネットはな、顔が見えねえからな。
どんなにガタイがいい写真載っけてたって、それが本当のそいつとは限んねえだろ。
ネットのイケメンより、リアルのブサメン、だろ。
男なんてチ●ポついてりゃいいんだよ。
21:30:31

4月1日
http://alpha-1999.jp/charity_eq/indx.html…
21:56:14

4月1日
【広告】飛田流
kindle http://amzn.to/1QDMsap
デジケ http://bit.ly/bVN66K
※今なら、作者本人が朗読してくれるサービス付きらしいぜ。ただし、今日中に家まで来てくれる奴に限るってよ。
それより、おっちゃんとスケベしねぇか?
22:14:56

4月1日
先輩、来てくれたんスね! それじゃさっそく……
……え? 道着着ないで……スか? 下着も?!
わ、わかったっス。
あ、あの……先輩、なんで立ててるんスか。
なんか、自分もちょっと……。
それでは、試合開始!
しゃぁぁぁぁっ!!
あ、そこつかんじゃ……駄目……ぐっ!
(バタン!)
22:38:14

4月1日
……くっ、負けたッス。
最後の最後まで自分、先輩にはかなわねぇ……
えっ、あ、あの先輩、試合はもう終わったんじゃ……
な、なんすか「次は夜の乱取りだ」って!
そ、そこは、ぁ、汚ねぇから、ぁぁぁぁっ!
22:39:19

4月1日
※「手心を加えずに勝負」「エロ同人みたいなこと」が1票ずつ。
22:43:42

4月1日
夜も更けてきたな。おっちゃんは明日の現場が早ぇからそろそろ寝ることにするぜ。
今日一日、おめぇらと遊べて楽しかったぜ。もしかしたら、どっかのテン場で顔合わせるかもしれねえが、その時はよろしく頼まぁ。
ちなみに俺は一回や二回じゃ満足できねぇからよ、一週間は溜めとけよ。
じゃあな。
22:51:29

4月1日
というわけで、今年のエイプリルフール企画は終了ー。
三日前の「どんなキャラが良いですか」も含めて、伏線だったのですー。
ド変態中年もガチムチ青年も自分からかけ離れているので、羞恥プレイの極(きわみ)でしたよ……。
というか、こんなに一日中四月馬鹿やってる人っている?
本当に寝る。
23:00:33
[2016/4のツイートまとめ]の続きを読む

Rocken'on Sign!

2016年06月26日 21:00

 今日は、青森市で開催された東北六魂祭へ行ってきた。
 五時起き。

「六魂祭」とは、東日本大震災で亡くなられた方の鎮魂と被災地の復興を願い、東北六県の代表的な祭りを各県持ち回りで一度に披露するというもの。これ、ずっと行きたかったのだが、都合が付かなかったり、我が県から離れていたりしてで、今まで一度も行けなかった。

 今回、この六魂祭が終わりになるらしいという情報をニュースで見て、けっして天気は良いとは言えないが、出かけることにした。




 九時半に青森駅付近到着。やっぱ人多いなー。

 で、さっそく10時からのイベント会場に向かったら

 強風のため中止。

 仕方なく、その足で東北六県のグルメ屋台に向かったら

 ナイスなタイミングで雨が降り出す。
 持参した雨ガッパ装着。

 この雨の中、一部の屋台には長蛇の列が……。
 僕は並ぶのは大嫌いなので、比較的空いていた黒石市の「汁焼きそば」を注文。
 手近なテントに避難して実食。

   P1160504-l.jpg

 見た目は普通? のそばだが、味付けは焼きそば風。おいしかった。


 食べ終わり、その足で、最大のイベント、六魂祭パレードへ。

 秋田竿燈まつり
 盛岡さんさ踊り
 山形花笠まつり
 仙台七夕まつり(仙台すずめ踊り)
 福島わらじまつり
 青森ねぶた祭


 これら東北六県の祭りが、一堂に会したパレードである。
(八戸三社祭も特別参加)


 そして、12時半。いよいよ開始!





