スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらとお思いでしょうが。

2009年04月30日 15:53

CIMG2827.jpg

CIMG2703.jpg

CIMG2692.jpg

CIMG2980.jpg

CIMG2866.jpg

CIMG3127.jpg

 先日雪が降ったせい(おかげ?)で、桜がまだ咲いています。
 やっぱ、桜を見ると気分が上がりますね。


 ちなみに、最後の写真は、ジャケットに降ってきた桜の花びらです。


 明日から五月。
 ブログのテンプレもそろそろ変えよう。

グッとくるよな春が来た

2009年04月27日 15:31

 春が戻った。

 一夜にして、雪が消えました。

 というわけで、ブログのテンプレも元通りに。

雪!!!!

2009年04月26日 14:28

 そろそろ桜の写真でもアップしようかと思っていたら。

  四月の雪!!

 一面の大雪。
 合成写真じゃございません。

 五月の手前に雪が降るなんて、生まれて初めての経験ですよ……。
 

 というわけで。
 とりあえず、ブログのテンプレを冬バージョンに戻してみました。


 桜の写真はまた後日。

飛田流・心の叫び

2009年04月23日 16:29

 GWって何??

 今年のゴールデンウィークも、僕には休暇の予定はありません。 
 まあ、明日辺り、近くの桜ぐらいは見たいと思ってますが。

 ちなみに、次回の個人販売用小説『一枚上手(R)』の完成は五月以降になりそう。
 しばらく小説を書いていない間に、泣きたくなるほど文章が下手になっちまって、なかなかキーボードが進まず。
 なので、去年と同様、部屋の中で小説の執筆に勤(いそ)しみたいと思います。
 一日中

 みなさまは、楽しい連休をお過ごしくださいね。

 ……あ。

 お酒の飲みすぎにはくれぐれも気をつけて……。

あまりに衝撃的だったので・2

2009年04月21日 16:45

 うちのカレンダーにあったメモ。



  衝撃。

 白円ショップ
 メガメくせり




 
 …………。


 えーと。

 おそらく、百円ショップでメガネチェーンを購入するってことなんでしょうか。

 これだけ短いセンテンスにもかかわらず、

 なぜ

 メ ガ メ く せ り 。



 誰が書いたのかは、本人の名誉のために伏せておきますね……。

もう、そろそろかな。

2009年04月19日 15:02

 花見をすでに終えた、日本の半数以上のみなさん、こんにちは。

 もう、そろそろかな。

「僕たち」は、これから桜を楽しみます。

 雨、降らないといいなぁ。

あくまで取材用

2009年04月18日 15:09

 僕は基本的にゲイ向けの(エロ)小説を書いている人です。
 ですので、作品の中にはエッチなシチュエーションがよく出てきます。

 で、「取材用」に購入したのが。

 職人ゼリー1

  ん?

 職人ゼリー2

 ゼリー。(食べるやつじゃないほう。笑)

 でも、

 職人ゼリー3

「この道13年の職人ゼリー」

「この道13年」ってアピールポイントとしてはちょっと中途半端な長さではなかろうかと。

 ただ、

 職人ゼリー4

「男と女。女と女。男と男。」

 ここらへんが「わかってるじゃん」、ってことで購入しました。

 そう、あくまで「取材のために」。



 ……え、使用感ですか?
 
 えーと、それはまあ……。個人差がありますので……(汗)。

まだ、春じゃないよ。

2009年04月16日 17:00

 もうすぐ。1

 だって桜が咲いていないから。


 東京辺りではもう桜が咲いて散っちゃってるようですが。
 飛田の住むところでは、三月まで雪が残っていたためか、まだ桜は咲いていません。
 なので、このブログのテンプレもまだしばらくこのままなのです。




 あ。

 もうすぐ。2

 もう、そろそろだね。

黒歴史、発掘。

2009年04月14日 13:42

 先日、部屋の掃除をしておりましたところ、こんなものが出てきました。

ザ・黒歴史1。


 ……。
 …………。
 ………………。

 はい、飛田が高校ん時に書いた、小説まがいのなんかです(恥)。
 一言で言うと、

 黒 歴 史 。

 つーかなんだよ、このタイトル……ダサすぎて笑い死にするよ……。
 当時から僕、タイトルの付け方が下手だったのね。


 えーと、この「五郎」ってのが主人公なんですかね。
 薄れた記憶によると、確か、こいつはけっして美男ではない、イモ男だった気がする……。
 当時から、僕、イモ系の男が好きだったんですかね……。

