スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさんは悪くない

2018年05月07日 23:32

空港投稿おじさんアンケート結果!

【質問】二人の人が同じ写真と文章をSNSに投稿したとします。
写真……チケットとシャンパンと空港のラウンジ
文章……さて、私はどこに行くでしょう?
一人は旅行に行く20代女性、もう一人は出張に行く40代男性。 あなたならどう感じる?

両方とも違和感無し、全く気にならない 15票
20代女性にイラッ、40代男性はOK 4票
40代男性にイラッ、20代女性はOK 0票
両方ともイラッ 9票


というわけで、「全く気にならない」が一位ではあるものの、第二位が「両方ともイラッ」。さらに「20代女性にイラッ」が三位。
記事で叩かれていた「40代男性にイラッ」はまさかの0票。
どういうことなの……。

僕自身もおじさんなので、おじさんの気持ちは多少わかります。
もし、おじさんが

写真……チケットとシャンパンと空港のラウンジ
文章……さて、私はどこに行くでしょう?

の投稿をしていたら、「あー、非日常を楽しんでるのねー」としか思わない。男って単純だし。
もし構ってほしいのであれば、「いいね」があるまで「答え、わかりましたかー?」のように何度も投稿を続けると思う。

むしろ、「20代女性にイラッ」が4票もあったことに驚き。
それこそ記事中での「自己顕示欲」が透けて見えるように思われたのだろうか。

「両方イラッとする」人も多かったけれども、若い女性・おじさん関係なく「リア充」アピールを嫌う層は一定数いるらしい。、
かつ、空港で写真を撮ってSNSにアップするのは、おじさんだけに限らない。



というわけで、

「おじさんは悪くない むしろかわいい

を結論とさせていただきます。


投票ありがとうございましたー!




【広告】

男・女・「その他」??

2018年04月12日 23:00

 ツイッターでも書いたように、最近アンケートなどの性別欄で、男、女ともう一つ、「その他」を選べることが増えてきた。

 僕は単純なので、ホイホイと「その他」を選ぶことが多い。
「わかってるじゃーん」という感じ。


 当然、読者の多くのみなさんもそうなのだろう、と思い、先日、アンケートを実施。

【質問】ゲイの方にお訊きします。最近アンケートなどの性別記入欄で、「男」「女」の他に「その他」も選べることが増えましたが、あなたならどれを選びますか? あるいは普段どれを選んでますか?
なお、いずれを選んでも、罰則・優遇いずれも無いものとします。


どの場合でも「男」のみ 4票
本名などを書かなければ「その他」 0票
本名を書く場合でも「その他」  0票
特に決まっていない・回答する内容による 0票



 ええ……と思って、再度質問。


【追加質問】先日ゲイの方に、アンケートに回答する際、性別欄は「男・女・その他」のどれを選びますか、とお訊きしたところ、全員の方が「男」と回答しました。
本名を書く必要が無くても、なぜ「その他」ではなく「男」を選ぶのか、その理由をお聞かせください。


なんとなく・昔からの習慣・「その他」に馴染みが無い 0票
ゲイバレ防止のため(ゲイ差別がなくなったら選ぶかも 1票
「その他」がざっくりし過ぎ(「ゲイ」なら選ぶ) 2票
プライバシーに踏み込まれているようで抵抗がある 1票



「その他」がざっくりし過ぎ、が1位ではあるけど、意見が分かれた。
 なるほど……。

「ゲイ」があれば選ぶ人と、逆にゲイバレが嫌な人、そして、いちいち性的指向を書くのに抵抗を感じる人――どれも気持ちはわかります。

 僕個人は、たとえば「その他」ではなく、ゲイ・バイ・レズビアン……とあんまり細分化されると、抵抗を感じるタイプ。
「その他」ぐらいのアイマイさがちょうど良い。


 ……あ


 僕、職業欄でもよく「その他」を選ぶので、そんなに抵抗がなかったんだった……。



 投票ありがとうございましたー!




