風邪と友にならぬ

2019年06月04日 23:04

一時間ほど考えてこのタイトル。


ツイッターでも書いたように、先日風邪を引いた。

もしかしたら誰かの役に立つかもしれないので、発症までの経緯を記しておく。


<一週間~数日前>
・前提として季節の変わり目。大きく気温が変動する
・寝不足、あるいは夜更かしを続ける
・胃の調子が悪くなる
・くしゃみが多くなる。特にガムを噛むと必ずくしゃみ
・頭痛
・腹がゴロゴロして、ガスがやたらに出てくる

<前日~発症まで>
・腹を下す
・集中力がなくなる
・風邪の菌が顔まで上ってくる「ヤバい」感じ
・鼻・喉・目がかゆくなる
・鼻の中がカラカラになる
・関節の痛み

<発症>
・夜中の発熱~朝起きるまで
・ひたすら眠い
・二時間ほど寝て汗出し
・さらに、夜~深夜にかけても発熱・汗出し

<回復後>
・治ったようで治っていないことも
・頭痛・胃痛はまだうっすらと残る。薄紙を剥ぐように回復
・調子に乗るとぶり返す。スパッと治らない



好き好んで風邪を引きたい人は少ないだろう。
できれば避けたい、でも引いてしまう、それが風邪。


健康番組での風邪対策はいろいろ試してみるのだが、なかなかこれぞという決め手はまだ見つからない。
ただ、要因として
・調子に乗る(睡眠不足)
・口呼吸
が最近気になっている。


「調子に乗る」とは、「俺夜更かししても平気だぜウェーイ」という自己過信。
風邪を引く時は、たいてい日付をまたいでからベッドに入っている。

「口呼吸」は、気がつくと口がわずかに開いていることが多い。
そのため、口から細菌がダイレクトに入っているのでは、と推測。


というわけで、

睡眠をきちんと取って、口はいつも閉じる

これを実践したいと思う。
その効果が現れるかは、秋に判明する


のだろうか。





とりあえず、早く寝よう。



【広告】

愚者の花見

2019年04月28日 22:57

ここ数日気温が低く、ぐずついた天気が続いたが
やっと晴れたので、今日、近くの桜を見に行ってきた。


   P1170966-l.jpg


満開の時期は過ぎて、今ははらはらと散り始めている。
そんな桜の下をスーッと自転車で通り過ぎる僕。

   P1170968-l.jpg


   P1170980-l.jpg


   P1170982-l.jpg



飛田ベアーもご満悦。

わざわざミニベアーを持ち出して撮影する中年男。



   P1170984-l.jpg


これまで、いろいろなところに花見に行ったが、見物客でごった返す観光名所よりも、知る人ぞ知る桜を静かに見るのが好き。

愚かな人間でも、桜を愛でる権利はあるわけで。





おそらくこれが平成最後のブログ更新



ではないかも。

   IMG_20190424_113747-l.jpg


おやおや
またヒダリューったら
おかしなことを始めようとしているらしいですよ。



いくつになっても愚者は愚者。

元号が変わっても。


それではまた
数日後?



【広告】
『対象のKindle本が400円OFFで購入できるクーポン』
プレゼントキャンペーン
お好きなKindle本がお得に読めるチャンス!


※期間限定

詳しくはこちら

●●●はじめます。

2019年03月30日 22:55

あけましておめでとうございます。


もう三月も終わりを迎えようとしていますが。



例年、年が改まってからの最初のブログは、その年の抱負っぽいものを書くのだが、去年の末から今年にかけて、『“嫁来いツアー”騒動記』の出版準備に追われていたため、そちらを優先。


それから三か月あまり。


遅ればせながら、あらためて、去年の反省・今年の抱負などを。




去年の最大の反省点は、小説が『他言無用!』<中篇>一作しか出せなかったこと。(『嫁来い』は間に合わなかった……)


