スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ ら ゆ る 意 味 で

2009年09月30日 13:25

 というわけで。


 ドン。


Cool-B 2009年11月号(VOL.28)
発売日:2009年10月3日 (土曜日) ※いつもより一日前。
定価:980円 (本体933円)


・『体育教師 極』エフジー
教師と学生のドSな肉体関係の中に咲く、1輪の純愛……。
あらゆる意味で話題沸騰のムサ萌えゲー続報!


 ……。


 あ ら ゆ る 意 味 で 。


 ま、まあ、「話題沸騰」なのはいいことですが、はい。


 さて、今回の特集は紹介文にもあるように純愛ルートの一場面ですが、中でもいちばん大きく扱ってくださっているのは、僕もかなり好きなシーンのうちのひとつです。(ただし、そのシーンについてのCool-Bさんの解釈が合ってるかどうかは……??)
 いつものように、飛田のシナリオもちょこっと載ってます。あと、見崎のアレなシーンも。

 さて、腐女子のみなさまには、今度こそwktk(←覚えたて)してもらえるだろうか……。

今回はあまり触れないようにしていたのですが

2009年09月29日 16:51

 検索キーワードより

 本日のサイトのアクセス解析画面より。(↑のキーワード検索でウチのサイトにたどり着いた)

 すみません。
 ここは、ビッグダディによこしまな思いを抱いている者のサイトでして……(汗)。

疑問

2009年09月28日 19:44

 ●●シーンのまだ続き。


 エロゲーのシナリオに、


 税金対策


 という言葉を使うのは、どんなもんだろう。

 変えたけど。

どたんば軌道修正

2009年09月27日 20:02

 さらに続き。

 抜けていた●●シーンを執筆中、さらに別の●●シーンが抜けていることに気づく。

(額に手を当てて)ああ……。

「これ」があるのとないのとでは、ストーリー全体に大きく影響が出るものと思われる。
 たとえるなら、『20世●少年 最終章』のラスト10分が手違いで抜け落ちていたような……。(あ、ストーリーはぜんぜん違います。言うまでもなく)

 あわてて軌道修正。


 最後まで気が抜けない……。(オチをつける余裕もない。苦笑)


●追伸
『大吾、走る。』を800円でご購入いただいた方向けの特典ページは、今月30日をもって閉鎖予定です。

追いつめられて花が咲く

2009年09月25日 12:12

 昨日の続き。

 ●●シーンを急遽書くために、あーだこーだと担当の方とメールでやり取りをする。

 僕が出した意見を元に、担当の方から提案されたあらすじ。
 うーん、悪くはないけど、ちょっと説明的かなぁ……。
 てなことをレス。

 数十分後に返ってきた返事。


 わかりました。
 みなさんをあっと驚かすアイデアを待ってます。



 プ、プレッシャー……(大汗)。

 ぅぅ……アタイも男だ(?)、売られたこのケンカ、買ってやろうじゃないのさっ!!(別にケンカではない)

 ちゅうことで、頭をひねくりながら、みなさんがあっと驚く(かどうかは不明)アイデアを考え中。


 発売までもう少しもう少しと言い続けて、早●か月。
 本当に、もう少し……かも(推定)。

 とにかく最後まで頑張ります。

最後の最後で

2009年09月24日 16:23

 ●●シーンがいつの間にか抜けていたことが判明。

(天を仰いで)ああ……。


 でも、リミットぎりぎりまで書くよアタイ。
 アタイが書かなきゃこのゲームは完成しないんだからさ。(80年代大映ドラマ風←知っている人は少ないでしょうが)


 てなわけで、最後の最後まで急展開。(シナリオもその担当も?)

「まだ」は「まだ」なんですが(汗)

2009年09月22日 11:15

 世間じゃあ……シルバーなんとかちゅうのが流行ってるらしいがのぉ……。
 朝から晩まで部屋でキーボードパコパコ打ってるあっしにゃぁ、いっせえ関わりのねぇことで……。


 てなわけで、みなさんは連休を楽しまれているでしょうか。

 もうすっかり秋ですね。



 秋ですね。(これ以上は私の口からは……。汗)