【広告】

    


    他言無用!(中篇)



小説『他言無用!』中篇 体験版

2018年03月04日 21:09

 小説『他言無用!』中篇の冒頭部分を、販売に先駆けて先行公開させていただきます。
 登場人物の解説・これまでのあらすじはこちらのページをご覧ください。
 前篇の冒頭部はこちら





 小説『他言無用!』中篇 体験版




   4

 ――十二月二日、午後九時三十八分。
 勇一が北平駅の改札を出てすぐに、真っ向から身を切るような鋭い風が襲い掛かってきた。

「……さむ、っ」
 マスクをしていても、鼻がちぎれそうなほどの痛みを感じる。
 ビジネスバッグを右手に提げ、早足で駅前アーケードを抜けた勇一の足音が、街灯にぼんやりと照らし出された夜道に寒々しく響き渡った。
 ――『あのさ……今日はいつもと違うとこで飲まね? “例の件”も田上に相談してえし』
 ――『……あ、うん』
 そのあとの出来事を思い出すだけで、奥歯がまたカタカタと震えてくる。

(落ち着こう……とにかく落ち着かなきゃ)
 いま自分にできることは一刻も早くアパートに帰り、今後のことを考える、それしかない。
 知らず知らずのうちに、何者かに背中を押されているかのように足の運びが速くなる。アスファルトを踏みしめる靴に、さらに力を込めようとした時、

「……え」
 右手の上方で、住宅の屋根を照らし出すように、禍々しくまたたく赤い光が目に入った。勇一のアパートがある方向だ。
 予想もしていなかった光景に、足がいったん止まる。呆然として数秒立ちすくんだあと、

「……!!
 すかさず弾かれたように勇一は駆け出し、角を曲がった。
 アパート前の道路には近所の住人らしき人だかりができて、赤色灯を点滅させたパトカーが停まっている。野次馬たちの向こうで、誰かと話している警官の姿がわずかに見えた。ざわめきの中で途切れがちに聞こえてくる相手の声は男で、かつ太い。

(……まさか)
 心臓を素手で鷲掴みされたような衝撃が走り、考える間もなく、勇一は見物人の後ろから割り込んでいた。

「すみません、ちょっと通してくださいっ」
 人垣の手前で、勇一の行く手を阻むように爪先立ちしている、ピンク色のダウンジャケットを羽織った小柄な老女に声を掛けた。

「なによぉ」
 栗色の髪の頭頂部に白いものが覗く彼女は、顔をしかめて振り返った。

「あらっ」
 勇一と気付いた途端に、目の前の丸顔から渋みが抜ける。このアパート「コーポ北平」前の一軒家に住む大家、卜部うらべみい・・だった。

「……!」
 勇一はマスクを外してコートのポケットに入れ、大きく眉をつり上げて口を開き掛けた彼女に、すかさず『申し訳ありません』と唇の動きだけで謝る。そのまま卜部の表情は見ないよう顔を伏せ、人を掻き分けて前に進んだ。
 人垣からようやく抜け出そうとした時、右足の爪先が誰かの体と引っかかり、

「っ……と」
 バランスを崩しかけた勇一の目に、警官と対峙している男の足元が飛び込んだ。

(……あっ)
 長い間穿き続けて、ところどころが擦り切れているジーンズの裾。
 かかとを半分踏みつぶしたスニーカー。

「だから! あんたもわかんねえ人だな!」
 悪役俳優のようにだみのかかった、低く太い怒鳴り声。
 血が凍る思いとともに、ためらいながらも勇一は顔を上げた。
 そこにいたのは。
 前のめりで拳を固め、警官に啖呵たんかを切っている、巨躯の男――安岡大吾だった。
 

 ――そのひと月前、十一月七日、午後十二時十四分。
 昼休みに突然、勇一は上司の谷越に、老舗料亭「小だま」へ連れてこられた。

「ごゆっくりおくつろぎくださいませ」
 牡丹ぼたんの蒔絵が施された漆塗りの座卓に、松花堂弁当と、湯呑み茶碗がすでにあった。土瓶で茶を注いだ着物姿の仲居は、三つ指をつき六畳ほどの和室を出た。灯篭型の間接照明に薄暗く照らし出された店内通路の奥にある、小茶室風の個室である。
 ともすれば、ここが都会のビルの二階であることを忘れてしまいそうなほどの入念な「高級感」の演出に完全に呑まれた勇一は、向かい合って座る谷越に、多少引きつり気味の微笑を浮かべるしかなかった。

