緊急説明! 「かまきり夫人」とは?!

2017年09月17日 22:21

「かまきり夫人」ミニアンケートの結果が出ました。

【質問】「かまきり夫人」と聴いて、すぐにピンとくる?
あんなことやこんなことまで知ってる
「かまきり夫人」名前だけは聴いたことがある
「(伊東家の)お母さん」のイメージしかない
実は「お世話に」なっていた

 無 投 票。

 嘘でしょ……。


 あの「かまきり夫人」だよ……。
 テレカを知っててなんでかまきり夫人は知らないの……?



 というわけで、緊急で説明させていただきます。



 まず、歌手で女優の五月みどりさんはご存知ですか。

 現在昼ドラの『やすらぎの郷』にご出演中。
 ちょっと前だと、裏ワザで人気を博した『伊東家の食卓』に出ていた。

 まぁ、とにかく大御所さんです。


 女優のイメージが強いかもしれないが、元々は歌手でデビュー。


 なんですが……。


 1975年(昭和50年)にポルノ映画に主演

 そのタイトルこそ

『五月みどりのかまきり夫人の告白』。


 元祖セクシー熟女とも称される五月みどりのポルノ初主演映画。五月演じる魔性の女に男たちが次々と誘惑され、破滅していくという内容。(Wikipediaより引用)

 みどり姐さんは当時三十代半ば。しかし、おヌードは年齢を感じさせず、しかも糸工白にまで出た一流タレントがあんなことやこんなことを――と世間に衝撃を与え、熟女エロスの元祖として君臨。

 その後は、本格的女優に軌道修正し、現在に至る。


 というわけで、「かまきり夫人」とはかつて“性豪”でもあった五月みどりさんの代名詞なわけです。




 以下余談。



『かまきり夫人の告白』の中で、ちょいと気になるエピソードがあるんですよね。


湖畔の別荘でみどりはホモの恋人に捨てられた美少年・泉弘美に出会う。みどりは弘美を優しく愛撫し、女の素晴らしさを教えてやり弘美はホモを抜ける。(Wikipediaより)


 ……ねえ。
 当時はこういう、「異性の良さを知らないからホモになるのだ」という考え方、多かったと思う。
 しかも、犯罪組織じゃあるまいし、「ホモを抜ける」って言い方もねぇ……。


 まあこれはこれとして。


 この「美少年・泉弘美」を演じた役者、その二年後に、
 なんと子供向けのヒーロー番組『ジャッ力一電撃隊』で、

 ヒーローを演じている。


 信じられる……?



 今だったら即炎上物件。






 というわけで

 投票ありがとうござい





 ませんでしたー!(泣)




【広告】

    
    ヤリてぇぇっっっ!!!

宣伝しても……イイかな?

2017年09月10日 22:43

 うちのツイッターでは毎日宣伝をつぶやいている。ブログでも同様。
 ある意味宣伝を毎日するためにつぶやいているようなものである。

 ――理由?
 黙っていても売れないから。


 とはいえ、自分の小説だけを宣伝し続けるのもネタが尽きてくるので、他の作家さんの作品を宣伝することもある。
 むしろ、他の作家さんのが売れて、自作がさっぱり……ということも
 よ く あ る。
 しかし、何でもかんでも宣伝しているわけではない。

 他の作家さんの作品を宣伝する基準について記しておきたいと思う。



・フォロワーさん自身による「小説」の宣伝ツイート(ブログ記事含む)
 これはほぼ全てリツイートさせていただく。
 以前は、自分の作風と似通った作品をリツイートさせていただくことが多かったが、最近はどんな(過激な内容の)小説でもリツイートさせていただくことにしている。よっぽどでない限りは。
 
 逆に言えばフォロワーさんではない、あるいは小説作品でないときは(音楽作品など)リツイートしない場合もある。
 
 例外として、フォローいただいてない方でも自分の宣伝ツイートをリツイートしていただいた場合、相手の方の宣伝ツイートを当方がリツイートさせていただく場合もある。
 
 
・飛田流の宣伝ツイートの中に、他の作家さんの宣伝を挿入
 自分の宣伝ツイートを高頻度でリツイートしてくださる方、あるいは新作の宣伝などを。
 もしくは全編無料など、宣伝する価値が極めて高い場合。