 それで、あの、すっごくお待たせしている例のアレですが。

 もう少ししたら、「ちょっと」いいお知らせができるかも。

 飛田流ドキドキっ





 はい、これやったの4か月前ですね
 そして、「まだ」は「まだ」なんですが(汗)。

 お待たせして本当に申し訳ありません……。

トラウマスポンサー

2009年09月19日 14:44

 突然ですが、大半のテレビ番組(NHKは除く)にはスポンサーがついていますね。よって、番組の最初と最後には、たいていこのようなシーンが挟まれます。

「この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします(しました)」

 最近でこそ、このスポンサー読みをアニメの主人公やタレントがしたり、バックに流れる映像も番組の一部として違和感なく流れています。
 ですが、十数年前までこのスポンサー部分は、ブルーバックにアナウンサーが淡々とスポンサー名を読むという、かなり簡素な感じでした。

    BLからガチホモまで(笑)。

 まあ、こんな感じの(笑)。


 で、これは、飛田流が子供のころ、実際に見た話なのですが。

 小学校低学年ぐらいのころでしょうか。僕は家で子供向け特撮ヒーロードラマの再放送を楽しく見ていました。
 そして番組が終わり、最後に渋い低音の男性アナウンサーが、スポンサー名を読み上げました。
 こんな感じで。

「この番組は、よい子にしか番組を見せない、おもちゃの●●の提供でお送りしました」


飛田「…………(ゾクゾクッ)」

 番組の余韻を一瞬で吹き飛ばすその一言に、当時の飛田は恐怖のズンドコに叩き落されたのでした。

 当時は、まだビデオが家になかったので(あったとしても操作方法がわからないでしょうけど)、証拠になるものは何もないのですが……。
 でも、常識的に言って、こんなスポンサー読みってありえないですし、ひょっとして白日夢だったんでしょうか……。

 それからもう、何十年も経ちますが、いまだに時々このときの恐怖を思い出します。
 きっとこの時のトラウマが原因で、僕は「この道」へと進んだのでしょう。


 ……か?

全敗バトン(涙)

2009年09月17日 13:26

 みなさんご存知と思いますが、ネットの世界には「バトン」というものがありますよね。
 質問リストに答えていって、また次の人に回していくというチェーンメールみたいなシステムのやつ。

 で、先日、とあるサイトでとても気になるお題を扱ったバトンがありまして。
 まあ、内容は、AorB、どっちが好きかを問う単純なものなのですが、その中に……。


《ゲーム編》

体育教師 極or純情ロマ●チカ~恋のどきどき大作戦~



 ………………(大汗)。

 あ、あのぅ、同じBLでも、ジャンルが違い、す……ぎ……。


 で、まあ、次に気になるのは、体育教師と純ロマ、どちらの好感度が高いか、なのですが。
 バトンに回答されているサイトを拝見すると……。








 体育教師全敗。








 orz








 しかも「純ロマ」を選んだ方以外は、すべて「知らん」「わからない」という答え……。(両方、なんですかね??)








        orz
         








 い、いや、これはきっとまだゲームが出てないからであって、『体育教師極』が販売されれば、もう少し結果も変わるはず。
 だって、だって……このゲームは、本当に……。





 以下自粛。(すみません、いろんな事情がありまして……)





 っていうか。
 このバトンを作成した方、10代前半とのこと(汗)。


(お子様は見ちゃ)ダメ、ゼッタイ!




 シナリオ担当・飛田流からのお願い。

『体育教師極』は18歳になってから。

大吾と勇一にやってほしかったこと

2009年09月15日 16:15

 拙作『一枚上手』を販売開始してから二週間。
 売り上げは……相変わらずぼちぼち。
 悪いと言うわけではありませんが、いいというわけでもなく。
 やっぱり個人での小説販売って難しいですね……。


 とりあえず、恒例の「一人反省会」をば。


 何度かここでも言ってるように、この『勇一・大吾シリーズ』はエロシーンは少なめです。
 しかし、やはりエロが少ないと、なかなか読者に振り向いてもらえないなぁ、というのが正直なところ。
 飛田の作品で言えば、デジケットではそうでもないんですが、それ以外のダウンロードショップでは、『大吾、走る。』よりも『闇の荷物』の売り上げのほうが明らかに多いですし。
 まして、『一枚上手』の場合、勇一の性格同様地味な出だしで、さらにエッチシーンまで到達するのに、かなりの枚数がかかっています。