 ――あ、さらに、こんなものが出てきました。

ザ・黒歴史2。


 卒倒、そして失禁。

「この恥ずかしいタイトルからも分かる通り、このお話は根性ストーリーです」

 わかるかっっっ!!!!(「恥ずかしいタイトル」という自覚はあったらしい)

 なんですか、「前おしらせ」って……。


 こんな恥を晒して生きてはおれぬ、さあ殺せ、今すぐ殺せぇぇぇぇぇぇっ。






 ……えーと。

 取り乱してしまいました(謝)。


 以前、「本格的に小説を書き始めたのは、LoveBに投稿した辺りから」と書いたんですが、けっこう前からなんかかんか書いてたみたいですね。

 でもそれは、あくまで「小説」と呼べない駄文でございますから。はい。


 そして。
 この「青春の遺物」という名の黒歴史。

 即ゴミ袋に入れて処分……ではなく、供養させていただきました。
 こんな黒歴史を残しといたら、末代までの恥ですから……。
 あ、僕の場合、「末代」が続く可能性はかなり少ないとは思いますが。


 以上、執筆の合間のちょっとした(?)自虐ネタでございました。

むちむち・ぷりん。

2009年04月10日 13:38

「ビッグダディ」を検索されてこんなブログにたどり着いてしまった方、どうも申し訳ありません。
(「ビッグダディ」の放送直後は、必ずこのような方々が2、3人いる。汗)


 今日、新聞に挟まっていたお菓子のちらしをなにげに眺めてたら、いきなりこんな文字が。

 むちむち。
むちむち3。


 ……え゛?


 その商品名にプチ欲情した僕は、さらにその説明を詳しく読んでみました。
 すると、この「むちむち4。」というのは、

 むちむち2。

 なのだそうです。
 ということは、お餅のように柔らかいポチャデブ体型の方は、沖縄では

 むちむち4。

 と、表現されるんでしょうかね?



 話はこれで終わりません。
 さらにその下には、こんな魅惑のネーミングのお菓子が。

 ぷるっこ。
 ぷるっこ3


 ぷるっこ。
 なぜ、この四文字だけでこうもエロいのか。

 ちなみに、こちらは

ぷるっこ2

 だそうです。

 こんにゃく。
 輪をかけて

 エ ロ 。

ポイントに一喜一憂するエロ小説書きってどうよ?

2009年04月07日 16:49

 昨日の記事とつながるような、つながらないような、って話なんですが。
 ポルノを書いている小説書きにも、世間的なイメージがあると思うんです。

 うーん、たとえば。

・これまで寝た相手の数は3桁
・作中のエッチシチュエーションは、すべて実体験
・これまで波乱万丈なアウトロー人生を送ってきた 
・ノーマルなエッチはすでにヤリつくして、ドマニアックなプレイにしか興味ない
・基本的に夜起きて、行き付けのバー(ママか店員か客を二、三人は食っている)で閉店時間まで飲んで朝寝る(←いつ小説を書いてるんだよ……。汗)
・お抱えの愛人が(複数)いる
・作中のキャラだけでなく、本人も精力絶倫で、常にエロいことしか考えていない。あるいは逆に、常に欲求不満で犯罪者予備軍(汗)


 とか(汗)。

 ※あくまでこれは飛田の勝手な思いつきで、実在の作家さんとは一切関係ありません!(笑)

 思いつくままとりとめもなく書いてみましたが、あなたが抱いていたエロ小説書きのイメージに当てはまるものはありましたでしょうか。


 それに引き換え僕のブログですが。

 エロとは掛け離れた、お間抜けな日常を中心に、家族ネタとか、服売って150円にしかならなかったとか、そんな庶民的なネタが中心です。

 そして。
 今日も飛田お得意のセコ庶民ネタでございます。

 ま、エロは作品のほうでお楽しみいただくということで……(汗)。


 さて僕は、「ポイント」を集めるのが趣味です。
 商品を買った金額に応じてついてくる、お金や商品券・航空会社のマイルに交換できるアレですね。

 で、飛田が使ってる某クレジットカードでは、半年で20万以上使うとポイントが二倍、っていうキャンペーンをやってたんです。
 でも、20万を超えると、次は30万に達しないとボーナスポイントがつかない。
 というわけで、この三月まで半年間、カードを計画的にご利用して、20万ちょっと超えになるよう、こつこつとカードを使っていたわけです。