 なお、他の作家さんの宣伝だけではツイートの文字数が余ることが多いので、ちゃっかり自作の宣伝も併せて掲載。

 しかしながら、若干押し付けがましかったり、驚かせてしまったこともあるようなので、以前から宣伝させて頂いてる以外の方は控えた方が良いのかなという気持ちもあったりなかったり。



・一日に複数回宣伝をされる方の場合
 もっともその中で代表的・主要と思われるツイートをリツイート。
 原則、同じ作品の宣伝ツイートは、リツイート一日一回まで。



・他作家の方の宣伝をさせて頂く期間
 フォロー、およびそれに準じた扱いをいただいている期間中は、無条件で上記基準を適用。
 フォロー、およびそれに準じた扱いが終了した場合は、こちら側ではしばらく相手方の宣伝ツイートのリツイートを続けさせていただき、
 
 よ き と こ ろ

 で終了。





 現在のところこんな感じです。
 
 リツイートボタンを押すのは1秒もかからないし、そもそもうちのツイッター自体決して品があるとは言えないので、どんな作品の宣伝リツイートでも気にされることは全くありません。



 ただ

 肝心の

 宣伝効果については全く期待できません。

 時々実施するツイッターアンケートの投票数(特にタグ無し)でもおわかりのように。



 以上はあくまで原則なので、将来的に変わることも充分にありえます。



 そして

 いつもリツイートしていただき

 本当にありがとうございます。

「あなた」のおかげで、少々のお金をいただいております。
「あなた」が新作を書かれた時にはまた宣伝をさせていただきます。
 これからもよろしくお願いします。



 特にオチは無い。



【広告】
    

    ヤリてぇぇっっっ!!!

昨日俺の身に起こったことをすべて話そうか

2017年09月02日 23:13

 歯医者を予約していたこの日、午前中、別件の用事があって自転車で自宅を出発。

 ――が、どこかタイヤの調子がおかしい。先日パンクした後輪は修理したはずなのに……。確認すると

 前輪空気抜け。

 パンクではないので、一瞬そのまま目的地まで出発しようと思ったがやはり引き返す。

 物置から空気入れを取り出して、タイヤに空気を入れようとしたら





 壊れる。




 焦って左手で空気穴を押さえて、右手でハンドルを押すものの
 当然タイヤは膨らまない。




 そうこうしているうちに時間だけが経過。



 午前の予定をあきらめる。



 午後。
 予約した歯医者は三時から。
 自転車の前輪に空気が入らないので、家族の車を使わせてもらうことにする。


 午後一時すぎ、午前の予定も残っているので、早めに出発

 しようとしたら


「あ゛……っ」


(バタン!)
(ジャー)
(ふぅ……)

「手を洗う場所」で、20分ほどロスしてから出発。

 100均に寄って、自転車空気入れを購入。200円商品だが、圧倒的低価格で(若干おもちゃっぽいが)手に入るのはありがたい。

 さて、レジで代金を支払おうと、カバンを覗くと……


 小銭・カード入れが無い。


 歯医者の診察券もこの中に入っている。


 お金は別の財布(札入れ)から支払ったものの、さてどうするか。


 保険証とお金は持っているので、診療できないということはないだろう。
 しかし、しかしだ。


 恥ずかしいじゃないか……いい大人が。


 自宅に帰れば、残っていた用事を済ますことはできない。歯医者の治療がどれぐらいかかるかわからないし。


 考えた結果


 いったん自宅に帰ることに。




 そして歯医者へ……





 以上の出来事は、ほとんど僕の不注意に起因するわけだが、何も一番必要な時に壊れなくたっていいじゃない……。>自転車空気入れ





 若いときは「ドジっ娘(漢・こ)」として周りも大目に見てくれるが


 ある程度の年齢になってからこのようなことを繰り返すと

 役立たずの老害

 などと呼ばれかねないので、気を付けましょう……。



【広告】
    

    闇の荷物

フィクションのちから

2017年08月29日 22:55

 僕はいつも寝る時にスマホやwi-fi機器の電源を全部切ることにしている。
 電源の節約ということももちろんあるが、機械の光が目に入ると気になって眠れないから。わりと神経質。
 