 なのだが、なかなか来ない。

 さらには、強風のため秋田竿燈まつり中止

 観客もいらだっているのか、

妙齢の女性「(車道側に立っている爺さんに)見えなーい」
爺さん「んだばおめぇが前さ来ればいいべやっ(ならお前が前に来ればいいだろ)」

 と、年甲斐もなく言い争い。
「東北人は心が温かい」なんてのは、都市の伝説である。



 そうこうしている間に、三社祭の山車(だし)がやってきた。

 これを言葉で説明するのは難しいのだが、
 コ口ッケさんが、松山●春さんのモノマネをするときにかぶる「ハゲカツラ」が全開になったような豪華さ

 ……わかるだろうか。

   P1160505-l.jpg


 こんな感じ。


 その後も次々に、各県の踊り手が登場。
 しゃなりしゃなりと、おとなしめな感じかと思ったら、予想以上にリズミカルでキレキレの踊り。ふだん、ニュースでしか(しかも数秒)見たことのない踊りを目の前にして、感動。
 本場すげぇ。


 もしかしたら自分の県以外の祭りは二度と見ることができないかもしれない。
 でも、こうして生の祭りを一度でも目にできて、本当に良かった。

 他県のお祭り殿方も拝見できて良かった。





 雨さえ降らなかったらもっと良かった。






 そして、祭も終わった帰り道。


 祭の間はあれだけどんよりと曇っていた雨空が晴れ、光が差してきた。



 これもまた人生。




 早ぐ寝るべ。


【広告】
 飛田流作品集
 デジケ http://bit.ly/ZiPfgF
 BOOTH https://hidaryu.booth.pm/
 kindle http://amzn.to/1D1X8VS

卜ッ卜ととと ネーションと姉ちゃん

2016年06月19日 16:12

 終わっても、しばらくあぜんとした。

 まさかまさかのラス卜。
 徹子さんもひかりさんもみんなフリーダム……。

 卜ッ卜てれび最終回。
 久々に、純粋に「面白い」ドラマだった。

 僕は、NHKという組織はあまり好きではない。
 しかし、悔しいことに、良質な番組が同局に多いことは認めなければならない。
 だてに国民から受●料を掻き集めているわけではない。

 NHKが本気を見せた『卜ッ卜てれび』。
 もしかしたら、現在放送中の本家朝ドラよりも、朝ドラっぽいのではないだろうか。
 朝ドラ並みに半年間続けても良かったのでは。
 むしろ観たい。



 朝ドラと言えば。



 最近、あらためて『カーネーション』を観直している。
 もちろん、花ではなく、朝ドラのほう。

 過去、ツイッター・ブログでもさんざん書いたが、ハマりにハマったこのドラマ。
 本放送(2011年)・BS再放送(2014年)に引き続き、録画していた番組の初回からの視聴である。
 ところが、あれだけ熱心に(しかも二度も)観ていたにもかかわらず、

(……あれ、こんな場面あったっけ?)

 忘れていたシーンがけっこう多い。
 もちろん、放送回数が長いということもあるんだけど、人間の記憶がいかに当てにならないかを思い知らされた。
 逆に言えば、何度観ても新たな発見があって楽しめる、とも言える。


 とは言え、これは特例中の特例。
「朝ドラ」だからって、

 何でもかんでもハマるってワケじゃないのよっ!! (唐突にキレる)




 現在放送中の『とと』。
 視聴率的には、好調らしい。
 しかし、僕にはどうも……なのである。

 ノレない朝ドラの場合、僕は、

「●●(タイ卜ル)一週間」(20分ダイジェス卜)に格下げして乗り換えて、それでもノレなかったら
「五分で●●(タイ卜ル)」(5分ダイジェス卜)。それでもダメなら

 観るのを止める。

 最近では『純+愛』がそのルー卜だった。
『まれ』に至ってはダイジェス卜すらすっ飛ばしたが。


 しかし、『とと』は、まだ毎日録画はしている。
 面白くない、と断言はできないのだ。

 その理由を考えてみる。


 まず、朝ドラの「定番展開」と言えば、こんな感じだろうか。

 舞台は戦前から戦後に掛けて
 おっちょこちょいで底抜けに明るいヒロイン(主に実在した人物)が、たくましく生き抜いていく一代記
 幼少期からおてんばながらも、基本は品行方正である(若干『サザ工さん』のにおいがする)
 周りの人物も、本当の悪人はおらず、最初はヒロインと衝突しても、早い段階で和解しヒロインの味方になる
 そのため卜ラブルが発生しても、さほど深刻化することはなく、持ち前の明るさで乗り切っていく
 結婚後は義母の嫁いびりで、苦悩するものの中盤以降和解する
 職業婦人になった場合、男社会の壁にぶち当たり苦悩