その理由は、

12年前にさかのぼる。

さかのぼりすぎ。




勇一・大吾シリーズを書き始めたのは2007年。
これは、そもそも商業ゲイ向けサイトに寄稿させていただいた読み切り短編『一枚上手』が元になっているのだが、

特に好評だったとの話もなかったものの

作者(僕)がこのキャラクター二人を非常に気に入り、このゲイ向けサイトで書き続けたいという希望があって、続編を書き始めた。


その矢先

サイトが更新停止→閉鎖。

もはやこれまで……
と覚悟を決めた(実際は決めてない)直後
商業BLゲームのシナリオの依頼を頂く。

それは大変ありがたかったのだが、今度はシナリオにかかりきりになり、小説を書く時間が無くなってしまった。



そして2011年。
東日本大震災発生。



翌年、ゲームの仕事も終わり、さあ小説を書こうと思ったら

書けない。

その後も、一年間まるまる小説が書けない。


それでもなんとかかんとか、『勇一・大吾』の続きを書いてみたものの、シリーズの売り上げがどんどん落ちていく。

それでいて、たまに『クロイヌ』など、ハードな内容(当社比)のものを出すとなぜか売れてしまう。

やだみんな正直……。




売れないとわかっているものを続けるのは正直辛い。
ある程度の時間をかけて執筆する以上、できれば売れてほしいというのが本音。
ただ、売れ筋のハードな内容をワンパターンで書き続けるのも、それはそれで作者としてつまらない。



うーん、
ではどうすれば。


……(10分経過)
…………(30分経過)
………………(1時間経過)



結論が出ないので
強制終了。





そんな長い迷走期に入っているうちに
新元号の発表・改元が目の前に迫ったわけだが
これを機会に僕も変わりたい。

便乗。

「売れたい」などとおこがましいことを言うつもりはない。


変 わ り た い 。

それだけ。



では、変わるためにはどうすればいいのか。
当然これまでと違うことをする、ということになる。

これまでは失敗が怖くて、結局何もできなかったが、
今さら失敗してももう何も失うものなどないので、とことん迷走してみたいと思う。






というわけで今年の抱負

「黒歴史、はじめます」





今年も

新年度からも
どうぞよろしくお願いいたします。




【広告】


飛田流作品集

「私、ずっと前から飛田君のことが……」(笑)

2019年02月19日 22:11

バレンタインアンケート!


【質問】ゲイの方にお訊きします。
もしバレンタインデーに、あなたをゲイと知らない女性から「本気チョコ」(高価そうで、『以前から気になっていました』と手紙入り)をもらったらどうしますか?
相手はあなたの同僚or同級生で、あなたの机の中に置いてあったという設定。


36% チョコとラブレターをそのまま返して断る
45% 受け取るが、何らかの理由を付けて告白は断る
9% 放置するorあえて嫌われる方向へ持っていく
10% 別の仲間にバラされる覚悟でゲイをカミングアウト



アンケートの開始当初は、一番目と二番目のみで、ほぼ同数。
このまま行くのかと思ったら、最後の最後で、「放置」「カムア」の投票が。

とは言え、
チョコとラブレターをそのまま返して断る
受け取るが、何らかの理由を付けて告白は断る

が上位。

「受け取る」人が意外に多いのにはびっくり。
まぁ、確かにそのまま突っ返すと「なんで?」ってことになりますからね……。現実的。

僕なら……
絶対にその可能性はないわけですが、もし万が一、そんなことがあったら、「チョコとラブレターをそのまま返して断る」かなぁ……。
チョコだけだったらまだしも、「ラブレター」までは重過ぎる。変に期待を持たせるわけにも、ラブレターだけ返すわけにもいかないので、両方返すかな……。

「なんで?」って訊かれたら、

うーん……。

「ご、ごめん」としか言えないだろう。


むしろ、そんな経験一度でいいからしてみたい??


投票ありがとうございましたー!!



【広告】

   [飛田流] の【「嫁来いツアー」騒動記】

   「嫁来いツアー」騒動記 好評配信中!

みんなキ●●タマがデカい

2018年12月14日 23:07

パパパンパン
ママアンアン
アンアンアンケート

結果!

【質問】飛行機に乗ると、時折、乱気流・強風などで大きく揺れることがありますが、その際叫び声を上げる人を見たことがありません。
あなたは、乗っている飛行機が大きく揺れたとき、心の中ではどう思っていますか?


