フリーで悪い?

2013年06月15日 23:40

 お忘れかもしれないが、というか、誰も興味のないことかもしれないが、僕はいまフリーである。「フリー」と言ってもいろいろあるが、この場合は「独り身」と書いて「フリー」である。
 主な原因としては、

 やはりこの性格

 が大きいだろうか。どうしてこうなったか説明すると長くなるのでしないけど。

 引っ込み思案的な性格も災い。あとなんというかねー、ちょっと気を抜くと

 ただの頭のおかしい人

 になってしまうんで、なかなか他の人に絡めないのですよ。
 たまに勇気出してちょっかい出したら、昼メロレベルのぐっちょんぐっちょん愛憎劇発生。

 以前からこのことは書いてるので知ってる人は知ってるでしょうけど。


 六月に入って、NHKEテレ『ハートネットTV』で、LGBT特集やってるでしょう?
 それが気になりだしたきっかけ。

 老後のこととか、みんな当然気にはしてるらしいことは知ってたけど、「長生きしたくない」って人が多いことに衝撃を受けた。

 少なくとも、結婚はできないので、老後は子供を当てには出来ない。
 さらにパートナーもいないので、一人でなんとかしないといけない。

 番組では、LGBTのシェアハウスを扱っていたけど、まだまだ都会の話というか、全国的に普及はしてない。都会の人たちは、LGBTのシェアハウスにしてもNPO団体にしてもそれに接する機会が多いのだけど、地方の人たちにはそれが(少)ない、ってのも問題。

 そうそう、「LGBTのシェアハウス」って言えば、三年前、僕ツイッターでこんなこと書いてたっけ。


現在NHKで「無縁死」の続編番組を放送中。相変わらず独身者にはお先まっっっ暗な内容。(涙)

もうさ、みんなで集まって住もうっ。各都道府県に新宿二丁目みたいな村作って。そんで、学生寮みたく(notハッ●ン場)楽しく暮らすの……。

誰が金を出すのとか、そーゆーことを言ってはいけない。



 当時とおんなじことで落ち込んでるね……。

 なんていうのかな、モテない人、社交的でない人でも、LGBTが安心して老後を迎えられる社会が理想だとは思う。
 ただ、それに向けてどーやって一個人が行動していけばいいのか、ってのが課題ですな。


 うーむ。

 まとまりもなく、なんか勢いだけで書いてしまったけど、とりあえず結論は


 非モテにも優しい社会を


 ってことで。

 ちなみに

 パートナーが欲しい

 とは書かない。
 ぐっちょんぐっちょんにするのは目に見えているので。


【広告】
飛田流小説集(デジケットコム) http://bit.ly/bVN66K 
※『大吾、走る。』から『木曜日の男』まで現在七作品販売中!



最近の記事