スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬときに後悔しないこと3

2009年12月31日 16:12

 大晦日。
 みなさんはどのようにお過ごしでしょうか。
 帰省中の方・お仕事中の方はお疲れ様です。もしかしたら、冬コミに参戦している人もおられるかもしれませんね。
 気のせいか、ケータイからサイトにご訪問いただいている方が今日は特に多いような気が……。
 飛田流はいつものように、部屋に引きこもってなんか書いて い る で す。

 コミケにはいつか行ってみたいと思ってるのですが、お盆と年末開催ってのが田舎の人間にはネック。春とか秋に開催とはならないのかな……。


 掃除してたら、こんなものが出てきました。

 母子健康手帳


 僕の母子健康手帳です。
 イラストに歴史を感じますね。
 さすがにこの頃の僕は、そこそこ可愛らしく、そこそこ期待されていたようです。


 それがどこでこうなってしまったのやら……。




 ところで、こんな本を最近読んでみました。

 死ぬときに後悔すること25

 1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた 死ぬときに後悔すること25

 以前テレビでも取り上げられていたので、ご存知の方も多いかもしれません。
 内容はタイトル通りで、「1000人の患者の死を看取った」という緩和医療医の著書です。

「健康を大切にしなかったこと」「自分のやりたいことをやらなかったこと」など大半はうなずけるものばかりでしたが、「……え?」と思った章がありました。
 それが以下の3つ。

19 結婚をしなかったこと
20 子供を育てなかったこと
21 子供を結婚させなかったこと


 要するに、死を目の前にして、「結婚をしておけばよかった」「子供がいればよかった」という人はいるけども、その逆を言う人はいない、というのが著者の論拠のようです。
 21に至っては、「子供が親に依存しきっているために親離れできないのだ。まずは子供を独り立ちさせるべきだ」、というやや論点がずれた、なおかつ強固な「ノンケ論理」で話が進められています。

 このブログでも、「『未婚=孤独・不幸・親不孝』っていう考え方はもうやめようよ」と何度か言ってるのですが、まだまだその考え方は世間では根強いようですね。
 みなさんの中でも、親や親戚のおっちゃん・おばちゃんあたりに婚期が遅い(おそらく永久に来ない)ことを説教された方もいるかもしれません。
 この「説教ドノンケ」(失礼)が手ごわいのは、世間を味方につけた上で、誰彼かまわず「結婚幸せ子育て幸せ」と強行に自論を押し通そうとする点でしょうか。

「人それぞれの生き方があるんだから」

 と反論したところで、我がまま扱いされるのがオチでしょう。

 ↑の19~21までそもそもできない人間は、上記の三つを後悔しない(させない)生き方をする必要があるのでしょうが、それがとても難しいことも事実です。



 で、僕の場合ですが。


 以下、来年に続く。


 良いお年を。

「もう、知らんっ!!」

2009年12月30日 16:28

 もう少し発表を先延ばしにしようかなと思ったけど。
 唐突に、今言いたくなったので。


 奴が(ちょっとだけ)帰ってくる、かも。


「奴」って誰?
 このサイト(飛田の個人サイト)で「奴」と言えば「奴」。
 体育のセンセじゃございませんですよ。

 でも、まだ書き掛けなので、登場まではまだもうちょっと時間掛かりそう。
 そして、どうやら「奴」は……。



 というわけで、鋭意執筆中。


 あくまで、「ちょっとだけ」、ね。

飛田流の「今年の一字」

2009年12月29日 14:30

 というわけでございまして。
 旅行記には、みなさん特に興味がない、と……。

 えーと、これは、


(旅行記なんてどーでもいいからさっさと小説の続きを書かんかいっ!!)


 っていうことなんですかね。
 はい、がんばります……。(小声)


 とは言え、旅行記は旅行記でご覧になりたい方も二名いらっしゃいますので、空き時間に書き溜めておいて、そのうちこっそりと発表したいと思います。


 こ っ そ り と 。



 さて、早いもので今年も今日を含めてあと三日。
 みなさんにとって2009年はどんな年だったでしょうか。

 僕にとっては……うーん、「我慢の年」でしたかね。
 新作を書いたり、新しい活動をしたかったのですが、「ゲーム(シナリオ)縛り」のため、ほとんど時間が取れず。



 あっ!!!