 それでも、『勇一・大吾シリーズ』(今後も続けば、の話ですが)は、基本的にはこんな感じ(エロ少なめorエロなし)でストーリーが続いていくと思います。
 ぶっちゃけ、売り上げ的には厳しいものがありますが……。


 ちょっと話は変わりますが。

 ゲイ雑誌に掲載されている小説の多くはエロ小説ですよね。もちろん、等身大のゲイが登場する話もなくはないんですけど、登場人物のほとんどがゲイだったり、舞台もゲイバーなどゲイコミュニティ(誰もゲイを否定しない空間)の中、というのが多いような気がします。
 一方、一般誌の小説でゲイが登場する場合、「社会に残る差別と戦い、苦しんでいるゲイ」か「(お笑い要員としての)オネエ系ゲイ」が多いような気がします。いずれも、あくまで飛田個人の分類ですが。

 この『勇一・大吾シリーズ』は、そのどれにも属さない話です。
 エロが特別多いわけでもなく(むしろ少なめ)、かと言って勇一にしても大吾にしてもゲイとして直接的な差別を受けているわけでも、オネエ系の言葉遣い・仕草をしているわけでもありません。
 自らのセクシュアリティーを他者にさらけ出すわけでもなく、適当なところで社会に折り合いを付け、日常も性的な生活もそれなりに楽しみつつも、どこかで不安を感じつつ生きています。
 僕自身もそうなんですけど、そういうゲイの方はけっして少なくないような気もします。
 BLゲームのシナリオを書いている僕が言うのもなんですけど、そのような「普通のゲイ」を主人公にした小説を書いてみたいって思ったんですね。
 大吾にも勇一にも、現実世界の中で生きていってほしいというか。

 そして、作者としては、作中の勇一のように、ゲイとして生きることに少し疲れている人、あるいは悩んでいる人に読んでいただけるような話にしたいなぁ、と思っています。そういうジャンルのゲイ小説が、まだ少ないように思えるので。


 とは言え、僕自身エロい話も嫌いじゃないし、あまりに作品が売れないとアレでナニになってしまうので、その手の話もまたそのうち書いてみたいと思います。
 というわけで、たとえば、中森明菜の初期のレコード(当時はCDじゃなかった。汗)リリースのように、しっとり系→ツッパリ系→しっとり系→ツッパリ系→……のように交互に作品を出していこうかと。(って、「ツッパリ」って死語でしたっけ??)


 まずはそろそろゲームのほうもナニがアレな感じらしい(あくまで伝聞&あとちょっと詰めのナニの時間がかかるらしいかも)ので、エロバージョンの飛田流のシナリオもそのうち見ていただければ幸いです。


 もう、どっぷりと秋の気配が漂っていますが(大汗)。

THX FIVE HANDRED CLAPINGS!

2009年09月13日 13:34

 Thanks!
  (昨日のブログ管理画面より)

 というわけで、昨日、ブログ拍手の回数が500回に達しました。
 本当にありがとうございます。

 って、もっと人気のあるサイトなら1000回とか100000回とか10000000回とか余裕で突破してるのかもしれないけど(汗)。
 でも、自分的には500回なんて天文学的数字ですよ、はい。

 あ、ちなみに自演(自分でポチッ)ではないです。
 自演するなら、一記事につき10回から20回は押さないと「賑わい」が演出できませんし。
 このとても静かなブログで、それは不自然というもの(苦笑)。


 記念で何かするというわけではありませんが、なんとなく始めたブログなのにこんなに拍手をいただいて、すごくうれしかったことはここに記しておきたいと思います。

 みなさんの一押し一押しに、感謝。
 あらためて、ありがとうございます。

 これからもがんばって更新を続け……るかどうかは、不明だけど(汗)。

見れば見るほどお前はいやらしい形をしてるよなぁ

2009年09月10日 14:10

 この角度が……

 ノーコメントで。

お腹が空いたから

2009年09月08日 23:10

 人間は物を食べる。食べなければ死んでしまうので。
 僕が小説を書いてるのも、そんな感じなのかな。

 結婚とか、子育てとか、家族が増えるとか、そういう「人並みの幸せ」と一切関係のない。
 あまり代わり映えのしない日常の中で、勇一や大吾とともに悩んだり、突っ走ったりしてると、彼らの人生を追体験できて、「生きてる」って実感するんですね。
(主にエロを求める)読者様が読んで、面白いかはまた別ですが(汗)。