「――まずは」
 香ばしい茶のかおりが漂う室内で、谷越はまばたきを多くして、何か言いたげな様子を口元に漂わせたが、わずかに目を伏せると、

「料理をいただこうか」
 と、紙の帯が巻き付いている、手前の箸を持ち上げた。

「……はぃぃ」
 乾ききった勇一の喉からは思いがけず、どこか気の抜けたため息のような声が漏れる。上司の目の前での失態に、顔が一気に熱くなった。
 谷越に続いて勇一も箸を手に取ったものの、紙帯の処理に迷いが生じ、そっと谷越の手元を盗み見た。谷越は箸の側面を持ち、慣れた手つきで帯を外している。勇一も何食わぬ顔で箸帯を滑らせた。
 次に勇一の目は、馥郁ふくいくとした香りと湯気を立ち上らせている手前の茶へと吸い寄せられた。琥珀こはく色の液体を一気に飲み下すのを想像して、思わずごくり、と喉が鳴る。しかし、谷越は湯呑み茶碗に手を付けていない。

(……我慢しよう)
 勇一は箸を持ち直し、まずは最も無難と思われる、漬け物から口に入れた。ぽりぽりと咀嚼そしゃくする音をなるべく抑えつつ、味を感じる前にそれを飲み込む。谷越もいまだ話を切り出すことなく、黙々とお造りを口に運んでいた。
 二人とも無言で食べ始め、数分が経った。

(もう、いいかな……)
 食事を続けている谷越の気配を窺いつつ、勇一がそっと茶に手を伸ばし、数センチほど持ち上げたその時、

「田上君は、営業に戻る気はあるかい」

「……は?」
 呼吸が一瞬止まる。

「――え、営業? ですか」
 思わずなりかけた友達口調を、すかさず軌道修正した。
 勇一が今年の三月まで、入社以来六年間在籍していた営業部では、成績が下位の者を罵倒に近い言葉で上司が追い込む「詰め」が日常的に横行していた。そんな殺伐としたかつての職場と、常に平穏なFDファイナンス・ディーリング部とでは、どちらが居心地が良いかは比べるまでもない。しかし、上司との摩擦を除けば、営業の仕事はそれなりにやりがいもあり、二度と戻りたくないということでもなかった。
 ただ、いずれにしても、即答できる話ではない。

「今すぐにはちょっと……申し訳ありません」
 谷越は「そうか」とひとつうなずいて口を引き結び、考え込む表情を見せてから、

「私としては――」
 そのあとにこう、続けた。

「君を失いたくない」

「……えっ」

 続きは本編でご覧いただけます。




 無料体験版はここまでです。この続きは製品版でお楽しみください。

 *******

 小説『他言無用!』中篇・体験版をお読みいただきありがとうございました。
 この続きにご興味のある方は、ダウンロード販売予定の本編をご購入いただければ幸いです。

 詳細はまた後日お知らせさせていただきます。


 乞うご期待!


 してください、ね。
 できれば。



【広告】
飛田流次回作
勇一・大吾シリーズ第四弾(その二) 『他言無用!』中篇
予告動画

    

シリーズ解説ページ 

リア充はどこへ??

2018年02月28日 22:43

二月も今日で終わり。

伸ばし伸ばしにしてきた例のアンケートのコメント。

やっつけてやる!!!


【質問】今日(2.14)、誰からも何ももらわなかった、独身の方にお訊きします。(家族からの贈り物は除く)
率直な今の気持ちは?


特に何とも思わない・欲しいものは自分で買う 1票
リア充爆発しろ(直球) 0票
もう諦めている・来世に期待 0票
今日はふんどしの日でしょ?(真顔) 1票



ちょ……。


そもそも

この時期チョコチョコって騒ぐけど、実のところみんなそんなにもらってるわけないよねー

という前提
あるいは思い込みで、質問したものの


まさかの二票

タグを付けてこの結果は、これまでで最低得票……。




こっ


このままじゃ終われねぇっ!!!