 あと、最近では

 意図的に言葉を流行らせようとする

 というのも。(「御機嫌よう」「てっ!」「びっくりポン」「どーしたもんじゃろのぅ」など)
 多少外れた部分はあるにしても、『とと』はそれをほとんど守っている気がする。
 言い換えれば「王道展開」。

「王道」のメリッ卜としては、「大外しはしない」「安心して視聴できる」
 デメリッ卜としては、「ある程度先まで展開が読めてしまう」「すごく面白くはない」

 たとえば、『純・愛』のようにイキすぎてしまうと付いていけないのだが、なまじおなじみの展開だと見捨てることもできない。
『とと』については、それがいちばん近いだろうか。

『とと』に限らず、朝ドラ(戦前~戦後ver.)は油断すると「実写版サザ工さん」になってしまう傾向が。
 もちろん、アニメが現在でも続いていることからもわかるように、それが好きな人は、少なからずいる。

 すなわち、サザ工DNA

「すごく面白いわけではないが、安心して観てはいられる」
 それが、高視聴率の一つの要因かな、と。



 ……いや、ちょっと待って。


「面白くない」というのは、適切ではないかもしれない。
「面白さ」の質が違う、と言うべきかな。


 たとえば。


 ドラマで、男が道を歩いているシーンがあるとする。
 もちろん、このままだと特に何も面白くない。

 で、男の行く手に食べ終わったバナナの皮が捨てられていたとする。

 それに気付かず歩いてきた男、バナナの皮で滑ってスッテーン

 これを笑える人が、『とと』的なドラマを好む人たちなのだろうか、と思ったりする。「バナナの皮は滑って転ぶためのもの」という、予定調和的な。
 ただ、今っぽくはないし、「古臭い」とも言える。

 もし、これを、

 歩いてきた男、バナナの皮を踏む直前で気付き、回避

 したと思ったら、横から猛スピードでやってきた自転車に衝突


 とすると、パターンを踏まえたうえでの「パターン外し」ということになるだろうか。
 さらに、

 歩いてきた男、バナナの皮を踏む直前で気付き、回避

 したと思ったら、バナナの皮が突然巨大化して男を丸飲み


 とすると、朝ドラではNGになる。(はず)


 先に触れた『カーネーション』の場合、「定番パターン」とは、ほぼ真逆と言っていい展開だった。
 なにしろヒロインがいま話題? の不倫までしてしまうのだから。(もちろん、実話に基づいているわけだが)
 制作側も、この、一歩間違うとベ●キーのように大バッシングを受けてしまいそうなヒロインを描くのには、かなり悩んだと思う。
 ただ、それゆえに、スタッフの気迫? みたいなのはス卜レー卜に伝わった。
『卜ッ卜』もそう。

 ただ
 なんとなく考えて
 あ ん な 展 開 に
 なるはずがない。


 一方、『とと』には、制作側の
 熟考・苦悩・気迫
 が、あまり見られない、ような気がする。
 はい幼少期です、はい女学生時代です、はい戦争です、みたいな、淡々とした流れ……。

 あ、ひとつ、『とと』で特筆しておきたい点が。
「かか」こと木村さんの異彩ぶり。

 木村さんと言えば、「クイーン・オブ・薄幸」
「薄幸な女性」役をやらせれば右に出る女優はいない、
『とと』でも冒頭から未亡人になり、お妾(めかけ)さんの口を紹介されるという、いつもの「転落タエルー卜」を歩みそうになる。
 その後、上京して母親の「抱いちまお」さんに世話になるものの、早々に親子げんかで娘を道連れにして家出。
 相変わらずの薄幸健在

 このように、カラッとしたサザエ的世界観の中、彼女のみが、ウェッ卜な存在感を、
 メインキャラとして
 放っている。(実際に泣くシーン――しかも毎回目が充血――が多いこともあり)