 何度も何度も計算しました。
 そして、少し余裕を持たせて、20万を数千円ほどオーバーするようにカードを使ってきたわけです。
 

 で。


あと1220円……。

「あと1220円のご利用でプレミアムクラスでした」

 がーーーん。
 悔やんでも悔やみきれない計算ミス
 「でした」の、過去形が哀しい……。



 とりあえず。
 この件は、目一杯せん●りこいて忘れることにします。(と、無理やりエロで締めてみる)

「みんなおんなじ」なわけないじゃん。

2009年04月06日 16:19

 テレビでは、満開になった東京の桜が映し出されています。
 そう、世間一般的には、もう春。
「春」と聞いてふと飛田が思い出したのが、小学校のころの「身体検査」。なぜか。

 今はどうなのかわかんないけど、飛田が小学生のころは、クラスの男子が下着姿になって(つまり半そでシャツと白ブリーフで)身長や体重を量っていました。
 で、低学年のころはいいんだけど、学年が上がるにつれて、みんなの前で半裸になるのをすごく恥ずかしがる人も、クラスに一人ぐらいはいましたね。

 で、これは実際に小学生のころの飛田が目撃した話なんですが。

 身体検査で頑強にズボンを脱ぐことを拒否する男子に、検査に立ち会っていた50代位の養護教員の女性が、笑いながらこう一言。

教員「恥ずかしがらなくても、みんなおんなじだよ」
(文字で書くとわかりづらいんだけど、ほんのわずかに呆れたようなニュアンスも)

 んー、まあ、これは、「みんな男の子(ついてるモノがついてる)だから気にする必要はない」ってことを言いたかったんでしょうかね。
 でも、それを聞いた飛田は、心の中でこう思ったのでした。

(少なくともあんたは『違う』<=男ではない>よね)

 うっわーっ、我ながら、なんちゅう生意気なガキでしょう。
 でも、いまでも教員のこの言葉は引っかかってます。

 その言葉の後ろに、ペニスの有無で男・女、そして社会的役割を自動的に分ける発想や、「男たるもの裸を恥ずかしがるな」という考え方とかがあるような気がして。

 でも。
 そのような考えを持っていらっしゃる方がまだまだ多い。

 ある時期になったら就職、ある時期になったら結婚、ある時期になったら子供を作る。
 男は仕事一筋・女は家庭に入るか兼業で仕事。その逆は不可。
 仕事は会社勤めか公務員、あるいは自営。フリーターなんてもってのほか。

 挙げれば、いくらでも出てくる出てくる、そーゆーの。


 と同時に。
「ゲイたるものこうでなければならぬ」という考え方も、実は個人的には苦手です。
 たとえば、陽気で、お菓子好きで、野球嫌いで、おしゃべり・噂好きで、たまにきつい毒を吐くとか、そーゆーの。(←あくまで僕の独断と偏見ですからね……)
 そして、そのひねくれた考えは、現在の自分の作風に影響しているかもしれません。


 んー、ま、要するに。
 大人と子供だった自分。
 人気者と影の薄い自分。
 その力関係で、当時言いたくても言えなかったこと。

「みんなおんなじ」なわけないじゃん。

 それを今、「小説」という形で表現したいのかな、と。
 エロだけど。

ウソ×ウソ=???

2009年04月03日 17:27

 というわけで。
 おとといのエイプリルフールには飛田も参戦したわけですが、いかがでしたでしょうか。

「まあ、タイトルに『??』を付けてるし、バレバレかなぁ」

 と思ってたら、わりと普通に信じてしまった方もいらしたようで。

 ちなみに、今回のネタはそんなに練りこんだわけではなく、ポッと思いついたことをテキトーに書き並べただけなんですが。
 どうせなら、「ヌードを篠山●信に撮ってもらった」ぐらいフカそうかなと思ったのですが、逆にリアリティー(何の?)に欠けるかな、と思ってボツにしました。
 ちなみに、いちばん最初に考え付いた案は、

 飛田流、エロビデオに出演する??