で、追加質問。

そんなに言うんなら(言ってない)、みんなチョコもらってんだよねっ!!!


【追加質問】2.14に「家族以外の誰からも何ももらわなかった人」に感想をお聞きしたところ、投票は2票のみに留まりました。
タグ付きで投票がここまで少なかったのは初めて……。


それではこの日(2.14)のあなたは、以下のどの立場に当てはまりますか。

義理チョコをもらった 2票
本命チョコをもらった 0票
私はあげる側 3票
やっぱり何ももらわなかった 2票





うーん、本命チョコをもらった人は(このアンケートでは)ゼロ。


この結果をどう受け止めればいいのか……。




結論


リア充はツイッターをしない(インスタしかやらない)






では、ごきげんよう。




投票ありがとうございましたー!




【広告】

マジ卍!?

2018年02月13日 22:48

 1億円(偽札)もらったらどうする? アンケート結果! 

【質問】やたらと羽振りのいいあなたの友人。実は完璧な偽札を作る技術を習得していて、あなたに仲間にならないかと言ってきました。信じないあなたの前に、1億円の札束をその友人は出します。
「とりあえずこれあげるから、信じたら仲間になれ」
どうする?

【設定】
・まったく本物と同じで見分けがつかない。銀行のATMにも入金できる
・印刷している場所は、町の印刷所 ・友人はヤバい筋の人ではなく、一般人。ただし、警察に通報すると当然恨まれるかもしれない
・秘密は絶対に守る、と友人は言っている
・1億円はもらったので仲間にならなくても返却不要

受け取らず黙っている 5票
受け取らず警察に通報する 8票
1億円は受け取り全部(か一部)使う。仲間にならない 5票
1億円受け取って仲間になる 3票


 一位は当然
 受け取らず警察に通報する
 だが、二位が
 受け取らず黙っている
 1億円は受け取り全部(か一部)使う。仲間にならない

 の二つ!

 マジ!?



 普通に考えれば、という考えなくても、この選択肢で選ぶのは、
 受け取らず警察に通報する
 だけ。
 あとの三つは罪に問われる可能性がある。百歩譲っても
 受け取らず黙っている
 でしょう。


 にもかかわらず……
 みんな意外とワルね。

 一億円~∞という金額に、惹かれてしまったのか……?


 僕?
 そうね……。


 友達がいないので。

 あっ、終わっちゃった。



 まぁ、いるとして、
 なぜ僕を引き込もうとしているのかが気になる。自分たちで儲けてればいいのに。(良くないけど)

 ただねー、一億円目の前に出されたらねー……。
 大いに迷うとは思う。

 ちょっとしたら、一生それで暮らせそうだし。

 でも、大前提が犯罪なので、やっぱ受け取れないかなぁ……。
 受け取ったとしても、使えない。小心者(ビビリ)だし。



 通報は……

 うーん……


 もちろんするべきなんだろうけど、相手との関係性にもよる。
 できれば、説得して、自首する方向に持っていきたい。

 なので、


 受け取らず黙っている
 受け取らず警察に通報する


 の間で揺れ動くかも。



 でも



 一億円~∞だしなぁ……。



 投票ありがとうございましたー!



 ※お金の偽造・偽造通貨の使用は犯罪です!!




【広告】
飛田流次回作
勇一・大吾シリーズ第四弾(その二) 『他言無用!』中篇
予告動画

    

シリーズ解説ページ 

エゴと愛

2018年01月23日 23:04

 アンケート結果!

