オラ●●さ行っできただ。

2014年11月24日 12:03

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日記だし。

2014年11月24日 11:51

 今回もまた、旅行時の日記をこのあとに鍵付きでアップします。

 ご覧になりたい方は、この記事にブログ拍手をいただくと、下のほうにパスワードを書いた僕のコメントが表示されるので、それを入力してご覧ください。
 ちなみに、前回の記事のパスワードとは異なります。

 拍手は一人につき一回のみでお願いいたします。(同じ人が二回以上押しても、拍手数には反映されません。念のため)


 単なる日記にご興味のある奇特な方は、下の拍手ボタンを押して、一番下のコメント欄に表示されるパスワードを入力し、公開限定記事をご覧ください。



【広告】

みつりんのぬま

2014年11月15日 22:56

 今回は、Amazon Kindleダイレクト・パブリッシングで電子書籍を出版している方・出版しようとしている方以外には、あまり興味のない話題だと思われます。


 先月の10月15日(僕の誕生日)に告知したように、僕はAmazon Kindleにて拙作の販売を始めた。

 ……と一言で言うものの、Kindle閲覧に適したファイル変換に手間取り、告知までなんと一年を要したのは、ツイッターでも書いた通り

 そして、やっとファイル問題も解決……と思いきや、もう一つの重大な問題を放置していた。
 それが、

 米国と日本 二重課税問題

 ざっくり言うと、アマゾンは本社がアメリカにあるからアメリカで30%の税金が引かれ、日本でもまた源泉徴収が行われるという、

 これを回避するためには、米国・内国歳入庁(IRS)に連絡して、米国での源泉徴収税の免除手続きを取らなければならない。
 僕、英語できないし、そんなに売れることもないと思ってたから免税手続きを放置していたわけですよ。

 で、登録から一年が勃つまで経つまで。
 まったく告知していないのに、ちょぼちょぼ売れちゃったりするわけですよ。他の作家さんの作品と比べて、特別安いわけでもないのに。
 そして、時々振り込まれる原稿料? からはしっかりと払う必要のない米国税金が取られている。
 なんか急にしゃくに障って、

「俺、免除手続き取る!」(「あたし、女優になる!」的な発音で)©ガ●スの仮面

 と思い立ったわけですよ。
 九月の末に。
 で、さっそく関連サイトを読み漁って(本家アマゾンのヘルプはちょっとわかりづらい&見つけづらい)、書き方サンプルを参考に、IRSに申請書を国際ファックス送信(メールでは不可)。

 そして
 その申請結果が送られてきたのが

 今日。

 ちょっと!!
 どのサイト見てもたいてい「3~4週間で送られてくる」って書いてるじゃないのよっ!!!

※というわけで、申請から二か月程度かかる場合もあるので、あわてて再申請しないように注意。
 ちなみに英語ができる(さらに国際電話料金を気にしない)人なら、直接IRSに電話して申請しても可能……らしい。


 そんなこんなで、さっそくアマゾンのサイトから「税に関する情報」の更新開始。
 ここでのミッションは、当初の税率30%を0%にするというもの。

 若干おかしな不自由な日本語の問いに、これまた関連サイトを参考にしながら答えていく。
 途中まではうまく行っていたのだが、

「事実上関連する所得」というページで
「あなたは米国でサービス、製品または商品を販売する事業を経営または所有していますか」

 の問いに、関連サイトの指示通りに「いいえ」を選択したら(この次に提出ボタンを押して終了らしい)、

「あなたは前の画面でEmployer Identification Number(EIN)を入力しました。あなたが個人として(または受益者に代わって)インタビューを実行している場合は、あなたの所得が米国での取引または事業行為に事実上関連していて、IRSフォームW-8ECIを完成させる予定である場合以外は、EINを使用できません。「戻る」をクリックして、前の画面の入力を修正してください。」

 とエラー表示が出てきて、先に進めない……。
 なのでここは「はい」を選ぶしかない。
 どうやら、最新の情報サイトによると、ここは「いいえ」ではなく「はい」を選ぶらしい。

※"あなたは前の画面でEmployer Identification Number(EIN)を入力しました。"で検索すると、最新の関連情報サイトが出てくると思う。

 質問はさらに続き、「米国のサービスで電子書籍売って金稼ごうとしているけど俺あくまで非米国人」みたいな回答(?)を続け、誓約もし、やっと送信・完了。

※以前はこの部分も郵送が必要だったらしいが、現在はオンラインで申請可能。


 というわけで、今後は米国から無駄に税金を取られなくなる……かもしれない。
 本当に長い道のりだった。


 まぁ、だからと言って売り上げが上がるわけでもないんだけどね。


※このように、申請形式がちょくちょく変わっているので、なるべく最新の情報サイトを参考にしよう。


【広告】
「えっ、こんな無名の僕でも、アマゾンで小説販売が?」
 kindleストア(飛田流作品集) http://amzn.to/1D1X8VS

2014/10のツイートまとめ

2014年11月15日 21:21

2014年10月01日(水)5tweets
10月1日
世界の日本人妻は見た!http://www.mbs.jp/japa-zuma/
パリ在住“同性婚をした日本人妻”の日常生活(後略)10月7日(火)よる7時から2時間SP!
※同性婚をしたカップルの話題がごくフツーにテレビのゴールデンタイムに出る時代に。まだ若干「よその国のこと」扱いだが。
19:51:08
 
10月1日
ゲイカップルでないのは、番組のテーマが「日本人妻」だから。
番組自体、「『●●人は▲▲だ』とステレオタイプで決めつける」という批判もなくはないが、予告文を見る限り、そんなひどい扱いではなさそう。
というか、「笑い者」にされるのに慣れてしまっているこちらにもある意味問題はあるが。
20:00:30
 
10月1日
21:49:40
 
10月1日
【広告】「それまで俺は『人を愛する』っちゅうことをよう知らんかったんだ。だが、田上ちゃんを初めて見たとき、胸のここんとこがなんか知らんがぎゅぅぅぅぅって締めつけられるみてえになっちまってなぁ……」(安岡大吾さん・31歳・自営業)
飛田流『大吾、走る。』ダウンロード発売中。
22:23:57
 
10月1日
「読者を楽しませるには、作者自身が楽しんで書いてはいけない」
ってどっかで聴いたような気がするんだけど、どうなんだろう。
らぶび時代に書いたやつを今見直すと、未熟なりに勢い(だけ)は感じる。その後、しばらくの間書くのが楽しくなかった。無理に書いても勢いすら消失。自分が楽しんでこそ
23:08:04
[2014/10のツイートまとめ]の続きを読む


最近の記事