 で今朝、たまたま6時過ぎに起きて、wi-fiとスマホの電源をつけたら

 ピロンピロン

 と突然防災速報アプリの警報音が鳴った。(地震・水害などの警報をすべて同じにしていた)
 
 まだ寝ぼけていたので、画面はすぐに見ず、朝から雨が降っていたこともあり、
(ゲリラ豪雨の警報なのかな)
 と思いつつ、数分ベッドの中で目を閉じていた。



 しばらくしてから画面を見ると
 

    20170829_211344-l.jpg
 


 えええ……。
 
 もう飛んじゃってるし。
 あわててワンセグをつけると、全局がミサイル報道一色。
 
 うわぁ……。
 
 起きて、歯を磨き、重い気分でメシを食う。
 テレビはどのチャンネルでも、このニュース。
 しかし、BSプレミアムだけは通常通りの番組を放送していた。
 直接の被害もなさそうだし、そのままBSで『ひよっこ』を視聴。
 
 地上波放送ではニュースで飛ばされたので、ストーリーについては触れないでおくが、今回の放送の中では

「大丈夫」「頑張ろう」

 という言葉が、かなり多く出てきた。
 もちろんそれは単なる偶然に過ぎないのだが、その言葉はとても心に染みた。

 ちなみに、同じ脚本家の朝ドラ『おひさま』(放送直前に東日本大震災が発生)でも、番組内で関東大震災が発生した際、登場人物のセリフで、

「東京だけでなく日本も大丈夫ですよ。そんなやわな国ではありません、私たちの国は」

 と言ってくれた。
 これはもちろん現実の世界での大震災を意識したセリフだと思われるが、当時録画したビデオを今見てもジーンとくる。



 このように、フィクションが心の支えになること、ってやっぱりあるんだなと改めて実感。
 自分の小説がそれになり得るかはわからないけれども、そうなったらいいなとは思う。誰かの心の救い的な。まぁお金も大事だけど。
 フィクションってそのためのものじゃないかなと思う。※個人の感想です




 ただ、それはそれとして

 しばらくは、スマホの電源を消さずに寝ることにしよう。




【広告】

    

    他言無用! (前篇)

なつのじゆうけんきゅう

2017年08月25日 22:50

 今回、「結婚(押し付け)問題」について、三回に渡ってゲイの方にお訊きしました。(うち二回は一般の方にも)
 その結果をまとめて発表します。


【質問】ゲイの方にお訊きします。あなたがお盆に実家に帰ったら、親族一同に「あなたがいつまでも結婚しない事」を責められました。さらにはあなたに一方的に好意を持つ幼馴染の女性との見合いまで用意。応じたらほぼ結婚になりそう。黙秘・拒否は許されない。どうする?
親兄弟・親戚と絶縁する覚悟で逃げ出す 2票
「彼女がいる」などとその場しのぎの嘘 2票
ゲイをカミングアウトする 2票


 まさかの三つが同率一位。さすがに「(偽装)結婚する」は無し。
 設定がかなり「究極の質問」なので、どれを選んでも一波乱ありそう。逆に「カミングアウトする」が2票あるのには驚きました。
 逆に言うと、ここまでの事態にならないとカミングアウトできないのかな……。

 僕なら、親兄弟・親戚と絶縁は今後のことを考えるとちょっと厳しい。カミングアウトも同様。なので、この中で言えば、「その場しのぎの嘘」をつく、になりますかね。
 で、時間を稼いで今後の善後策を考える、と。



【質問】あなたがこれまで親(あるいはそれに近い関係性の人)から言われた「結婚を促す言葉」で、一番嫌だった・キツかった・反論しづらかったのはどれですか?