 というマラ間に(絶妙ミスタイプ)一年が経ってしまったような気がします。


 で。


 制作発表から一年経ってもゲームがまだ出ていないという事実。やはりこれは壮大なドッキリなのではないだろうか。

 とにかく来年まで「忍」の一字です。

めりくり'09

2009年12月25日 22:52

 今日は贅沢をする日でもヤリまくる日でもないっ。

 ケーキなんていつ食べたっていいんだっ。

 つーか日本人の大半は仏教の墓に入るんだろうがっ。

 あの全身赤ずくめのひげデブパパなんかいないっ。

 少なくとも僕の家には、生まれてこの方来てくれたことがないっ。





 で。



 また今年も独り。



 泣いてなんか、ないっ。
 泣いて、なんか……。



 っていうか。



 この記事↓の反応の無さにむしろ泣けてくる……。(22時現在、拍手数2

きっと君は 来 な い……

2009年12月24日 16:25

 はいっ。
 というわけでございましてぇっ。(バラエティー番組MC風)

 先日の旅行ですが。


  リアルシーサーさー



 沖縄に行ってきました。
 以上。





 って。
 やっぱ旅行記とか書いたほうがいいんですかね。

 ご覧になりたい方はコメントor拍手ボタンポチで。ほどほど数が集まれば検討してみます。(あくまで検討。そして、さほど面白い内容にはならないことは保証します。苦笑)
 でも、その場合、前回同様ブログの更新頻度が減ってしまうだろうけど、それでよろしければ。



 ところで。
 今日はクリ●●スがなんとかっていう日らしいですわよ、奥様。(←伏字はあえて二つ)

なんだか……ぼく、もうねむいんだ

2009年12月22日 21:50

 機上の夕暮れ


 結局



 旅行中も毎日ブログ更新。

空はやっぱり青いほうがいいね。

2009年12月21日 22:34

 旅先の空

 旅先の空。
 こんなに澄んだ青空を見るのは久しぶり。
 あまりにも天気が良すぎて、もうすぐクリスマスだってことに実感がない。



 毎年そうだけどなっ!!(涙)



 心洗われてホテルに戻ってニュースを見ると、我が故郷が豪雪で大変なことになっていることを知る。明日からは少し寒気も緩むそうだけど。
 家族にちょっとだけ申し訳ない気持ちになる。
 

 でも。
 迷ったときはとりあえず楽しんでおこう。
 これからどれだけ楽しいことがあるかわからないし。

 すべては帰ってからのこと。

 そういう 気がするの…(しつこい)

着いたよ。

2009年12月20日 19:58

 いまホテルだよ

 と、アイドルのブログ風に書いたところで。



 誰も特に興味ないだろうけど。



 てなわけで、愛機のモバイルパソコンからブログ更新。
 フツーはこういう場合、ケータイから更新するんだろうけど、
 僕のケータイは、



 プリペイドケータイですから。(ネットに接続できない)




 明日から、本格的に観光開始。
 当地は雪がないのがなによりです。

 基本ノープランだけど。


 あ、今日M-1だ。見なきゃね。
(8時前現在、笑い飯の点数がすごいことになってる……。そして、NON STYLEの敗者復活に仰天)

雪すげぇ。

2009年12月19日 16:13

 雪すげぇ。

 雪に埋もれた街

 おとといから降り始めた雪が、あっと言う間に豪雪。

 雪にうもれた室外機

 うちの部屋のエアコンの室外機。(カバー掛けてある)
 当然エアコンの暖房は使えません。

 で、いま使ってるのが。

 唯一の暖房

 TOREPOKA

 TOREPOKA

 つまり、小型ファンヒーター。

 なんでこれ使ってるかって言うと、

・電気なので待たずにすぐ温風が出る&空気が汚れない
・部屋が狭いので、パワー的にもまあまあ充分
・温度サーモ付きで、室温が大体の設定温度を越えると自動で電源が切れ、寒くなるとまた付くので安心&経済的