47% なんともない。まったく平気。
13% 本当は叫び声を上げたいが我慢する
27%「万が一」の事を覚悟する・念仏を唱えるなど
13% 私は怖くて飛行機に乗れない・乗ったことがない



ツイッターでも書いたように、先日旅行に行ったのだが、行き帰りに飛行機に乗った。
で、帰りに空港付近がやや悪天候で、飛行機が着陸時に揺れたわけで。

(ギャー! 怖いよー!!)

と、心の中では叫ぶものの、大人のおっさんがそんなことしたら

物笑いの種

なので、必死に堪える。

機体が揺れてる時って妙に静かなんだけど、きっと内心はみんな僕と同じくビビってるはず!

と、アンケートを実施したのだが……



まさかの「なんともない」が一位。
えぇ……半数程度が怖くないの?
みんなキ●●タマが大きいのね。(※肝っ玉)

だが

二位は「『万が一』の事を覚悟する」。真逆。
そんなに怖いのなら、乗らなければいいのだが、いろいろ事情があるのだろう。

僕自身も好きで飛行機に乗っているわけではないが、旅行自体は好きであるオカマイラー(陸マイラー)であるため、やむなく利用している。

飛行機は揺れるし、便数が少ないし、冬場・台風時にはすぐに欠航するのでできれば避けたいのだが……。

でも、往復タダで旅行できる交通機関は、他にはないし……。



投票ありがとうございましたー!



【広告】

かぜです。

2018年10月23日 22:05

こんばんは、飛田です。
風邪を引いてしまいました。

例年の恒例行事。( ;∀;)


ツイッターでもちょこちょこ触れていたのだけれど、十日ほど前からヤバい感じではあったものの、今年はヨーグルト&甘酒で乗り切れるだろうと高をくくっていた。

実際、昨日までは徐々に快方に向かっていた。
99%健康、1%微妙。




しかし
今日になって


朝、起きたときは普通だったが、腹の辺りが「にやっと」する違和感。

特に気にもしないで、しばらく過ごしていたら、ちょい眠気。

自宅に戻り、ベッドへ。

そしたら
ベッドから起きられない感じ

発熱。

ああ……。
これ汗出さないと治らないやつ《症状》だ。


どこに隠れてたの、この熱。

ザ・ぶり返し。

仕方が無いので、半日ほどベッドにイン。

じわじわと汗が出て、途中食事を挟み、二回ほど下着を着替える。


さて
健康的な眠気ではないので、ベッドの中で何もすることが無い。

スマホを傍らに置いても、布団から手を出して操作すると、苦行(布団にこもって汗を出す)の妨げになるし……。

で、こういう時のための動画を再生。
深い内容があるわけでもなく
しゃべり中心だから目を開ける必要もない
軽いお笑い系の。

でも、普段は見たいと思わない。
もうちょっと有意義? なのが見たいので。

なので、僕の中では「風邪=軽いお笑い動画」という図式が成立。

とにかく
ただただ
ただただ

ひたすら寝る。
それしか治す方法はない。


(俺、こんなとこで何してるんだろう……)


と、疑問が生じたら、起きて着替え&水分補給タイム。


いつか
そのうち

燃え続ける体内の熱源が、プチンとオフになるまで……。

来る

きっと来る……。



 *  *  *



以上が、昨日、熱を出した時の様子。

昨日アップしようかとも思ったんだけど、さすがに睡眠を優先。

で、今朝起きたら、スッキリ感が明らかに違う。

治ったみたい。


良かった良かった……?


でも、また調子に乗るとぶり返すので注意。

ちなみに、「ぶり返し」って同じ風邪が再度悪化するのではなく、免疫力が低下しているために、風邪を引きやすい状態になっている、ってテレビで見たことがある。
本当だろうか。

ただ、今回はこれまでの風邪と違って、寝込み期間が一日で済んだ。
なのでまぁ、ヨーグルト&甘酒はもうしばらく続けてみる。


なお、いつもはここまで詳細にツイッターで自身の病状について触れないのだが(心配をお掛けする&そんなに興味もないだろうし)、今回は「自分メモ」の意味合いもあり、風邪の初期から回復までをつぶやいてみた。




ともあれ全快しました。


これからまた執筆を







脇の下からじわりと変な熱が



【広告】
    

    闇の荷物

満十年

2018年07月25日 23:21

どうも、ブログではお久しぶりです。
飛田流です。


最近放置気味のこのブログですが、

本日

このブログを開設してから

饅頭ねん

満十年

が経過しました。


おめでとう俺!