ゲイ
「あんたこの先一人でどうするのっ」老後の孤独強調系 6票
テレビなどで結婚の話題が出るとジロリ 無言の圧力系 2票
「どうしてこんな風に育っちゃったのかね」チクチク系 2票
「でどうなの」定期的に結婚話蒸し返し 諦めてない系 1票
「同級生の●●さんとこにはもう孫が」同世代と比較系 1票

一般独身
チクチク系 5票
老後の孤独強調系 3票
諦めてない系 3票
同世代と比較系 3票
無言の圧力系 2票
「お前ぐらいの歳にはとっくに母さんと」親の経験談系 2票
「そろそろ結婚しないとねえ」世間の常識・頭ごなし系 1票
「近所の人に孫自慢された。うちは?」孫の顔見せろ系 1票


 ゲイは「老後の孤独強調系」、一般独身は「チクチク系」が一位でした。

 ゲイということは男性なわけですが、親から見れば、男の独身は女性と比べて、よりネガティブなイメージがあるんでしょうか。
 一般独身は「チクチク系」。どうしようもないことを、身近な人から否定されると嫌なもんですよね。

 僕は「無言の圧力系」。これ結構クるんですよね……心に。



【質問】あなたが親(あるいはそれに近い関係性の人)にしつこく結婚を促された場合、よく使う言い訳・言い返しはどれですか?

ゲイ
「晩婚化進んでるから恥ずかしくない」データで説得系 2票

一般独身
「仕事が今忙しくてそれどころじゃない」仕事が恋人系 4票
データで説得系 3票
「過去に付き合った相手に騙されて」トラウマ作り話系 3票
「自分にもいろいろあってさ」それとなくほのめかし系 2票
「子供作っても保育園が無い・金掛かる」社会が悪い系 2票
「あー、まぁそのうち」のらりくらり・話題を変える系 1票
「しょうがないだろ誰が来てくれるんだよ!」逆キレ系 1票


 ゲイは「データで説得系」、一般独身は「仕事が恋人系」が一位でした。
 この質問はゲイ向けが二票しか回答が無かったので、ゲイ全体の意見を反映しているとは言えませんが、「データで説得系」は現代ならではの対応と言えるかも。

 一般の方の一位は「仕事が恋人系」、ゲイ向けでもこれが一位になると思ってました。もっとも説得力のある(?)言い訳だし。
 二番目がゲイ版一位の「データで説得系」、三番目が意外にも「トラウマ作り話系」。この言い訳の場合は、少なくとも「そういうこと」があったと親に信じてもらえるだけの“実績”? がないと……。(笑)
「失敗例系」だけは、ゲイ・一般、ともに選ばれませんでした。ちょっと意外。



 ――と、三回にわたってアンケートを実施したわけですが、参考になりましたでしょうか。
 投票数が少ないのは仕方がない、


 諦めてくれ。



 また、このアンケートの裏テーマとして、

 うちのツイッターで、ゲイ向けのアンケートにどれだけの票を得られるか

 というのがあったのですが、RTいただいた質問はともかく、そうでない質問は、タグを付けても2票という結果に。


 そーよねー。そりゃそーよねー。(突然やさぐれ)


 すなわち、うちのツイッターでは、ゲイ向けアンケートを行っても、まだそれほどゲイの方にお答えいただけない、ということに。
 よって、

 飛田流はまだまだ知名度が低い


 という事実の判明を、自由研究の結論とさせていただきます。



 アンケートにご協力くださった方々、本当にありがとうございましたー。




【広告】

    
    クロイヌ

家庭内全裸デー

2017年08月03日 21:47

アン・ケイト!

【質問】気温35度を超える、来客の予定の無い日、あなたは自宅でどんな服装をしていますか?
知り合いと会っても問題ない、ちゃんとした服装 3票
Tシャツ・短パンなどやや露出度の高い服装 10票
アンダーウェア(下着)のみorパンツ一丁 6票
まさかの全裸 7票


 というわけで、「Tシャツ・短パンなどやや露出度の高い服装」が一位。
 ですよねー。

 アンケート開始直後は「全裸」に票が集中し、このまま一位になるのでは……と懸念していたのだが、まぁ妥当な結果に。
 猛暑日でも「ちゃんとした服装」している人、いるんですねー。もしかして、クーラー掛けてるのかな? だとしても、偉いですね。




 僕自身が今着ているのは、襟付きのTシャツと、膝上のハーパン。やっぱり暑いし……。ただ、前にも書いたように、そのままの格好で外は歩かない。


 下着姿の人が二番目で、意外に多かったのにはびっくり。急な訪問者が来たらどうするんだろう……?