 でも、それを書かないとどうやら「生きていられない」ようなので。
 今日も、僕は何か書いているのです。

ありがとう。

2009年09月07日 14:28

『一枚上手』の販売が開始されてから、もうすぐ一週間。
 売り上げは……まあぼちぼちですかね。
 特典ページで全文公開した『閉ざされた闇の中で』を除けば、これまででいちばん出足は鈍いです。
 ただ、飛田の作品の場合、販売時期から時間が経ってもぽつぽつと買っていただける方がいらっしゃるので、焦らずにいこうかな、と。

 で、話は変わるようなそうでもないような、なんですが。
 ネットショップではよく、「この商品をご購入された方は、こちらの商品もご購入されています」という商品リストが掲載されてますよね。
 デジケットの場合もまた、そんな感じのリストが作品ごとに掲載されています。

 で、拙作『一枚上手』の場合は――。

 ありがとう。

 そうそうたる人気作品の中に、地味な文字バナーが一つ。
 僕の前作『闇の荷物』ですね。
 つまり、一年以上前に出した『闇の荷物』を買ってくださった方が、今回も買ってくださった、ということでしょうか。
 内容もエロ度もまるで違うのに、飛田の作品だから、ということで両方ともご購入いただいたのなら、作者としてこれほどうれしいことはありません。(ま、まあ……偶然かもしれないけど。汗)

 まだまだ未熟な部分が数多い小説&シナリオ書きですが、これからも精進を続けていきたいと思います。

 本当に、どうもありがとうございました。

僕の新しい「相方」を紹介します。

2009年09月06日 13:35

 僕がプリペイド難民になって半月。
 先日、ソフトバンクのケータイショップから「お客様がご予約になったプリペイドケータイが入荷しました」という連絡がありました。
 で、その翌日、ソフトバンクのショップに寄る前に、まずはauのショップに行って、番号ポータビリティ(同じケータイ番号で会社乗り換え)の手続きを。(これってまるで別れ話を切り出すみたいで、なんか都合悪いよね……)

 そして、そこで発行された用紙を手に、いざ、ソフトバンクのショップへ。

飛田「あの、先日ワンセグのプリモバイルを予約した飛田ですが」
ショップのお姉さんA「あっ、少々お待ちください」

 しかし、それから5分経っても放置されたまま。

飛田(どうしたのかな……)

 不審に思い始めたとき、奥から別のお姉さん登場。

ショップのお姉さんB「すみません、こちらの手違いでまだお客様のケータイが入荷していないのですが……」
飛田(……!!)

 ままま、まじっすか……。

飛田「でも、先ほど番号ポータビリティの料金をお支払いしてきたのですが……」
ショップのお姉さんB「あっ、お客様プリペイドでしたっけ……(注・通常契約の場合は手数料は後払いだが、プリペイドの場合は乗り換え前のケータイ会社に前払い。詳しくはこちら)」

 少々お待ちください、とまたショップのお姉さん焦りながら、奥へ。

 僕は、わりとこんな感じのことが多い。
 自分のせいではないのだけど、いつの間にやらアレがナニになって、さらには更●停●になってるとか。(←ギリギリ発言。汗)

飛田(あー、じゃあ、また待たなくちゃいけないのかな……。でも、手数料の二重払いは勘弁してほしいなぁ)

 てなことを考えてると、どこかに電話していたお姉さんB、机の下からポンと何か出してきた。

 出てきたものは……

 ホワイトケータイ

 なーんだ、最初からあったんじゃーん。

お姉さんB「こちら、お客様より先にご予約された別のお客様にご用意した機種なんですが、まだ取りに来られないということで、お客様に販売してもいいと上の者から連絡が……」

 いいから早く売ってください。


 てなわけで、ケータイを新しくしました。

 持ってみるとちょっと重い

 ちなみにサム●ン製ですので、デフォルトの待ち受け画面は、太ったおじ(い)さまになっています。(嘘。わからない人はスルーしてください……)

 ワンセグ対応

 ワンセグ付きなので、さっそくテレビとか録画しまくってます(画面すっごくちっちゃいけどね)。
 で、空いた時間に、どこでもテレビが楽しめる、と。
 いやー、それにしても時代はどんどん変化してますなー。
 それに引き換え、僕は……。