一番初めの記事はこちら はじめまして、ひだりゅうです。
僕のイメージでは、まだ猫をかぶってると思っていたのだが

>「チ●ポ」とか「ケツマ●コ」とか、そういうワードで飯食ってます。

「芸風」は今とさほど変わってなかった




この当時は、ゲイ向けサイトの小説担当に起用されたばかりで、希望に燃えていたころだったかもしれない。翌年更新停止になるとも知らずに。
「温和キャラ」で行こうと思っていたので、まだ文章に遠慮が残ってる。

ブログを書き始めたころは、「飛田流」という人物と拙作の宣伝も兼ねて、わりと頻繁に更新していたのだが、より気楽につぶやけるツイッターに現在では軸足が移っている。
ブログで何を書いても、さほど反響があったわけでもないし。

最後にコメントをいただいたのは何年前だろう……。



この間、
ゲイ向けサイトが閉鎖
BLゲームのシナリオを書かせていただき

そして

活動はそれ以上の展開を見せることもなく、
個人《ソロ》で小説を販売している。時々。



まさに見事なまでの落ちぶれっぷりだが、本人的には、最初(活動初期)が幸運すぎたのであって、


本来あるべきポジションに戻った


と考えている。




本当。




今後の活動予定とか書いてみましょうかね。




ツイッターでぐだぐだ




のほかに




エロ以外の活動もやってみたいと、ほんのちょっとだけ思っている。




もともとエロを書きたくてこの活動を始めたわけではなく


早急に金が必要だったため


それを書き始めた経緯がある。


しかし、僕が書くエロは、一部を除いて決して売れ行きがいいとは言えず、

どうせ売れないなら、別のこともやってみたいと思った次第。




ただ

何事にも「覚悟」が伴わない僕のことだから、

実現はまだ先になりそう。


追いつくか寿命??





えー、まあそういったわけで


相も変わらずのテキトー人生ですが



ご興味のある方がもしいらしたら

今後とも

どうぞよろしくお願いいたします。




では、


十一年目へ。



【広告】

私、天才じゃないので

2017年10月15日 21:21

 先日、こんなアンケートを実施した。


【質問】プロ・アマ・同人問わず、小説を書いている人にお訊きします。あなたはどうやって「小説の書き方」を身に付けましたか?
「書き方は意識せず(本能のまま)書いている」方は、一番目の選択肢をお選びください。

意識・勉強をせず自然と身に付いていた 3票
「小説の書き方」本を読む・専門学校に通うなどして 0票
とにかく一冊でも多くの小説を読んで身に付けた 0票
実は今も書き方に自信が持てないまま書いている 1票



 というわけで、75%の方が「自然と身に付いていた」とのこと。
 ……嘘でしょ、みんな天才なの??


 かくいう僕も、小説っぽいものを書いて、販売までしているわけだが……。(;^_^A






 前々から書いているが、僕は特に文学少年だったわけでも、小説に親しんでいたわけでもない。
 遊びの延長では書いていたが、肝心な「小説を読む」作業がすっぽ抜けていた。



 で、ある時、非常にお金が必要になった。



 かといって普通に働いてお金を得ようとするような僕ではない。
 
 たまたまその時目に付いた官能小説の募集企画、ゲイ向けサイトの小説投稿企画に応募。
 ちゃんとした書き方も知らなかったのに……若い(?)って怖いね。



 小説の書き方があまりよくわかっていないにもかかわらず、時々は採用してもらいテレカや原稿料的なものも頂いた。
 ただ、書きつつも、これでいいのかしら……という思いはいつも抜けないでいた。




 当然のことながら、小説を書いてお金を頂くようになってからは、スタッフの方に未熟な点を色々と指摘されるようになった。
 しかし、どこが悪いのかよくわからない。
 だから、どこを直せばいいのかわからない。



 関係者の方々、あの時はどうもすみませんでした。(し<じり先生風)