 これが、いまだに『とと』を観続けている理由の一つではある。




 これまで二か月半観続けてきたが、今後、『とと』が劇的に面白くなる、ということはちょっと考えにくい。
 読者の中でも、もしかしたら、すでに見るのをやめている人がいるかもしれない。

 しかし、である。

 今春、昼ドラも消滅したこの日本で、朝ドラは、ほぼ毎日見られる唯一のドラマであることは間違いない。
 だからこそ、多少の質の高低はあれども、今後も温かく見守っていきたい。



 朝ドラだけに、優等生的な締め。



【広告】




 ところで、向井さんは今、いったいどこに行ってるのだろう。(トラブルメーカーの鉄郎叔父さん)

建前とホンネ

2016年06月11日 21:33

 アンケートの結果が出ましたー。

 https://twitter.com/hidaryu/status/740891663971684356
 https://twitter.com/hidaryu/status/740892637473820673
 https://twitter.com/hidaryu/status/740893015649046528



【質問】付き合おうとしていた彼氏に、10年以上一緒にいる別の相手がいたら?

 彼氏はあなたより5歳ほど年上で、真面目て優しく、カラダの相性もばっちり。一流企業に勤めて、高収入。外見もあなたのストライクゾーンど真ん中。 連絡はラインが中心。「例の彼ら」のようにラブラブな会話を毎日交わす関係。

 A 妻子がいた
 別れる 4票
 わからない 3票

 B 男がいた
 別れる 5票
 わからない 3票


 でしたー。

 今回の質問は要するに、「もしあなたがベッ●ー的な立場だったら」
 A・Bとシチュエーションを分けてお訊きしたのは、彼氏の相手が女性なのとゲイとでは違いが出るかな、と思って。
 でも、これおそらく、A・Bともに同じ意見ですよね……。そうなんだ。


 ではコメント。
 最初、投票を募集した直後は、「わからない」が圧倒的でした。
 その後、彼氏のキャラ設定を追加し、「別れる」が猛烈な追い上げ。結果逆転。

 本来ならば、この場合不倫になるので、「別れる」を選ばなければならないのですが、「わからない」人も意外に多かったですね。
 そこらへんが、恋愛の難しさ。


 もし、僕なら……。

 A 妻子がいた
 子供がいる時点でこれはもう別れるしかない、かなぁ。
「既婚者にもてあそばれた」感もあるし。

 B 男がいた
 うーん……
 これはちょっと悩む。

 嘘だとは思う。嘘だとは思うけど、10年付き合っていた男と別れる、と言っているので、完全に関係を断つのはちょっとためらってしまう。
 あまりにも理想的過ぎて、こんな男(ひと)、二度と現れないかもしれないし。
 まず、距離を置いて、なぜ嘘をついていたのか、訊いてみるくらいはするだろうか。
 そして、また言いくるめられる、のかもしれない……。

 というわけで、二番目の「まず距離を置く。だが、彼と別れられるかは自信が無い」。


 なお、A・B共通して言えることは、別れた後もグジグジ思い悩むだろう……。


 ベッ●ーファン●ー¥楽(文4)騒動を例に出すまでもなく、不倫はいけないこと(とされている)。彼らもそれはきっとわかってたと思うんですよ。(わかってるのかどうなのか不明なヒトもいたけど)
 でも、どうにもならないまま突き進んでしまった。

 一方、ゲイの世界は……綺麗な言葉で言えば、「自由恋愛」みたいなところがあるのと、「男同士」であるので、男の気持ちがわかるゆえに、ちょっと「ゆるい」関係も成り立つのかも、と勝手に思っていたのだが、必ずしもそうではないということが、このアンケート結果から読み取れる


 のかな?


「パートナーシップ証明書」がどれだけ「婚姻届」に近いかはわからないけど、結果を見る限り、回答者のみなさんはそう(≒結婚)思っている人が多いのかもしれない。
 ただ、
 LGBTも異性愛者と同等の権利を得られたい
 けれども、それまでの男同士の「なあなあ」な関係はキープしておきたい
 というのは、きっと世の人々から非難はされるでしょうね……。


 両極端に分かれた今回の結果は、かなり興味深かったですね。
 でも、「本理想」の殿方が現実にあなたの目の前に現れたら、はたして……?