【質問】ゲイの方にお訊きします。 独身のまま亡くなった人の遺族が、架空の花嫁(or花婿)との「結婚式」を描いた絵馬をお寺に奉納する風習が実在。 もし、家族が、あなたが万一の時に「それ」をしたい(架空の女性との結婚式の絵馬奉納)と言い出したら……?(本気っぽい感じ)
家族の気が済むのなら絵だし別に構わない 5票
できれば(or絶対)やめてほしい 5票
(好きな女性芸能人等)が花嫁なら良い」逆に注文 0票
我慢できずカミングアウト 0票


 まさかの「構わない」「やめてほしい」が同率一位にびっくり。
「やめてほしい」が絶対一位になると思ってたのに。

 だって自分が死んだ後に、
 見ず知らずの(しかも架空の)女性と
 結婚式を挙げた姿を
 いつまでも晒されるんだよー。

 意外にみんな大人なのか、あるいは家族に申し訳ないという気持ちがあるのかも。



 個人的には
「このシステムってどうなの」
 って気持ちもある。

 だって家族に「こういう人と結婚したい」って言ったわけでもないだろうし、お相手の顔は完全に家族か絵師の好みということになるわけだし。

 ちなみに選択肢の中に
「相手を好みの男性の顔に書いてもらう」
 を入れようかとも考えたがこれだと

即カミングアウト

 になってしまうのでやめた。


 これがいわゆる家族の愛、ということはわかるんだけど……
 そこまでして「結婚」をさせるところに、
 ちょっとモヤモヤを感じる……。



 投票いただきありがとうございましたー。




【広告】
    

    ヤリてぇぇっっっ!!!

8→9

2018年01月14日 21:43

新年
あけまして
おめでとうございます。

あ、遅いですね。




どうも、自称飛田流です。




読者的にあまり興味の無いことでしょうが、今日でどうやら、うちのツイッターが開始から満八年を迎えたようです。


「おめでとうございます!」


あ、わざわざありがとうございます。
自作自演。


毎度言ってますが、開始当初はいつまで続くかわからなかったので、フォロー0。
誰にも見つかることは無いと思っていたのと、自由につぶやきたかったこともあり。


ところが
年を追うにつれて、少しずつフォローいただくことになり、現在は68名様のフォローが。
去年も、新しく何名かの方にフォロワーになっていただきました。
あらためてお礼申し上げます。


特に面白いつぶやきをするわけでも
脱ぐわけでも
エロいツイートをするわけでもないのに

どうして?




答えは無い。




いちおう小説らしきものも書いてるので、そちらの進捗報告も。


あのですね


全部書き上げた

直後に








シーンを一つ追加することにしましてね
いま書いてる。急いで。





これが「出す出す詐欺」か……。




本当に本当にすみません。(土下座)




もうね
売れないことはわかってるの。(突然の愚痴)


エロシーンが多いわけでもないし、先日のアンケートでも
いわゆる純愛物の需要は無かった。


だけど
誰かが書かなければ……っ。


BLではなく
登場人物のほとんどがゲイとかアライとかではない、リアル寄りの小説を!!


誰かが書いていればいいんだけど、僕が知る限り、

ゲイ向け・リアル寄りの純愛小説って

そんなにないので……。
マンガではわりとありますけども。



『他言無用!』の前編を出したのが、2015年の7月。
もう、2年半前……。


こんなに間が空いてしまったのは、ひとえに作者の怠惰さと、シリーズの回を重ねるごとにどんどん下がっていく売上のプレッシャーから。


今回も出したところできっと売れないでしょう。
そもそも、前の話を覚えている人もほとんどいないはず。

それでも
とにかく出します。


今すぐではない。


ただただ申し訳ございません。



では、執筆に戻りますのでこの辺で。






あ、ついでに
今年の抱負。



「なんとなく書かない(小説を)



これまで小説を、フィーリングというが、正直「なんとなく」、わかった気になって書いていた部分もあるのですが、それはもうやめようと。


言い換えれば「気を抜かない」ということ。
別に、これまで気を抜いて書いていたわけではないのですが、「なんとなく」感が強かったので、意識してそれを排除したい。



たとえ読者が「そこ」を求めていなくとも。





よろしければ、今年もどうぞよろしくお願いします。




【広告】

めりくり’17 ~飛田流危うくイキそうになるの巻~

2017年12月24日 22:51

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

飛田流旅日記2017.11

2017年12月24日 22:48

 先月、11月に出かけた時の旅行日記です。
 いつも通り、この記事に拍手をいただくと、拍手コメ欄に今回のパスワードが表示されるので(毎回パスワードは異なります)、それで次の限定記事をご覧ください。