 ちなみにシナリオのほうは、シナリオスクール及びサークルに加入していたこともあって全くの初心者ではない
 
 これは、声を大にして言っておきたい。






 自分の未熟さ(精神・文章力もろもろひっくるめて)に気付いた僕は、さっそく「小説の書き方」本、いわゆるハゥトゥ本を読み漁ることになる。
 
 とは言え、この手の本は、
 
・文法を一から教えるか
・作者(小説家)の経験に基づく「私はこうやって小説家になりました話」か
・有名作家の文章を抜粋して研究する「学習ドリル型」か
・マニュアル化されたストーリーの作り方


 など、小説の書き方を
 全然「わかってない人」と
 ある程度「わかってる人」の
 両極端向けが多く、
 
「どう書けばいいのかわからない人」(僕)向けが無い
 
 ような気がする。



 あ~ん、小説の書き方誰か教えてよぉ~。(クネクネ)



 
 だが、金は欲しい。
 
 
 
 
 というわけで、見様見真似で書き始めた。
 
 
 
 自信が無い箇所はごまかしつつ。
 

 
 自分の弱点を見ないふりして、なんとなく書いていたけど、
 
 それって良くないんじゃね?
 
 と思い直し、思考の迷宮に入り、どんどんどんどん筆が遅くなりにけり。




 いつまでもごまかしていてもいられないし、さらにハゥトゥ本を読み(結局他人様のマニュアルに頼る)、自分なりに
 
(ここはこんな感じで書けばいいのだろうか)
 
 と試行錯誤してみたりしている。



 それは、現在でも変わることがない。

 
 
 
 以前、フォロワーさんの質問ツイートで、「一度に複数の作品を執筆するって、みなさんやってらっしゃるのか」というのがあって、それにさまざまな回答があり、興味深かった。
 
 僕は、する派。
 すごく飽きっぽいんだよね。
 一つの小説でも、数分「あるシーン」を書いて飽きたら、別のシーンを書くぐらいに。
 逆に言うと、集中力と基礎力に欠けているために、執筆が持続できないという……。
 

 
 だが、金は欲しい。(二度目)
 
 
 なので、お金をいただける文章(それが売れるとは限らないが)が書けるように
 
 
 
 なればいいな。
 
 
 
 
 
 私、凡人なので。(ドヤ顔の決めゼリフ)
 
 
 
 
 試行錯誤継続中。



 
 
 凡人でも歳を取る。
 

    20171015_204946-l.jpg

    
 
 風船飛んだ。
 
 
 人生半分? それとも三分の二?




 直接的に祝ってくれたのは、キミと業者メールだけだったよ。



 そんな人生。




 とオチを付けようとしたら、フォロワーさんからおめコメをいただいて、

 どうすれば良いのかわからないなう。




 投票&おめコメ&いいねありがとうございましたー!




【広告】
「……え」
 右手の上方で、闇に包まれた住宅を照らし出すように禍々しく瞬《またた》く赤い光が目に入った。勇一のアパートがある方向だ。
 予想もしていなかった光景に、足がいったん止まる。
 それから弾かれたように勇一は駆け出し、角を曲がった。

『他言無用!』の続きより抜粋

※セリフは開発中のものです。

 これまでのあらすじはこちら

 

宣伝しても……イイかな?

2017年09月10日 22:43

 うちのツイッターでは毎日宣伝をつぶやいている。ブログでも同様。
 ある意味宣伝を毎日するためにつぶやいているようなものである。

 ――理由?
 黙っていても売れないから。


 とはいえ、自分の小説だけを宣伝し続けるのもネタが尽きてくるので、他の作家さんの作品を宣伝することもある。
 むしろ、他の作家さんのが売れて、自作がさっぱり……ということも
 よ く あ る。
 しかし、何でもかんでも宣伝しているわけではない。

 他の作家さんの作品を宣伝する基準について記しておきたいと思う。



・フォロワーさん自身による「小説」の宣伝ツイート(ブログ記事含む)
 これはほぼ全てリツイートさせていただく。
 以前は、自分の作風と似通った作品をリツイートさせていただくことが多かったが、最近はどんな(過激な内容の)小説でもリツイートさせていただくことにしている。よっぽどでない限りは。
 