 というところが気に入っているから。

 ただ、気になる点は、「ブォー」とファンの回転音が常時出るところと、温風温度自体の切り替えスイッチはないところ(常に同じ熱さ)。
 なので、無音でないと駄目な人・極寒の土地に住んでいる人にはちょっとお勧めできません。
 僕の場合は、その点あまり気にならないので、愛用しています。


 (イ)レ ポ カ を。


 ま、このネーミングだけはどうにもなりませんが……。

  




 明日、イク予定。
 しばらくは雪ともお別れ。


 だといいな。

それじゃ俺もそろそろイクぜぇ……んっ……んはぁ、んん…ふんっ、ふんっ! ……よ、ぉぉぉしっ、俺のぶってぇのからくっせぇ(略)

2009年12月18日 20:21

 年も押し迫ったこの時期。
 体にまとわりついたいろいろなしがらみを断ち切るために。

 飛田流、逃亡します。


 …………ぁ……。

 なんか、みなさんの視線が怖い……。




 実は




 旅行。




 あ、あのぉ、実は、前回同様例のアレで、十月には飛行機を予約してたんですけど。
 そのころは「今頃(年末)はもうゲームは発売されてるだろうなぁ」と思ってたの。
 ところが、ゲームの発売(予定)時期が来年にずれ込んじゃったの。
 でも、旅行の時期は動かせないの。
 あぁ……(悩)。





 というわけで。
 申し訳ありませんが、来週ちょっくら行ってきます。

 で、今回旅行記はどうしましょうね。
 前回7月の関西編はそんなに反響なかったし。(反響ないのはいつものことですが)
 んー、じゃあ、「旅行に行ってきました」という報告だけで。
 行き先については、帰ってきてからお知らせします。


 ではでは。

まだこんな感じ

2009年12月17日 20:08

 ワンセグケータイに録画していた、先週の『アメトーーク』を見る。
 この回のテーマは「口軽い芸人」。確かサバンナ高橋の持ち込み企画だったんですよね。
 ちっちゃいゴシップから爆弾発言まで飛び出し、スタジオは大いに盛り上がります。

 だが、しかし。
 一瞬だけ、スタジオがシーンとなったのが、このゴシップ。

「りあるキッズ安田はゲイ」

 凍りついたスタジオの雰囲気を察した宮迫さんが、あわてて「本人も公表している」とフォローを入れていました。(※ウィキペディアによると、正確にはバイセクシャルだそうです)

 この手のゴシップに対する世間の反応は、「ギャー」でもなく「えー」でもなく、まだこんな感じなんですね。
 ショッキングというか、腫れ物に触る感じというか。



 これまで、ゲイをカミングアウトしたタレントは、KABA.ちゃんや前田健さん(エアあやや)、坂本ちゃんなど、いわゆるオネエ系の芸風が中心だったのですが(レイザーラモンHGはあくまでハードゲイネタなので除外)、確かりあるキッズの安田さんはそういった感じ(オネエ系)ではなかったように思います。
 とは言え、カミングアウトしてからの安田さんはゲイネタが増えてきたようですが。

 こういったオネエ系でもない、ハードゲイでもない、普通のゲイタレントがもっと出てきて、いつしか「ゲイであること」が「疑惑」でも「ゴシップ」でもない世の中になればいいですね。



 で、締めに飛田流のゴシップなど。







 飛田流は。








 二度痴漢に遭ったことがある。(そのうちブログで書くかも。←そのまま忘れるかも

ひさびさの平松さん

2009年12月15日 11:18

 今回も読者置いてけぼりシリーズです。
 いつにも増して(趣味的に)暴走しているので、記事の後半を隠してみる。
 恥ずかしいから見ないでね。


 いや、ネタ振りではなく。
[ひさびさの平松さん]の続きを読む

星の代わりに雪が降ってきた。

2009年12月14日 20:40

 雪の積もる道路

 以上。(涙)