 ちなみに僕の本理想は


 あなたかもしれません。






 回答ありがとうございましたー。



【広告】
 犬極道II 憎み切れないろくでなし (デジケット版)


   【犬極道II 憎み切れないろくでなし】

「ゲイしかいない奇妙な世界」

2016年06月08日 21:34

 ツイッターでもご紹介した

 橋口亮輔 × 田亀源五郎スペシャル対談!「LGBTと映画」を語る

 を読んで、思ったことなど。


 この対談内で、「主人公に近いところに必ず女性が登場」するという橋口監督の映画に対し、田亀先生は、


田亀 なるほど。

私はゲイポルノ作品をやっているというのがあって、ゲイしかいない奇妙な世界を描いています。

私の解釈としては、世界はいろいろあって、そのどこにフォーカスを定めているかってだけの話で、私は単純にゲイポルノにフォーカスを当てているだけなんですよね。その外側にいろいろあるのは当たり前だという前提があります。



 と語る。(対談より引用)


 確かに、ゲイ向け創作(ポルノ)ではそういう話、つまり「ゲイしかいない(奇妙な)世界」の話が多い。(※以下、すべて個人の感想)
 女性が出てこないだけではない。
 ゲイ「しか」出てこない。
 もちろん、「ノンケ」とされるキャラが出てくることも多いが、

・超快楽主義者で、精力絶倫でもあり、女の代用として男と
・村のしきたり的なホニャララで、男と
・そもそも男しか存在しない環境のため男と
・洗脳・超能力など、超科学的な理由で男と


 一線を越えてしまう、「ファンタジーノンケ」がほとんどかと。


 この、たとえば、童貞の青年たちの「練習台」として、一般的なイケメンとは言い難いゴツい男(おっさん)と最後までヤッてしまう展開に、本物のノンケの方々は強い違和感を抱くだろう。


 ただ、言わせていただくならば。
 ノンケ側から見たゲイ像も、こちら側から見れば相当に違和感がある。
 思いつくまま挙げてみると、

・女装だろうが、女(オネエ)言葉だけだろうが、MtFだろうが、とりあえず「オネエ」と称される
・ゴツっとした風貌でありつつ、なよっとした口調
・芸術、特に美に優れた感性を持っていると思われている
・「女性になりたい・近づきたい」と思われている(女装・整形など)
・最初からお笑い系のカテゴリーに入れられる(「笑い者にしていい」と思われている)


 これらのイメージを統合すると、比較的近いのが、映画クしヨンしんちゃん『暗黒夕マ夕マ大追跡』に出てきた珠由良ブラザーズ(スキンヘッドの「オカマの三兄弟」)かと。
 あるいは、カオリちゃんリボンのおっさんとか。


 ゲイコミュニティーから一歩出れば、こんな「現実」が当たり前のように転がっている。




 申し遅れました。私、飛田流と申します。
 過去いろいろやってましたが、
 す べ て 終 了 し
 現在は、自分で書いた小説を自分で売っております。

 僕も、橋口監督の映画のように、(完成度は別にして)「ゲイしかいない奇妙な世界」から離れた話を多く書いている。
 したがって、自作小説において登場人物全員がゲイ、という話はまだ書いたことがない。(と、思う。ゲームシナリオは除く)
 女性も普通に出てくるし、ノンケキャラ(少なくとも当初は)も出てくる。


 なぜか。


 多少なりとも僕のことを知っていらっしゃる方は、ご存知の通り、
 僕は意固地で、性格が悪い。
 いまだにツイッターでフォロー0。
 誤フォローしたら即座にリムーブ。(ご迷惑をおかけした皆様、失礼いたしました……)
 こんなへそ曲がりの性格ということもあり、ゲイ向け創作(ポルノ)で主流とされている話を書くのに、どこか抵抗があった。