 それでは、旅行日記をご覧になりたい方、下の拍手ボタンをポチッとよろしくお願いいたします。

2017/11のツイートまとめ

2017年12月22日 10:59

2017年11月01日(水)13

11月1日
>RT
どうやら懸念が現実になりそう。
https://twitter.com/hidaryu/status/831479008084717569…
https://twitter.com/hidaryu/status/831479562580078594…
番組自体がすぐに終わることはないと思うが、オープニングはさすがに変わるのかね?(サザ工の、ロゴをひょいっと手で指し示すポーズ)
いつもそうだが、終わりは突然。
あ、飛田流でございまーす。♪テケテッ
09:44:59

11月1日
>RT
マージーでー???
ネットではすっかり
・サザ工、美容整形する
・波乎、植毛する
・マス才、「一つ上の男」になる(※これは他院)
と大喜利状態だが、一社提供じゃないとここまでできないから!!
とは言え、CMとかだと……あるのかなぁ?
あ、規制が厳しいから駄目だよね??
駄目……だよね……。
16:29:43

11月1日
「また昭和が消える」と大騒ぎだが、知らないうちに、『サザ工さん』はとっくに平成に移り変わっているんだゾ!
毎週観てる僕が言うんだから間違いない??
【『サザ工さん』に出てきた最先端グッズの一例(SP含む)】
・パソコン
・ファックス
・ケータイ
・スカイツリー
・インターネット
……etc.
16:39:07

11月1日
サザ工話は止まらないよ……。
http://twilog.org/hidaryu/search?word=%E3%82%B5%E3%82%B6%E5%B7%A5%E8%A9%B1&ao=a&order=allasc…
16:41:50

11月1日
今日は歯医者へ。定期健診。一年で一番歯がツルツル。
予約までが本当に大儀で、電話をする決心が付くまで一週間かかってしまった。昔は一年に一回行くか行かないか、今は半年に一回。奥歯を抜歯したうえでブリッジにしたことが大ショックで心を入れ替え、毎食後歯を磨き定期健診へ。半年後また悩む。
20:14:54

11月1日
>RT
滋五郎(柔の爺ちゃん)が、もんじゃ焼きをさばいている絵しか思い浮かばないんぢゃ!
20:22:06

11月1日
いつか怒られそうな気が
若干している。
20:26:22

11月1日
【広告】『ヤリてぇぇっっっ!!!』
デジケhttp://bit.ly/1YxuCtA
キンドルhttp://amzn.to/1NDocRp
BOOTH https://hidaryu.booth.pm/items/179894
※「ワン」
「ヅー」
「スルィー」
「フォー」
「ファイブァ」
「シェッグス」
智とアッキー(主人公とヒロイン??)、本当ならこんな話し方になるかも。東北が舞台。
21:43:44

11月1日
【『卜ッ卜ちゃん!』一口メモ】「北戸村は実在しない」
ドラマでこの地名が出てきたとき、「わぁい、『北戸村』っでどごだべ、聴いたごどねぇな」っで思っだんだげどもや。
……あ、思ったのだが。
「●戸村」というのはよくあるのだが。これは「北戸村」の人たちが良い人ばかりではないことも影響?
21:48:59

11月1日
拙作は100%電子書籍で販売している。購入者の方がクレジットカードをもっていらっしゃれば、一番手軽だと思うが、事情によってそうでない方もおられるだろう。
で、銀行振り込みとかコンビニ払いとかでお手間をおかけしてしまうと本当に申し訳ないと思う。ごめんなさいね……。
そして、ありがとう。
22:00:12

11月1日
前つぶやきの「ごめんなさいね……」のあと
私見ちゃったの あなたの黒い電話帳
とボケようかとも思ったが、
ボケとして成立しなさそうなので
却下。
22:07:24

11月1日
RT&いいねありがとうございます。
私見ちゃったの あなたの(略)
とボケなくてよかった。
22:09:51

11月1日
いいねありがとうございます。
工ロくも面白くもないのに、 いいねをいただくとなんだか不思議な気分。
一般人も歯が命。
これはボケとして成立しているだろうか……?
22:47:37

[2017/11のツイートまとめ]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。