例のことについて少しだけ。

2008年06月27日 11:49

 本日、LoveM(有料ゲイサイト)のリンクを外しました。
 現時点で一か月以上更新がされず、同サイトトップページの「更新は週に2~3回と、定期更新致します」の文言とは異なっているのがその理由であり、他意はございません。


 僕は、小説を提供させていただくだけの立場ですので、詳しいことはわかりません。
 ただ、ご存じの通り、僕の小説が初めて掲載されたのが、このLoveMです。
 LoveMに小説書きの一人として名を連ねることで、ほぼ素人だった「飛田流」の存在をある程度の方に知っていただくことができ、それが現在の同人活動につながっています。

 僕に小説を書くきっかけを最初に与えてくださったLoveMには、本当に感謝しておりますし、その気持ちは今でも変わりません。


 状況が改善されましたら、またリンクをさせていただきたいと存じます。

サイトにアクセスしづらい件につきまして

2008年06月01日 11:27

 現在、サイトにつながりにくい状況が続いているようです。申し訳ありません。
 昨日、デジケットにて小説『闇の荷物』を委託販売を開始したのですが、紹介文の中に当サイトのURLを記入したため、訪問者が殺到(?)したのかもしれません。

 急にサイトを閉鎖したわけではありませんので(汗)、ご迷惑をお掛けいたしますが、時間を置いてのちほどアクセスしていただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。

※ブログは正常にアクセスできるようです。

追記
 取り急ぎ、旧サイトに同内容のコンテンツをアップいたしました。現サイトで正常に表示されない場合、こちらもお試しくださいませ。

追追記
 午後に入って、やっとアクセスの混雑が解消されてきたようです。

ニーズはなくとも

2008年03月29日 09:42

 飛田流の中の人情報。(失笑)
 本日、非エロ小説を書き上げ、某所に送付。
 出来は……聞かないでください。(涙)
 
 で、今日からまた、(飛田の)前回の記事で予告させていただいたように、個人販売小説第二作(ゲイ向けエロ小説)に取りかかります。


 そして、中の人も(もしかしたら)外の人も、実は人気のないことが判明した飛田流。 (汗)
 ここは、「あいつ」にすがるしかない、というわけで。
 ヤツがここに再登場する、かも、しれない、的な。

(次回の記事アップ時にこの記事は削除します)

※30日追記
 ……と、この記事は削除予定だったのですが、拍手をいただきましたので、残しておきます。
 すみません、わざわざ気を使っていただいて……。(謝)


最近の記事