馬並み王子様

2009年12月13日 09:06

 今日、とあるブログで見つけた一文。

 女の子は、(中略)白馬の王子様に憧れるのです。

 一見なんてことない文章。だけど、なんとなく違和感。
 あ、女子が「王子様に憧れる」こと自体には、何の反論もないのです。
 ただ、よく考えてみると……。


 白馬(の王子様)に憧れる


 わけではないですよね。
 正しくは、


 白馬に乗った王子様に憧れる


 ではないかと。



 仮に、馬と付き合っても。
 はいりませんから(汗)。

 もしくは、裂(以下自粛)。

晴れたらいいね。

2009年12月11日 23:07

 今年は最良の観測条件~「ふたご座流星群」特設サイトがオープン

 毎年、1時間あたり20~30個の流星が見られるということで知られる「ふたご座流星群」。今年は、12月5日~12月18日頃が出現期間で、14日の昼間にピークを迎える。さらに今年は、月が新月に近く月明かりが少ないことに加え、午前4時半頃にならないと月が昇ってこないため、最良の観測条件となるという。
(ヤフーニュースサイトより)

 今年最後の流星群。
 寒いし、外に出るのは不精な僕にはちょっときついかなー。

 で、当日の天気予報は


 曇りもしくは雪。


 微妙。


 ちなみに、来週の後半も雪が続くらしい。
 できれば晴れてほしいんだけどなぁ。


 え、その理由ですか?


 えーと。




 そのうち書くかも。(ゲームのアレとは一切関係ございませんので、念のため)

都市伝説的な

2009年12月10日 13:32

 近頃、ノンケ兄さんの間で、こんな遊びが流行っている(?)という……。




「『体育教師極』でググって、サイトを見た感想をコメントに書き込んで!」



 で、そのブログのコメント欄を開いてみると、そこには……(汗)。



 というわけで、ノンケ兄さんもはじめまして。
『体育教師極』シナリオ担当の飛田流です。
 普段はガチホモエロ小説も書いちゃったりしております。


 もしよろしければ、こちらもどうぞごらんくださいね。
「安岡大吾」という(こっちの世界的には)超イケメンが、あなたをお待ちしております。


 そして、リンク先のページを見た日の夜。
 亘武タンと大吾タンがあなたの夢枕に勃って立って、二人がかりであんなことやこんなことをしてくれるでしょう……。



 エコエコア●ラク……(古)。

独身だってぇ、いいじゃないっ。

2009年12月07日 15:36

 磯野貴理が離婚会見 「離婚届けは2人で」
(ヤフーニュースサイトより)

 結婚も電撃発表だったのですが、離婚もまた電撃発表だったところが彼女らしいのかもしれません。

 離婚会見に集まった芸能リポーターはおそらく親切心からなのでしょう、磯野さん(と書くとなんかサ●エさんみたいですが)にさっそく「再婚の勧め」をしていました。しかし、「この年で結婚はもうできないでしょう」と何かを諦めたように答える磯野さん。
 会見で彼女の口から出た「(結婚生活が)儚い」という言葉に、「結婚ができない」人間としても、その難しさを感じました。

 僕は特別磯野さんのファンと言うわけではありませんが、ある一点において、数年前まで彼女に共感を持っていました。
 すなわちそれは、

 独身時代が長かった

 ということ。
 ゲイの人はみんなそうなのか、それとも自分だけなのかはわかりませんが、僕は独り身が長い女性タレントになぜかシンパシーを感じてしまいます。
 とは言っても井森・森口・ワッコさん(島崎和歌子)など、アイドル出身の独身アラフォーは除きます。なんだかんだ言ってみんな美人だし。

 僕がシンパシーを抱くのは、ミツウラとか、森三中黒沢さんとか、あの辺りの、「本気で男っ気がなさそうな人」たち。(あくまでテレビからのイメージ。念のため)
 結婚前の磯野さんも「モテないキャラ」を売りにしていたし、僕もそれを完全に信じていたので、6年前彼女が結婚発表をした時、「貴理子(当時)にはずっと独身でいてほしかったなぁ……」と正直思ったものでした。
 おそらく、モテない自分を彼女たちに重ね合わせているのかな。