 そして、もう一つの大きな理由。

「ゲイしかいない」世界は、エロには適するものの、書いていてどうも面白くない。(ここでいう「面白くない」とは、「ストーリーが進めづらい」という意味)
 もう少し正確に言うと、「ゲイしかいない奇妙な世界」を読者に納得させるだけの筆力が僕にはない。
 なので、僕が書く話は、一般寄りの設定になることが多い。

 だが、例外もある。
 たとえば、拙作「勇一・大吾シリーズ」の主人公の一人、安岡大吾がかつて所属していた飛流大学応援団部。
 読んでいない人も多いと思うので、ネタバレしたりしなかったりだが、要するに最初の入り口(入団時)では、ノンケもそうでない人間も入ってくるものの、団の「規律」に耐えられる者だけが残り、結局「ああなっている」……という理屈である。

 大吾は典型的なゲイ向け創作のキャラとして設定したが、これは、田上勇一という読者のいる世界に近いキャラと対比し、勇一との恋愛を通して、ギャップなり化学反応なりを見せたかった、という狙いはある。

 ただ、今のところ 中 断 し て い る。


 そ れ は


 ゲイ側からも
 ノンケ側からも受け入れられにくい

 すなわち

 作品が売れにくい、という


 重大な問題があるからである。(あと筆力不足とか。※ちまちま 書 い て る よ)




 それでも、「ゲイしかいない奇妙な世界」に戻ることはしない。
 そこが僕の居場所ではない気もするし。



 とか言いつつ。



 金が絡むとあっさり前言を翻す。(例・体育教師の極め)



 生きていくって大変。



【広告】
 飛田流次回販売予定作品『クロイヌ』予告動画


   

幕を下ろすには早すぎる。

2016年06月01日 23:33

 これまでの「小説家のなり方」というのは、出版社主催の文学賞に応募して、受賞し、(紙の本を)売ってもらう、というのがパターンだった。権威ある賞ともなれば、おそらく東大に入るよりはるかに難しいだろう。

 で、僕が若かりし頃、「物書きになりたい」などと口走ろうものなら、親はもとより
 小説のことも
 業界のことも
 何一つ知らない大人達(例・進路指導員・医師・看護師……)が

「なれるわけないだろう」

 と一刀両断。
 確かに、当時は余程の才能が無いとデビュー、そして生き残るのは難しかっただろう。

 でも

 お 前 が 言 う な

 と腹の中では思ってた。


 おそらく、「作家(創作者)になりたい」と口にした人なら誰しもが、その手の人物(もっとも身近なところでは親)に出会ってきたことだろう。
 でも、彼らは、インターネットや電子書籍がここまで普及するなんて、頭の片隅にすらなかったはず。


 その助言を一言で言えば

 超テキトー。





 時は流れて、現在はネットから作家デビューというパターンもちらほらと。
 最悪でも、電子書籍で個人販売という手段がある。僕が今ヤッてるやつ。

 小説誌やダ・ヴィ●チとかで「ラーメン屋の親父ポーズ」(むっつり腕組み)している一流作家を見ると、はたして僕はこうなりたいのだろうか、と疑問も。
 出版社の手を借りて、逆に言うと出版社の手を借りないと作品を世に出せないというのは、なんだかなぁ、という感じ。
 今放送中の出版社ドラマではそこらへん割とキレイに描かれているけど、要するに売れなく(用済みに)なったら捨てられる、ということ。それも困る。

 さらに先日の某メンのように、雑誌自体がなくなってしまったらどうしようもない。


 で、僕。

 知名度があるかないかで言えば
 ほぼ無い。(ツイッターアンケートの投票数からもお分かりのように)

 売れてるか売れてないかで言えば
 確実に売れてない。

 賞を獲れるほどの才能があるかないかで言えば
 どうも無さそう。

 せめて作品を量産できるかできないかと問われたら
 ご存知の通り。


 でも、ここまで来て


 人生下手こいたー


 と嘆くのもしゃくに障る。



 あの、

「作家なんてなれるわけないだろう」

 としたり顔で切り捨てた大人たち。


 彼らになんとしても一泡吹かせてやりたい。
 そう思ってる
 そして、もがいてるのは
 僕だけじゃないんだなー、と


 新しいデビューの形を目の当たりにして思った次第。



【広告】
   

    樋口めぐむ氏『武生ちゃんのひまわり』


最近の記事