 僕は、このままずっと変わらないんだろうな……。(強引にCM



 新しい「相方」

 今日から、君が僕の新しい「相方」です。
 これから、末永くよろしくね。

(本物の「相方」は、まだ……。涙)

護持習性(ごじしゅうせい)

2009年09月05日 13:01

 えー、申し訳ありません。
 先日発売いたしました『一枚上手』の中に一つ誤字がありましたので、差し替えいたしました。(体験版より少し後の部分です)

 × 「田上ちゃんの前で、俺をその名呼ぶなぁぁぁっ!!」
 ○ 「田上ちゃんの前で、俺をその名呼ぶなぁぁぁっ!!」

 可能な方は、同人ダウンロードショップから再ダウンロードしていただければ幸いです。(ぶっちゃけ現在のところ、ご購入いただいたのはデジケットさん経由の方のみ。汗)
 もし、事情で再ダウンロードできない方は、商品フォルダのreadmeファイルに記入されている、「ご購入者識別コード」をご記入の上、左のメールフォームからご連絡いただければ、対応させていただきます。

 それでは、よろしくお願いいたします。

●20時追記
 デジケットでは、差し替えが完了いたしました。

小説はいらんかいね

2009年09月03日 14:38

 同人ダウンロードショップ『サーパラマーケット』さんでも、『一枚上手』(700円)の販売が開始されました。委託手数料の関係で、デジケットさんより100円安いです。

 こちらは、クレジットカード払いの他にも、

・BitCashEx
・NetRideCash
・G-MONEY
・SURPARA POINT
・郵便振替
・銀行振込(ジャパンネット銀行/イーバンク銀行/みずほ銀行)
・コンビニ支払

 に対応しているそうです。
 よろしければ、晩夏(まだ秋と認めたくないらしい。謎)の読書のお供にでもいかがでしょうか。


●追記
 てな記事を書いてる間に、『大吾』と『一枚上手』を同時に買ってくださった方が……(涙)。
 本当に、ありがとうございました!(感謝)

デジ「まあ」ケット

2009年09月02日 16:30

 本日、デジ「マー」ケット支店にて、『一枚上手』(700円)の販売を開始いたしました。また、『大吾、走る。』と合わせて、1000円のセット販売もさせていただいております。

 ここはセルフのダウンロードショップみたいな感じで、登録したらすぐに販売が開始されます。
 なら、ここから最初に登録すればいいんじゃないの? とお思いでしょうが、最初は大手からっていうこだわりと、デジマーケットの場合、

・Windows以外のOSではこのシステムが利用できない。
・商品購入にクレジットカードが必要(成人向けコンテンツの場合)
・一回の決済につき手数料として20円が商品代金とは別にかかる。(一商品でも複数商品でも一回の決済につき20円)


 以上の「デメリット」があるんですね。
 ただ、委託手数料が安いのと、出したり入れたり(商品を)の自由度が高いので、商品価格も少しですが安くしております。
 久しぶりの登録操作で少し手間取りました……。
 万一、ダウンロードできないなど不都合がございましたら、ご連絡いただければ対応させていただきます。

 不慣れなことが多く、お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

ご愛読・ご購入御礼

2009年09月01日 20:38

 というわけで、拙作『一枚上手』の前半掲載が終わり、デジケットで作品の販売が開始されました。
 昨日(というか今日)の深夜二時というとんでもなく遅い時間の販売にもかかわらず、すでに数人の方にご購入いただいたようです。(朝四時ごろ目が醒めて確認したら、もうご購入いただいていた。汗)

 本当にありがとうございました。

 また、連載中は感想のコメントをいただいたり、毎回拍手ボタンを押していただいたり、お気遣いいただきありがとうございました。

 本当にうれしいです。


 たとえ売れなくとも。


 ま、まあ、率直に言ってちょっとエロが少なめなストーリーなので、作者自身売り上げはあまり期待していません。
 まして、ランキング入りなんて、夢のまた夢さ……。(第一作の『大吾、走る。』で16位に入ったきり



 ……はぁ。(勇一風。笑)



 で、他の同人ダウンロードショップでの販売はもう少しお待ちくださいね。(いずれにしても申請から少し時間がかかるので……)

 そして。

 エロてんこ盛りの! 『体育教師極』の発売も、もう少ぉぉぉし……(苦笑)。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。