 逆に言えばフォロワーさんではない、あるいは小説作品でないときは(音楽作品など)リツイートしない場合もある。
 
 例外として、フォローいただいてない方でも自分の宣伝ツイートをリツイートしていただいた場合、相手の方の宣伝ツイートを当方がリツイートさせていただく場合もある。
 
 
・飛田流の宣伝ツイートの中に、他の作家さんの宣伝を挿入
 自分の宣伝ツイートを高頻度でリツイートしてくださる方、あるいは新作の宣伝などを。
 もしくは全編無料など、宣伝する価値が極めて高い場合。

 なお、他の作家さんの宣伝だけではツイートの文字数が余ることが多いので、ちゃっかり自作の宣伝も併せて掲載。

 しかしながら、若干押し付けがましかったり、驚かせてしまったこともあるようなので、以前から宣伝させて頂いてる以外の方は控えた方が良いのかなという気持ちもあったりなかったり。



・一日に複数回宣伝をされる方の場合
 もっともその中で代表的・主要と思われるツイートをリツイート。
 原則、同じ作品の宣伝ツイートは、リツイート一日一回まで。



・他作家の方の宣伝をさせて頂く期間
 フォロー、およびそれに準じた扱いをいただいている期間中は、無条件で上記基準を適用。
 フォロー、およびそれに準じた扱いが終了した場合は、こちら側ではしばらく相手方の宣伝ツイートのリツイートを続けさせていただき、
 
 よ き と こ ろ

 で終了。





 現在のところこんな感じです。
 
 リツイートボタンを押すのは1秒もかからないし、そもそもうちのツイッター自体決して品があるとは言えないので、どんな作品の宣伝リツイートでも気にされることは全くありません。



 ただ

 肝心の

 宣伝効果については全く期待できません。

 時々実施するツイッターアンケートの投票数(特にタグ無し)でもおわかりのように。



 以上はあくまで原則なので、将来的に変わることも充分にありえます。



 そして

 いつもリツイートしていただき

 本当にありがとうございます。

「あなた」のおかげで、少々のお金をいただいております。
「あなた」が新作を書かれた時にはまた宣伝をさせていただきます。
 これからもよろしくお願いします。



 特にオチは無い。



【広告】
    

    ヤリてぇぇっっっ!!!

昨日俺の身に起こったことをすべて話そうか

2017年09月02日 23:13

 歯医者を予約していたこの日、午前中、別件の用事があって自転車で自宅を出発。

 ――が、どこかタイヤの調子がおかしい。先日パンクした後輪は修理したはずなのに……。確認すると

 前輪空気抜け。

 パンクではないので、一瞬そのまま目的地まで出発しようと思ったがやはり引き返す。

 物置から空気入れを取り出して、タイヤに空気を入れようとしたら





 壊れる。




 焦って左手で空気穴を押さえて、右手でハンドルを押すものの
 当然タイヤは膨らまない。




 そうこうしているうちに時間だけが経過。



 午前の予定をあきらめる。



 午後。
 予約した歯医者は三時から。
 自転車の前輪に空気が入らないので、家族の車を使わせてもらうことにする。


 午後一時すぎ、午前の予定も残っているので、早めに出発

 しようとしたら


「あ゛……っ」


(バタン!)
(ジャー)
(ふぅ……)

「手を洗う場所」で、20分ほどロスしてから出発。

 100均に寄って、自転車空気入れを購入。200円商品だが、圧倒的低価格で(若干おもちゃっぽいが)手に入るのはありがたい。

 さて、レジで代金を支払おうと、カバンを覗くと……


 小銭・カード入れが無い。


 歯医者の診察券もこの中に入っている。


 お金は別の財布(札入れ)から支払ったものの、さてどうするか。


 保険証とお金は持っているので、診療できないということはないだろう。
 しかし、しかしだ。


 恥ずかしいじゃないか……いい大人が。


 自宅に帰れば、残っていた用事を済ますことはできない。歯医者の治療がどれぐらいかかるかわからないし。


 考えた結果


 いったん自宅に帰ることに。




 そして歯医者へ……





 以上の出来事は、ほとんど僕の不注意に起因するわけだが、何も一番必要な時に壊れなくたっていいじゃない……。>自転車空気入れ





 若いときは「ドジっ娘(漢・こ)」として周りも大目に見てくれるが


 ある程度の年齢になってからこのようなことを繰り返すと

 役立たずの老害

 などと呼ばれかねないので、気を付けましょう……。



【広告】
    

    闇の荷物


最近の記事