 と言いつつ、昔、僕もクーラーの無いアパート住まいをしていた頃には、パンイチで過ごしていたことがある。
 暑さで脳もイカレてしまったのだろうか、来客(ほとんどセールス)が来てもそのままの格好で対応していた。




 それよりも多かったのが



 まさかの全裸



 本当?



 本 当 な の ?



 突然来客が来たら、ブラブラさせながら応対するの?(男性だけとは限らないが)


 父さん怒らないから正直に言ってみなさい。



 もし、本当だと言い張るのなら

 こっそりと「その時」の写真を送







 らなくていいからね。



 ブーラブラ。



 投票ありがとうございましたー!





【広告】
    

    一枚上手 勇一・大吾シリーズ

※イケメンに限る

2017年07月29日 21:21

 アンケート終了。

【質問】会社に勤めているあなた。社内の冷房が故障して、30度近い室温に。 暑さにたまりかねた男性上司が、スラックスを太腿までたくし上げて、濃い毛脛を丸出しにしながら仕事をし始めました。この上司はあなたにとって生理的にまったくイケないタイプ。どうする?

不快だが一切触れずに黙々と仕事or陰口 7票
暑いから仕方ない・何とも思わない・むしろセクシー 14票
面と向かって何らかの注意をする 1票
別の上司に(匿名で)密告or別の人に言ってもらう 3票



 というわけで


 一位はまさかの


 暑いから仕方ない・何とも思わない・むしろセクシー


 でしたー。


「お仲間向け」ならわかるけど、今回は一般の方も対象にしているのにもかかわらず

 しかも

 わざわざ
「生理的にまったくイケないタイプ」
 と書いているにもかかわらず

 この結果。




 そうなんだ……。




 ツイッターでも書いてように、この質問の設定は実話に基づいています。
 あまり詳しくは言えないが、僕がよく通っている施設にこのような中年男性の御仁がいる。

 彼は受付係なので、その人にお願いしないと用件が済まない。
 しかし、夏になると、冷房が無いこともあり、スラックスを太腿までまくり上げるのだ……。
 したがってその人の毛脛を毎回見なければならないことになる。


 暑いのであれば、最初からハーパンを穿くか、百歩譲ってスラックスをまくるにしても、きちんと折り畳めばまだいいのだが、無理やりまくり上げてるので絶対にしわになる。
 イケメンだったらまだしも、こちら側でもあちら側でも、そうとは言い難い御面相で、さらに、目がうつろで何を考えているのか分からず(何も考えていないのかもしれない)、一言で言ってとても気味が悪い。


 安岡大吾や神戸琢蔵など
 体毛もじゃもじゃおじさんを生み出している僕が言うのだから、
 彼にどれだけ萌え要素がないのか分かって頂けると思う。


 思い余って、匿名で投書しようかとも思ったが、ここまで大っぴらにやるということは、職場公認なのかもしれないと思い直し、断念。




 確かに今回の結果を見ても、半数以上の人が気にしないと回答している。



 でもさー



 何度見ても



 萌えねぇんだよ……。






 話は変わるが、僕はどんなに暑い日でも、ハーパンを穿いて(つまり毛脛を出して)外に出かけることはない。
 毛脛を見るのは好きだが(※イケメンに限る)、自分では出さない。

 もちろん、僕が「イケメンではない」というのが理由だが、このアンケートでもほぼ半数の人が「不快」と答えているように、そう感じる方への配慮ということもある。

 それを周りに強制するつもりはないし、むしろどんどん見せてください、と個人的には思う。


 でも、それはプライベートの時の話であって、お仕事中は「……どうなの?」という気持ちもある。



 うーん……。



 モヤモヤしたものを抱えたまま、

 また来月も彼の毛脛を見ることになるのかぁ。



 萌えない……。




 投票ありがとうございましたー!