 てな感じで、AVの現場リポート風に書こうかとも思ったんですが、なんか妙に生々しいのと、僕、BLゲームのシナリオも書いているんで、ユーザーの女性の方に、シナリオ担当がアレな人と思われて、マジで体育教師極の売り上げに響いてはいけないので、今回はこんなところで。


 さて、今年のエイプリルフールも各所で趣向をこらしたうそ、というか「ほら」が乱れ飛んだわけですが、そのうそのつき方もいくつかに分類できます。

・さも本当のような内容の最後にネタばらし。あるいは「今日は4月1日(エイプリルフール)です」とさりげなく記載
・嘘っぽい内容を書きっぱなし(後日ネタばらし)
・嘘っぽい内容の最後にネタばらし(今年の飛田のネタがこんな感じ?)

 と、ここまではいいのですが、ちょっと問題になるのはこちら。

・さも本当のような内容を書きっぱなし(後日ネタばらし)

 みなさん純粋なのか、思いのほか、本気で受け取ってしまう人が多いんですね。
 今年の某先生のブログのエイプリルフールも、このタイプのうそだったため、後日、ご当人が平謝りなさっていらっしゃいました。

 逆に気の毒だったのが、「彼氏と別れた」とブログでマジ告白をしたのに、日付が4月1日だったため、信じてもらえなかった方。
 これこそうそみたいですが、ほんとの話。

<教訓>
 重大な発表をする場合、4月1日だけは避けよう。

飛田流、脱ぎます??

2009年04月01日 00:00

 こんばんは、飛田流です。


 突然ですが、飛田流、脱ぐことにいたしました。雑誌のグラビアで。
 あ、ゲイ雑誌ではなく、あの超有名な出版社の一般向け週刊誌です(詳しくは後述)。

 このお仕事をお受けするのは、かなり悩みました。
 しかし、やはりほとんど無名である自分の知名度を上げ、『体育教師極』をたくさんの方に知っていただくためには、これぐらいインパクトのあることをしなければならないだろう、ということで……。

 男の僕が、なんでヌードに……と思われたかもしれませんが、

「いま、旬な男たち10人を丸裸にする」

 という企画のためだそうで、役者さん・声優さん・漫画家さんがリストアップされた中、今話題のBLゲームのシナリオ担当として、恐れ多くも飛田もそこに名を連ねさせていただくことになりました。

 そりゃ、躊躇しました。だって……ヌードですよ。
 いくらなんでも、体育教師極の発売前に、飛田のみすぼらしい裸を世間に晒して、売り上げに(悪いほうに)響いてはあまりにも申し訳ありませんし。
 その点、何回も担当の方に確認しました。
 で、お答えによると、お見苦しい僕の裸にはソフトフォーカスを掛けまくって、なんとか見るに耐えうるものにしてくれるそうです。
 それならと、勇気を出して、依頼をお受けすることにしました。


 というわけで、某月某日、渋谷の某スタジオへ。すでに雑誌社の方やカメラマン、スタッフの方が待機されている中、スタジオの隅でそそくさと裸になった僕は、素っ裸に白いバスローブという、きわめてAV男優的なスタイルで、撮影に挑みました。
 ただ……スタッフの方が少しBLというものを勘違いされていたのか、バラの花を一面にあしらった壁紙を背景にして、肝心の部分は、最近買ったモバイルパソコンで隠すという、謎のポーズを取らされまして(苦笑)。

「いいっすよー、飛田ちゃんすごくいいっすよー」

 カメラマンのそんなおせじに乗せられて、気がつけば、恥ずかしすぎるあんなポーズやこんなポーズまで……。(どんなポーズかは、実際の雑誌でご確認ください)
 とてもとても恥ずかしかったのですが、これもすべて『体育教師極』の宣伝のため。
 最初で最後の僕のヌード、よろしければぜひご覧ください。

 さて、それでは、肝心の雑誌名ですが。











 そんなものはありません。





 はい、エイプリルフール企画の大嘘でした。
 まあ、誰も信じるはずもないでしょうが、今回はこんなネタでいかがでしょう。
 ちなみに、『体育教師極』の葦沢亘武も、雑誌のグラビアで脱いじゃったところから、いろいろドラマが展開していくんですが、今年のネタはそれに引っ掛けてみました??


 ……えっ?
 もし、本当にヌード撮影を持ちかけられたら、どうするかって?


 そうですね、ギャラ次第では……。


 って、ないですないです、ぜっっっっっったいにないですっ!


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。