「世間様」にも、そろそろ「結婚=幸せ」が必ずしも正しくないこと、また、したくてもできない人間がいることに気づいていただきたいところです。
 いや、うすうす気づいてはいるんだろうけど、それを口に出すことにためらいがまだあるのでしょうか。


 そ れ は と も か く 。


 いま飛田がシングル仲間(?)として、もっともシンパシーを抱いているのが久本雅美姐さん。
 マチャミ姐さんにはこれからもずっと独身でいてほしい、というのは、もちろん僕の勝手な押し付けではあるわけですが……。


 ところでマチャミ姐さんと 言 え ば 。


 こんな商品が某アマゾンのアダルトショップで売られていました。


 久々の無法痴態地帯。

『一枚上手』・再々修正

2009年12月06日 16:29

 こんにちは、飛田流です。

 さて、拙作『一枚上手』ですが、またまたどうしても一箇所直したいところが出てきました……。
 勇一の歓迎会の後、酔った『課長』の谷越が勇一に抱きついたのを、同僚の川名が見咎(とが)めるシーンなのですが……。

「田上、おまえ部長に抱きつかれてなかったかあ」

 はい、『課長』が『部長』になっておりました……。
 作者の単純なミスです。申し訳ありません。

 というわけで、以下のように修正し、差し替えいたしました。

「田上、おまえいまボスに抱きつかれてなかったかあ」

 直しついでに、「いま」を追加。


 もう、本当にお恥ずかしい……(陳謝)。

 同人ダウンロードショップからお買い求めの方で、メンバー登録なさっている方は、再ダウンロードしていただければ幸いです。(さっき差し替え依頼をしたので、明日以降に)
 そうでない方で、修正済みの作品をご希望の方は、ReadMeファイル掲載の「ご購入者識別コード」をご記入の上、左のメールフォームで飛田までご連絡くださいませ。


 お手数をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 飛田流

Twitter風・3

2009年12月04日 11:27

『よつ●と!』を

 つい最近まで








『よつ鳩!』


 と思っていた件。

それから。

2009年12月02日 09:33

 昨日から12月。早いですねー。
 ついこないだまで桜が咲いていたような気が……(笑)。

 で、ブログのテンプレも神秘的な星空に変えてみました。
 結局流星群が観られなかったので、せめて気分だけでも、ということで。



 さて。

 LoveBがまだ更新していたころ(汗)、僕は他の作家さんとほとんど交流がありませんでした。仕事上二、三通メールを交わした方もいらっしゃいますが。
 基本的に僕、人間として度量が小さいので、そーいった人付き合いが苦手……。

 一昔前なら、そのまま消息不明になるところですが。
 現在はネットというものがあるので、ご自分がサイトさえ持っていればドコに行こうとナニをしようと丸わかり。
 もちろん現在も活躍していらっしゃる方もいらっしゃいますし、新しい分野にチャレンジしている方もいらっしゃいます。
 僕はまさかまさかのBLに転びかけているわけですが。

 どの方とも直接の面識はありませんが、あの時同じサイトで活動していた作家さんは、個人的にはみな「同士(でライバル)」だと思っています。
 そして、なんとなく「同世代」な雰囲気も……(汗)。

 自分も含めて、もうけっして「若い」とは言えない世代なので、「まだだ……まだ勝負は終わってねぇぜぇぇぇぇぇぇっ!!!!」なんて、ジャ●プみたいなことは言えませんが。
 僕を除いた作家さんには、それぞれファンがいらっしゃると思うので、なんらかの形で創作活動は続けていただけたらな、と思う次第。


 やっぱまだ、「終わって」ないし、書きたいし。
 少なくとも自分は、ね。

続・Twitter風

2009年12月01日 21:15

 ちょっと前のNHK教育番組のおねーさんはなんで





 やあ!





 ってテレビの前のみんなに呼び掛けてたの?


 あと、


 数字のゼロをかたくなに「零(れい)」と発音する件とか。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。