【広告】

    

    弟の夫 : 4 (アクションコミックス)

非実力派宣言

2017年07月25日 20:25

 なんかね
 今日でこのブログを始めて、10年になるそうですわよ。
 おめでとう俺。←定番のセルフおめコメ




 というわけで、当ブログを開始したのは、2007年7月25日
 この年に有料ゲイ向けサイト(※)でデビュー? した僕だが、当時(から現在に至るまで)雑誌掲載などの実績が何一つなく、今よりももっともっと無名だった。

※有料版と無料版があり、無料版では期間限定でゲイ向けマンガ・小説・グラビアなどが、有料版では掲載されているすべての作品が観られた。いずれも現在は閉鎖。

 誰も知らない「飛田流」を少しでも読者に知ってもらうために、軽い気持ちでスタートさせた

 それが

 このブログである。




 開設からはや十年。いろんなことがあった。
・投稿していたゲイ向けサイト閉鎖
・その後、BLゲームのシナリオを書かせていただく
・ゲーム発売後、褒められたり叩かれたりしているうちにメーカー公式サイト閉鎖
・同人に逆戻り。ツイッター・ブログ・ダウンロード販売が主な活動の場に



 そして、現在に至る。



 こうして振り返ってみると、ここら辺の僕の人生は、
 幸運とその「揺り戻し」
 が短い期間で繰り返されていたように思う。



 そもそも、である。



 特別文章が上手いというほどでもない。
 特別エロが突出しているわけでもない。
 特別作風が爽やかというわけでもない。
 特別知名度が高いというわけでもない。(むしろ無名)
 特別筆(キーボード)が速いというわけでもない。(むしろ超遅い)


 このような人間が、なぜ小説書きやシナリオ担当に起用されたのか
 本人にも謎である。



 そもそも、である。(二度目)



 なぜ、僕がゲイサイトに投稿したのか。
 これについては、過去にも書いているが、一言で言えば

 お金が必要だった。

 当時は、目についた官能小説系投稿企画に片っ端から応募していて、このゲイサイトもその中の一つであった。
 もし、このサイトに小説書きとして幸運にも採用されていなかったら、のちにBLゲームのシナリオを担当することもなかっただろうし、人生において本格的に小説を書くことはなかったかもしれない。

 なので、このゲイ向けサイトに起用されたことが、その後の僕の字書きとしての生き方に大きく影響したことは、ほぼ間違いない。


 とは言え


 
 小説販売は、前作の『クロイヌ』以降、一年以上お休みしている。

 どうもすみません。

 ……いや、反応が無いので待ってくださっている人がいるのかどうかすら不明なのだが。



 実のところ、小説はこの間もずっと書き続けているのだが、極端にキーボードが遅くなっている。


 それはね


 小説の基礎ができていないため、拙作にだんだん「あら」が見えてきて、

(これでいいのだろうか……)

 と、メビウスの輪をたどるように延々と悩み続けていたのである。



(読者はそこまでこだわりを求めちゃいないよ、とにかくオカズになるエロ、エロ!)

 という、ささやきも頭の隅のどこからか聞こえてくるが、それにホイホイと屈してしまうのもしゃくに障る。
 ザ・へそ曲がり☆





 そんな思考の迷宮に陥っていた時、以前ツイッターでも書いたが『レッツゴ一ヤングコンサート』なる番組を見た。
 いわゆる「懐かしのアイドル」が総出演する企画。
 全盛期から30年、もしくは40年以上経過した元アイドルたち。当然みなそれなりに年を重ねている。

 アイドルといえば昔も今も、若さ・可愛さ・可憐さが命。はっきり言って歌唱力は二の次三の次である。むしろ、歌の上手いアイドルを探すほうが難しいと言ってもいいだろう。
 浅田ミヨコさんなどに代表されるように、当時の(……今でも?)アイドルは美貌が突出していれば、多少の歌のヘタさや音痴は許されていた。

 このステージの出演者、大土易久美子さんもその一人。

「一億人の妹」という大層なキャッチフレーズでデビューした彼女は、若かりし頃、可愛らしい顔、意外にでかぷりんなバストなど、これぞアイドルと言える美貌を誇っていた。
 ただ歌はあまり上手くはなかった。
 いやはっきり言ってしまえば

 とてつもない音痴だった。

 それは本人ですら認めている
 もしかしたら、ミヨちゃんよりも下手だったかもしれない。

 とは言え、さっきも書いたようにあくまでも彼女は「アイドル」なので、それは大きな欠点になることは無い。
 ミヨちゃんの『アカい風船』のように、歌いやすい曲を可愛らしく歌っていれば、音痴も目立たなかった


 はずだった。


 ところがである。
 久美子さんの場合、レコードを出すに連れて、どういうわけか歌唱力をはるかに超えた難しい曲になっていったため、音痴ぶりがさらに悪目立ちしてしまう結果に。




 で、先日放送の『しッツヤンコンサート』。

 ドピンクでフリフリのアイドルドレスを着た、五十代半ばの久美子さんが満面の笑顔で舞台に登場。
 曲は『スプリソグ・サンバ』。


 サ ン バ で あ る 。


 ホイッスルを吹いて出てくる時点ですでに息切れ。
 曲のキーは下げまくっているものの、不安定な音程にさらに磨きが掛かっている。
 それをカバーするかのように、「アーイェ! オーイェ!」の掛け声は大ハリキリ。
 露出した二の腕にぽっちゃりと付いたお肉が、サンバ(風)の激しい振り付けのたびにプルプルと揺れる。
 さらには歌唱力の欠如を隠そうとして(?)、ビブラートっぽい何かを挟み込むものの、基礎ができていないため、かえってそれがより悲惨な状況を招いている。


「観てはいけないもの」一歩手前な
 歌声&パフォーマンスに、
 驚きのあまり、10回以上繰り返して観てしまった。



 もちろん、彼女のように歌唱力が「非実力派」の元アイドルは他にも出演している。
 たとえば、同じステージに出演したナソノ。
 彼女の場合は、歌いやすい曲だからこれといったあらも目立たないし、ご存知のように美貌も歌唱力も「そのまま」である。
 ただ、感想は、

「ナソノも相変わらず美人だなー」

 で終わり。



 全出演者の中で、一番印象に(良くも悪くも)残ってるのは、
 歌とか見栄えとかは別にして、
 ある意味吹っ切れた感のある
 久美子さんだった。

 それを見た時、かすかに光明が見えた。

 僕は、自分の文章力・構成力の無さに囚われすぎていて、小説を書くことを「楽しんで」いなかったのではないか――と。




 どこの世界でも「実力派」と呼ばれる人はいる。
 同人小説界でもそう。
 上手い人は最初から上手いし、努力している人は努力している。
 ただ、小説って、上手い人「だけ」が書く資格があるのだろうか。



 この、文学性のかけらもない文章をご覧になって、すでにお気づきだろうが、
 僕は、けっして「実力派」の字書きではない。
 まして、売れているポジションにいるわけでも、逆にニッチなフェチズムに特化した話を書いているわけでもない。
 さらには、ゲイ向け創作(ポルノ)によく見られる、主要キャラクターに「ゲイしかいない奇妙な世界」を描いているわけでもない。
 どちらかと言えば、「勇一・大吾シリーズ」の田上勇一のように、「普通」の世界に生きるゲイが主役の物語が多い。
「普通」の世界、とは、間近にLGBTへの理解者がいるわけでもなく、カミングアウトが難しい、今、僕たちが暮らしているこの世界のことである。

 本来このような小説は、もっと実力のある方が取り組むべきなのだろうが……。


 でも、そういった話が(少)ない以上、不肖飛田流が書くしかない


 のかもしれない。


 実力も無いのに、難しいテーマで書きたがる、そんな身の程知らずな字書きが、一人ぐらいいてもいいのではないだろうか。






 アーイェ! オーイェ!(※決めポーズ付き)







 というわけで、
 ブログ開始から10年目にして、

 私、飛田流は、勝手ながら

「非実力派宣言」をさせていただきます。



 こんな私ですが、よろしければこれからもよろしくお願いします。



 アーイェ! オーイェ!







 ああそうそう

 次回作は、『他言無用!』(前篇)の続きになる予定。

 こちらも、よろしければよろしくお願いします。



【追記】
 ちなみにこの記事のタイトルの元ネタは

   

   非実力派宣言

 過去に、似たようなタイトルの記事も書いているので、お暇な方はそちらもご参照いただければ。

 →「非主流派宣言」


 そして、本日より、これまで限定公開だった『むンむンぬれぬれ ~ハダカで潜入取材♡ の巻~』の続きを誰でも見られるように、完全公開します。
 まだご覧になっていない方がいらしたら、どうぞどなたでもご覧ください。




【広告】

    

    CD付き たそがれたかこ(10) 特装版 (講談社キャラクターズA)

三コマ人生

2017年07月18日 21:09

 今さら感もあるが、毎日少しずつ「プチ断捨離」をしている。

 とは言え、確実に要らない、と断言できるものは少なく


(あ、これいつか使うかも……)
(これはちょっと捨てきれない……)



 優柔不断な性格が災いして、モノ(家族によると“ガラクタ”)は溜まる一方。




 というわけで、まずは紙(書類・写真・雑誌)系のブツから、スキャンして断捨離っている。


 そんな中


 昔書いたノートが出てきた。



 唐突ですが、三コマ漫画です。(絵じゃないけど)
 ご覧ください。


    3koma1.jpg

    3koma2.jpg

    3koma3.jpg


 以上。


 なにこれ……。
「四コマ」にもなっていないし……。




 いつ書いたんだかねー、これ。

 記憶に無いぐらい昔、だと思う。




 このように、最初の数ページだけ、意気込んで記入しているノートが他にもいくつかうちには転がっている。
 見ての通りの、


・字だけでもうまく見せかけようとして、内容の理解に至っていない
・シナリオ教則本の丸写し
・実感・体験が伴わない(習作の経験が少ない)、頭でっかちの理論主義



 い、痛々しい……。


 きっと、「俺には特別な才能がある」と粋がっていた頃だろう。
 実際は、いつだって人生「三コマ」までしか進めないくせに。


 それから●十年。


 現在はこのようになっております。



 せめて四コマ目には進みたい。






 ちなみに
 スキャン後このノートは速攻で捨てました。




 しかし



 あの時抱いていた
 根拠なき野心は



 まだ捨てきれない……。



【広告】

2017/6のツイートまとめ

2017年07月15日 15:45

2017年06月01日(木)6
6月1日

#だからひとりが好き  のツイートを見ると、「学校が嫌いだった」という意見が目につく。僕もそう。
・「どうかしている」としか思えない教師
・「みんな仲良く」の建前の裏で陰湿いじめ
・学級内序列
・わけのわからない校則
……に強制的に組み込まれる謎システム。
格付け人生の始まり。
17:25:01
6月1日

「フォロー0」も変わり者扱いされかねないけど(もうされてる?)、楽は楽。
付き合い多い(=多数フォロー)と、色々と「付き合い」が大変でしょ…?
これ以上つぶやくと●●●が●●●になりそうなので止めましょうね。
昔はガンガン書いてて裏炎上。(自分の知らない所で)
あ、おそよう。
17:32:45
6月1日

【広告】「下腹がペッタンコに!」(※個人の感想です)
「木に釘が打てる程ビンビンに!」(※個人の感想です)
「90%以上の読者が効果を実感!」(※個人の略
飛田流作品集
デジケhttp://bit.ly/ZiPfgF
キンドルhttp://amzn.to/1D1X8VS
22:53:48
6月1日

ブログ更新しました。『意外に律儀??』 http://hidaryu.blog107.fc2.com/blog-entry-2019.html…(18禁)
22:56:04
6月1日

えー……くりびつ。>RT
まさかほぼ全話再放送なの? だとしたら、放送終了まで何年かかるの……?
おじさんなので、当然本放送をリアルタイムで観ていたわけだが、当時はかなりの人気だった。日本中の子供たちが観ていたと言っても過言ではない
と思う。
23:16:19
6月1日

なぜ、自分を含めた子供たちが人形劇に夢中になったのか、そして、大人の番組(ニュース)を押しのけてなぜ観られていたのかは不明。
ちなみに、脚本の石山先生は、ドラマ『時かけ』(タイム・トラベラー)も担当しており、現在でもファン。残念ながら故人。
ありがとうございます、石山先生。
23:17:19
[2017/6のツイートまとめ]の続きを読む


最近の記事